2019年03月28日更新

2017年京都大学総合人間学部合格者の模試の偏差値・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-54-12.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学総合人間学部
合格大学
明治大学国際日本学部
早稲田大学文化構想学部
出身高校
東京都都立桜修館中等教育学校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 87点 / 数II・B 73点 / 国語 177点 / 世界史 97点 / 倫理・政治経済 81点 / 化学基礎 39点 / 物理基礎 40点

模試直前の勉強方法と模試の復習方法に関してどのように行っていてどんな効果があったか、また今振り返って模試の直前と直後どのような勉強をすれば良いと思いますか?

現役生の最初の時期の理科社会などは特に未習範囲も多いと思うので、模試直前は既習範囲を着実に解けるように復習を十分にして臨みました。また数学は、この分野は確実に解けるようにしておく、などの目標を持ち、模試毎にその分野を徐々に増やしていけるようにしました。

こうすることで出来ると思っていた分野の抜けが把握でき、その後の勉強に役立てることができました。

復習に関しては「3」の数字のサイクルで何回も復習することが大切です。当日にさらっとでよいので間違えた箇所をチェックしておき、「3」日後に復習、「3」週間後に再度問題を解き復習、「3」ヶ月後にまた問題を解き復習、とすると定着率が高まります。

模試は各予備校が競って作成するためとてもハイクオリティで良問が多いです。現役の初期は特に結果が出づらいので、無駄に焦るのではなくその良問が詰まった問題をもらってくるという感覚で気負わず受けるとよいと思います。

模試の結果・偏差値で1番落ち込んだときのことを、その時の各教科の偏差値、落ち込んだ理由も含めて教えてください。

基本的に模試の結果は本当に意味がないので気にしていませんでした。しかし私はセンター数学になかなか慣れることができず、9月ごろの模試でも40点代を叩き出すなど圧倒的に低い点数でした。

模試の判定は、センター利用だと他の教科のカバーもあり明治大学ではA判定は取れていましたが早稲田大学はE判定でした。その時は、模試の判定ではなく単純に自分の点数の低さに驚き、かなり落ち込んだのを覚えています。

危機感は持っていてある程度センター数学の演習をしていたので余計に焦りました。しかし、担任の先生に「まだ時間は十分ある」と励まされそこから対策を行い、最終的に90点代を出せるようになりました。

Sponsored Links

受験生は模試の結果・偏差値に一喜一憂してしまいますが、あなた自身特に高校3年生の時どうでしたか?また今思えば模試の結果がよかった時、悪かった時それぞれの感情にどう対処してどう生かすべきだと思いますか?

上でも述べましたが、私は模試の結果を全く気にしませんでした。それが精神面の安定につながってとても良かったと思っています。例えば夏の冠模試で未習範囲が多いにも関わらずB判定を取った時は、担任の先生と「これはマグレだよね」と笑いあっていました(笑)

判定が良くても中身が本当にできているとは限らないので、答案を見て書き方や知識の漏れなど足りない部分を洗い出しました。

逆に10月ごろの模試でE判定を取った時は、行事を終えいよいよ受験に本腰を入れる、という時期の模試だったので「まだまだ時間はあるしこれからが勝負だ」と思って、そちらも冷静に足りない部分を補いました。特に、点数ではなく答案の書き方などに着目しました。

よく言われていることですが、いくら模試で悪い点を取っても所詮模試は模試。練習であることに変わりはありません。本番で良い点を取れれば良いのです。その為に最大限模試を利用することが1番の目的です。

良い結果をとったときは自分を褒め、すぐに謙虚に出来ないところを洗い出し、悪い結果をとったときは「今のうちに失敗しておいてよかった」とポジティブに捉えましょう。

模試には主にマーク模試と記述模試の2種類がありますが、センターマーク模試と記述模試で偏差値に差はありましたか?

私はセンターが直前まで結果が良くなかった(国語や英語は7割〜9割をうろうろとしていて不安定、数学は12月頭の段階でやっと7割乗るか乗らないかのレベルでした)ので、センターマーク模試より記述模試の方が偏差値も高く判定も良かったです。

私は国公立が第一志望で私立対策に時間をかけたくなかったので、センターマーク模試で私立のマークの練習を兼ねるつもりで受けていました。マークは、場所を間違えたり未記入のところがあったりととても失敗をしやすいと感じていたので、慎重に練習しました。

逆に記述模試は自分の考え方のプロセスを明確化するのにとても有効なので、自分がどれだけ本質を理解しているかを確認するという目的を持って挑みました。

最後にあなたと同じ入学大学、合格大学を目指す受験生に向けて模試に関する総合的なアドバイスをお願いします!

京都大学の総合人間学部はセンターの配点が低いので、私立をセンター利用で抑える予定がない人はセンター対策より二次対策に圧倒的時間を割くべきです。

模試は安いわけではないので躊躇う人もいると思いますが、自分の予習復習が追いつく程度に1ヶ月に1〜2回を目処にどんどん受けた方が良いと思います。それから、2月の1週目ごろにあった河合塾の直前模試は本番と同じ時間でやるのでイメージトレーニングが出来てとても良かったです。

結果が悪くても、落ち込んでいる暇があったらその時間で単語が覚えられる、新しい問題に触れられる、と捉えてくよくよせずストイックに机に向かいました。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ