2019年03月28日更新

2017年東京大学文科一類合格者の受験校・併願校・試験日程

the-study.jp_2019-03-28_12-54-13.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
立教大学法学部
早稲田大学法学部
慶應義塾大学経済学部
慶應義塾大学法学部
出身高校
東京都私立攻玉社高校
センター試験
英語 198点 / 数I・A 96点 / 数II・B 85点 / 国語 169点 / 世界史 97点 / 地理 74点 / 物理基礎 40点 / 地学基礎 47点

受験校・併願校・試験日程を決めるにあたって大事にしたこと、迷ったことを教えてください。

何より大切なことは、第一志望の大学・学部を決めることです。自分の将来を見据えて、慎重に選びましょう。第一志望校が決まれば、続く第二志望・第三志望の大学を決めなければなりません。この際に、第二志望以下の学校を、第一志望校合格への布石と捉えることが大切だと、私は考えています。その点で、試験日程の熟慮は欠かせません。

私の第一志望は東京大学でしたので、センター試験から二次試験まで、だいぶ間が空きます。この間を全く試験を受けずに過ごすと心がだれてしまいそうだと思い、小まめに私立大学を受けました。また、実際の入試を幾度か体験してから二次試験に臨んだことは、二次試験に際しての精神的な面でも好影響を及ぼしてくれたと思います。

例えば私の場合、立教大学を受けようかどうか迷いました。しかし、ここを受けないと慶応大学経済学部まで入試を受けないことになります。それではセンター試験から間が空きすぎると思い、受けることにしました。結果、入試にも慣れ、程よく緊張感をほぐすことができました。

私大のセンター利用も有効活用しましょう。ここで一つでも合格を取ることができると、その後がだいぶ楽になります。私は早稲田大学の法学部をセンター利用で取ったので、だいぶ気が軽くなりました。ただし、落ちてしまっても決して落ち込まないように。「取れたら儲けもの」くらいの気持ちでいるのが良いでしょう。

直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?

私の場合、過去問の出来を見て落ちそうと思った大学は、ありませんでした。ただし、慶応経済学部の数学に関しては、分量・計算量が多く時間がシビアでしたので、見直しをする時間がほとんど取れず、計算ミスが怖かったです。東大二次も含め、数学での計算ミスがやはり一番不安でした。ただし、数学はどうしても不安定な要素の多い科目なのだから、あまり気にしても仕方がない、と自分に言い聞かせていました。

Sponsored Links

受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

私は幸い、受けた大学はすべて合格することができたので、精神的には良好な状態で受験期を過ごすことができました。ただし、センター試験は予想よりもずっと低い点を取ってしまい、センター利用で出願した早稲田大学が通るのか、心配でした。試験を受ける前から、「あまり当てにしないでおこう」とは思っていたのですが、実際に悪い点を取ってみるとやはり不安でしたね。

「滑り止めの大学に落ちても、気を落とさないことが大切」とよく言われますし、私もその通りだと思います。そして、その気構えもできているつもりでした。しかし、実際に想定外のことが起きると、不安な感情というものはどうしても生じてきます。不安を感じつつもそれに押しつぶされないように心がけることが大切なのかもしれません。

試験本番の期間で特に感情的に厳しかった時期と、感情の起伏を合否に影響させないために重要だと思うことは何ですか?

先に述べたこととかぶりますが、私はセンター試験の合計が過去問を50点ほど下回ってしまい、そこからセンター利用の早稲田大学の結果が出るまでの時期が、感情的に最も厳しかったです。ただ、こうした時に大切なのは、初志を貫徹すること。周囲の人からは早稲田の一般試験を受けるよう勧められましたが、私は受けませんでした。予定を変更して一般試験を受けてしまうのは、気弱であると思ったからです。

現実を直視することは常に大切ですが、精神面も現実の一つです。精神状態の良し悪しは、ダイレクトに結果に作用します。なので、自分が納得できるような選択をすることが大切です。感情の起伏を合否に影響させないためには、何よりも感情の起伏を抑えること、たとえ不安でも、それを押し留め、気丈でいることが大切だと思います。

あなたと同じ大学群、同じ学科系統志望の受験生に向けてこの学部志望の人向けに受験校の決め方・試験期間中の総合的なアドバイスをお願いします。

国立大学は、後期入試等を除くと併願できません。しかし、一校しか受けられないということは、的が絞れて迷いが生まれないということでもあります。自分の第一志望が固まれば、併願校はそこへの布石として捉えましょう。国立大学の入試はかなり遅い時期にあるので、私立入試を小まめにはさみ、ペースが崩れないようにしましょう。

また、例えば慶応法学部のように、細かな知識を問われる入試に挑戦することは、国立二次で問われるレベルの知識を完璧に仕上げることにもつながります。そうした点でも、私立入試はかなり役に立つと言えるでしょう。

受験に失敗はつきものです。センター試験の結果が思わしくなかったり、私大に落ちてしまったりといったこともあり得ます。しかし、そうした失敗があなたの実力も下げてしまうわけではないのです。入試期間中は、失敗を振り返らず、自分を信じて、前向きな気持ちで勉強しましょう。それが、合格への最善の道のりなのだと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ