2019年03月28日更新

2017年お茶の水女子大学生活科学部合格者の模試の偏差値・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-54-14.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
お茶の水女子大学生活科学部
合格大学
日本女子大学家政学部
津田塾大学学芸学部
出身高校
埼玉県立浦和第一女子高校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 81点 / 数II・B 63点 / 国語 123点 / 世界史 89点 / 地理 66点 / 生物基礎 45点 / 化学基礎 43点

模試直前の勉強方法と模試の復習方法に関してどのように行っていてどんな効果があったか、また今振り返って模試の直前と直後どのような勉強をすれば良いと思いますか?

模試の直前に特別なことはしませんでした。いつも通りの自分で、どの程度力を出し切れるかを、模試ではかるようにしました。

復習は、春頃はじっくりやっていましたが、あまりに時間がかかることに気づき、その後「軽く2回」が習慣化しました。1回目は、模試当日か翌日に、答え合わせも兼ねて解説を読む。参考書も参照する。2回目は、返ってきた採点済答案を見ながら、再び解説を読む。1回目と同様に、参考書も参照する。

秋頃はとにかく模試が多かったので、復習はつまみ食い程度でしたが、いろいろな模試の復習を繰り返していくと、自分がいつも間違えるポイントがわかってきます。

模試の結果・偏差値で1番落ち込んだときのことを、その時の各教科の偏差値、落ち込んだ理由も含めて教えてください。

現役時代、5月に実施した全統記述模試で一番落ち込みました。

大学の判定は、東京外国語大学言語文化学部朝鮮語学科はE判定、慶應義塾大学文学部もE判定、というように、志望校は手に届かないレベルでした。

世界史の偏差値は44.6と、なかなか得点できず苦労しました。今思えば、まだまだ勉強は未完成なので、5月に良い成績を取れるはずがないのですが。

受験生のはじめに思うように点数を取れず、モチベーションが上がらず1年が過ぎ…という感じだったのですが、今となっては、受験生になりたての頃の模試の結果は全く気にする必要はないと思っています。一喜一憂するよりも、すぐに勉強の計画を立て始めた方が有効です。

Sponsored Links

受験生は模試の結果・偏差値に一喜一憂してしまいますが、あなた自身特に高校3年生の時どうでしたか?また今思えば模試の結果がよかった時、悪かった時それぞれの感情にどう対処してどう生かすべきだと思いますか?

模試の結果がよかったときは、自信がついたので、それまでの勉強法を続けました。

模試の結果が悪かったときは、判定や偏差値を気にせず、問題ごとの自分の弱点を洗い出すようにしました。また、それまでの勉強で無駄だったことを省いたり、有効だったことを継続したりして、勉強の仕方を修正しました。精神面では、「間違えたのが本番じゃなくてよかった」と考えるようにすると、あまり落ち込まずに済みます。

結果が良かろうが悪かろうが、全体の判定は参考程度にし、問題に向き合うことが大事だと思います。判定だけをみて嬉しいとか悲しいとか言っているだけでは、模試を受ける意味がありません。なぜ自分は模試を受けたのか、よく考えるべきです。

模試には主にマーク模試と記述模試の2種類がありますが、センターマーク模試と記述模試で偏差値に差はありましたか?

記述模試は、マーク模試よりも、じっくり勉強した成果を採点者に伝えやすい気がします。速さよりも丁寧さを重視していた私には、記述模試の成績の方が高く出ました。

時期的な問題もあります。マーク式は理科基礎や世界史など、センター試験直前にやっと完成するような科目も含まれるので、点数が取れるようになるまで時間がかかります。コツコツ勉強すれば、センター試験直前にはマーク形もかなり高得点を取れるようになっていると思います。

最後にあなたと同じ入学大学、合格大学を目指す受験生に向けて模試に関する総合的なアドバイスをお願いします!

模試は月に1回程度で十分です。受けすぎると復習が追いつかず疲れます。記述模試とマーク模試を交互に受けると、どちらの感覚も失わないので良いと思います。

点数は、満遍なく取っていくのが望ましいですが、自分の得意分野をとことん突き詰め、苦手分野は足を引っ張らない程度にしておく、ぐらいで大丈夫だと思います。

模試の問題は良いものも悪いものもあるようです。細かな問題につっかかったり、結果を気にしすぎたりする必要はありません。入試本番と似た試験の雰囲気、環境を味わうためのリハーサルと思って、模試を利用するのがオススメです。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ