2019年03月28日更新

【センター物理基礎】2017年東京大学文科一類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-13.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
立教大学法学部
早稲田大学法学部
慶應義塾大学経済学部
慶應義塾大学法学部
出身高校
東京都私立攻玉社高校
センター試験
英語 198点 / 数I・A 96点 / 数II・B 85点 / 国語 169点 / 世界史 97点 / 地理 74点 / 物理基礎 40点 / 地学基礎 47点

センター物理基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

物理基礎では、必要とされる知識量はさほど多くはありません。なので、無理して知識を詰め込むよりも、どの公式をどういった場合に使えば良いのか、といったパターンをしっかりと定着させることが最も大切です。

理科基礎科目は、二科目で合わせて60分ですが、時間に困ることはないと思います。最後に複雑な計算問題がありますが、数値計算のミスよりも、文字計算でのケアレスミスに気をつけたいところです。文字計算は慣れないと間違えやすいですが、逆に慣れてしまえば数値計算のような紛らわしさがなく、正答しやすいです。ある程度の量をこなして、慣れておきましょう。

センター物理基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

教材は、セミナー物理基礎+物理を使用していました。それ以外の教材は使いませんでした。高三の時に、一年かけてゆっくりと一周し、範囲をカバーしました。物理基礎では、細かい知識は問われません。なので、数多くの教材に手を出す必要はないと思います。一つの教材を、じっくりとこなしましょう。

大切なのは、細かな知識を身につけることよりも、むしろ知識を正しく活用することです。例えば右ねじの法則と左手の法則は同じ分野で出てくる法則なので、知識があやふやだと両者を混同してしまうことがあります。どういった場合に右ねじの法則を使い、どういった場合に左手の法則を使うのか、といったことをきちんと整理しておきましょう。

Sponsored Links

センター物理基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

解く順番に関しては、オーソドックスに初めから順に解いて行くのが良いと思います。物理基礎は、初めが単純な知識問題があり、中間には知識を組み合わせるような問題、最後に複雑な計算問題、といったように配置されています。なので、問題の順に従って解くことで、「解ける問題から解く」というセオリー通りの解き方ができるようになっているのです。最初の問題が、苦手な範囲から出題されていた、といったようなことがない限り、初めから解いて行くのが得策でしょう。

センター物理基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

知識問題に関しても、計算問題に関しても、問題ごとに適切な解法を用いることが肝心です。なので、「慣れる」ということが何よりも肝要でしょう。

もちろん何冊も問題集を解くといったことは必要ありません。一冊の問題集を仕上げ、穴がないようにすることで、物理基礎は満点を狙うことができます。特に分野ごとに異なる対策を立てる必要もないと思います。一枚板の、愚直な方法が有効です。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター物理基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

総じて、物理基礎に関しては、奇を衒ったような方法は用をなしません。普段の勉強に関しても、試験の解き方、解く順番に関しても、正攻法が最も功を奏します。また、慣れの必要な科目ですから、試験直前の時期に詰め込むような勉強法もお薦めできません。時間をかけて、ゆっくりと知識を定着させていきましょう。

実際の試験には、奇問・難問の類は出ませんから、ある程度勉強すれば、十分満点を狙うことができます。特別なことは一切必要とされないといってもいいくらいです。オーソドックスに勉強をすれば、あとは自信を持ちましょう。本番では、おそらく時間が余るでしょうから、そこでしっかりと見直しをすれば、恐れるものは何もないのです。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ