2019年03月28日更新

【センター物理】2017年お茶の水女子大学生活科学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-16.jpg
年度
2017年(現役)
入学
お茶の水女子大学生活科学部
合格大学
日本女子大学家政学部
芝浦工業大学建築学部
出身高校
静岡県県立藤枝東高校
センター試験
英語 166点 / 数I・A 81点 / 数II・B 83点 / 国語 171点 / 化学 68点 / 物理 81点 / 地理 63点

センター物理の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター試験の中で最も苦手な教科で、2次試験で使う予定もなかったので目標は70点取れればいいかな…くらいでした。

センター物理は出る問題の分野や順番(例えば第一問は小問集合、第二問は電気…など)がある程度決まっているのでセンターに出る問題に似たような問題をたくさん解き、慣れることが最も重要だと感じました。

センター物理の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

上にも書いたようにとても苦手な教科だったので各大問の1番や2番などの基礎的な問題は間違えないことを心がけていて、『チェック&演習 センター物理』を使い基礎問題の演習を公式の確認からしてその後駿台のの『2016大学入試センター試験実践問題集』も1冊は解きましたね。

時間は55分を目標にして5分間を見直し時間にあてていました。

Sponsored Links

センター物理で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

わからない問題が出てきたらすぐに飛ばして一通り問題を解き終わったら飛ばした問題を考えていました。

それでも難しい問題は解けなかったので解けそうな問題だけに時間をかけて、考えても難しくてわからなさそうな問題は勘でマークしていました…。それよりもわかりそうな問題や見直しに時間をかけ確実に得点にすることを心掛けていましたね。

センター物理の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

後悔していることは苦手だったのに夏休みに対策をしなかったことです。

夏休み前から二次試験で使わないことを決めていたので、夏休みは二次試験で使う化学の対策に当てようと考え、物理は二学期中に対策しようと思っていました。

しかし学校の授業や課題と並行して苦手な物理の復習や演習をすることは難しく、10月の模試でも30点台を取っていました。

直前で頭を悩ませることになってしまったので、学校で全範囲を習い終わっていなくても苦手な教科なら習った範囲までの公式の確認などの簡単な復習をしておくべきだと思います。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター物理で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター物理は模試でも予想問題の演習でも最高でも60点くらいしかとったことがなくて当日まで一番不安な教科でした。

理系教科は短い時間で対策するのが大変だと思うので早めに対策しておくべきだと思います。

私は最後まで苦手だったので当日までにとにかく公式を覚えようと思い教科書や参考書で公式をひたすら覚えようとしていたら本番では8割取ることができたので最後まであきらめずに頑張ってください!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ