2019年03月28日更新

2017年京都大学総合人間学部合格者の受験校・併願校・試験日程

the-study.jp_2019-03-28_12-54-12.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学総合人間学部
合格大学
明治大学国際日本学部
早稲田大学文化構想学部
出身高校
東京都都立桜修館中等教育学校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 87点 / 数II・B 73点 / 国語 177点 / 世界史 97点 / 倫理・政治経済 81点 / 化学基礎 39点 / 物理基礎 40点

受験校・併願校・試験日程を決めるにあたって大事にしたこと、迷ったことを教えてください。

私は、精神的にも肉体的にも安定した万全の状態で第一志望を受験することを一番の目標にして考えました。精神的安定を得るためにはその第一志望の試験までに最低一校は合格していたいと思っていたので、センター利用でほぼ確実に取れると踏んでいた明治大学を出しました。

また念には念を入れて、そして試験の練習を兼ねて明治大学の全学部統一試験も受けました。併願校は特に行きたいところがなければ第一志望と試験の傾向や問題が似ている学校を選ぶと楽でよいです。

また、本命校の二次試験の対策の時間の減少と体力消耗に繋がるので他の大学を受けまくるのはおすすめしません。私は、試験対策も受験校も最低限を努めました。

直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?

模試でずっとA判定だったことと過去問の出来から、明治大学の国際日本学部は受かるだろうと思っていました。しかし一方でセンター試験で91%以上を取るのは厳しかったため、早稲田大学の文化構想学部と国際教養学部は一応センター利用で出しましたが駄目元でした。

本命の京都大学は、受かる受からないではなく絶対に受かってやるとしか思っていませんでした。

Sponsored Links

受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

私立は前日に過去問を解こうと思っていたのですが、意外とソワソワしてしまってあまり身が入らなかったです。前もって解いておいて、見返すくらいがよいと思いました。

また第一志望の前日も身が入らず、世界史のプリントを開いてもほとんど頭に入ってこなかったので、最低限チェックしたあとはしっかり入浴してご飯を食べ早めに寝ました。また国公立大学の合格発表までも、後期試験の勉強に身が入らなかったです。

試験本番の期間で特に感情的に厳しかった時期と、感情の起伏を合否に影響させないために重要だと思うことは何ですか?

普段から精神をコントロールする練習をしていたので感情の起伏はあまりなかったのですが、センター利用で早稲田大学が抑えられなかったときは、薄々分かってはいたものの少し落ち込みました。電話で合否を聞いたのですが、不合格を直接聞くのはなかなかダメージが大きいです。

自分はできると思い込んで、落ちた大学には自分が縁がなかったと思うと良いと思います。

あなたと同じ大学群、同じ学科系統志望の受験生に向けてこの学部志望の人向けに受験校の決め方・試験期間中の総合的なアドバイスをお願いします。

京都大学総合人間学部はセンターの配点が低いため、センターで失敗した人達がセンター後に流れてきがちです。しかしそんな人たちより自分の方が格段にその学部に対する熱意があるんだから受かるに違いない!と思うと良いです。

また、慶應大学は小論文対策がすこし怠いと思ったので受けませんでした。国公立志望者は特に、コスパを考えましょう。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ