2019年03月28日更新

2017年早稲田大学社会科学部合格者の模試の偏差値・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-54-12.jpg
年度
2017年(現役)
入学
早稲田大学社会科学部
合格大学
立教大学社会学部
出身高校
神奈川県県立平塚江南高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 78点 / 数II・B 79点 / 国語 169点 / 世界史 97点 / 倫理・政治経済 74点 / 生物基礎 50点 / 化学基礎 44点

模試直前の勉強方法と模試の復習方法に関してどのように行っていてどんな効果があったか、また今振り返って模試の直前と直後どのような勉強をすれば良いと思いますか?

模試の直前に何か特別な対策をする必要はないと思います。模試のためにガリガリ勉強しても、自分の実力がちゃんと模試の結果に出ないでしょう。「定期試験の前日に詰め込んで何とかギリセーフだった」状態と同じで無意味です。模試の前は、普段から勉強する習慣をつけるといいと思います。

模試は自分の弱点を知るために受けるのです。なので、模試は復習することがもっとも重要です。復習のやり方は、模試の翌日くらいに間違えた問題をノートに書きだして解説を読まずにもう一度解き、そこでも間違えたりわからなかったら解説や参考書を見直しました。そして重要なポイントを模試専用のノートにまとめました。

模試を受けてから3日後くらいに参考書や教科書を見てもいいので、解答・解説は読まずに解きました。そして模試を受けてから2週間後くらいに教科書も解答も何も見ずに自力で解いてみて、完璧に解答を再現できるか試しました。完璧に解けるようになるまで何度も繰り返し解きました。

模試の結果・偏差値で1番落ち込んだときのことを、その時の各教科の偏差値、落ち込んだ理由も含めて教えてください。

模試の判定は全然気にしてませんでした。現役生が浪人生より偏差値が低いのは当たり前だし、これから逆転するんだという気持ちでいました。

私の場合は、記述模試の偏差値は下がることはなく上昇し続けていました。しかし一方でマーク模試の点数や偏差値はまったくと言っていいほど上がらずイライラしました。がんばって勉強を続けていてもマーク試験だと全然結果がでませんでした。とくに数学がだめで、時間も足りないしわからない問題がまだまだ多くありました。

記述模試では伸びているのにマーク模試では一向に伸びなかったので、センター試験に焦りを感じていました。自分の勉強方法が間違っているのではないかという不安もありました。

Sponsored Links

受験生は模試の結果・偏差値に一喜一憂してしまいますが、あなた自身特に高校3年生の時どうでしたか?また今思えば模試の結果がよかった時、悪かった時それぞれの感情にどう対処してどう生かすべきだと思いますか?

国立大学のオープン模試の結果には一喜一憂してしまいましたね。国立大学のほうは駿台と河合の両方のオープン模試を受けたのですが、判定が一方はA判定でもう一方はD判定というわけのわからない結果でした。A判定が出たときはおごりが出てしまい、D判定が出たときは不安でいっぱいでした。

早慶オープン模試ではすべての学部でD判定だったのですが、私は負けず嫌いなので逆にモチベーションが上がりました。ここで努力することをやめてほかの受験生に負けることは嫌だという気持ちでした。模試の結果を分析して英語の長文を強化しようと決め、基本に立ち返って今までにやった長文の問題集をもう一度やったり単語を再確認したりしました。

模試の結果と実際の合否とはあまり関連性がないと思います。模試の結果がよかったときも間違えた問題はあるでしょうから、そのミスを徹底的になくす努力を続けましょう。結果が悪かったときは、悔しさをばねにして勉強すればいいんです。私は、悔しさは一番良い栄養だと考えています。間違えた問題が次に出題されたときに完璧に答えられるように、自分の弱点を1つずつつぶしましょう。

模試には主にマーク模試と記述模試の2種類がありますが、センターマーク模試と記述模試で偏差値に差はありましたか?

センターマーク模試と記述模試で偏差値に大きな差がありました。私は記述模試では偏差値がどんどん伸びましたが、マーク模試の偏差値は全然上がりませんでした。

マーク模試と記述模試では受け方に違いがありました。マーク模試は、時間配分や解くスピードを特に意識しました。これは、自分がセンター試験でどんな弱点を持っているのかを知るためです。特に数学と国語は時間が足りなくなりやすいのでマーク模試では時間配分が適切にできるように注意しました。最低限10分くらいは見直しの時間をとれるように解き進めました。国語は漢文・古文から解いて最後に小説を解くといった具合に、各科目の解く順番も意識しました。

記述模試では、国立大学の二次試験を意識して取り組みました。数学だと、1問あたり解答用紙のどのくらいのスペースを使うかやどの分野の問題から解き始めるといいのかなどを考えて解きました。

また、マーク模試と記述模試では必要なスキルが少し異なると思います。マーク模試はスピードと正確さが命です。一方記述模試では部分点を狙うために筋道だった論理的な解答を作成することが重要です。なので、問題演習の方法を変えたほうがいいのではと思います。マーク模試は速さを意識して解き、記述問題では一度は時間を気にせずにじっくり考えて解きました。

ただし、求められる基本の知識はどちらも教科書レベルであることに変わりはありません。なのでどちらかが突出して点数が高い場合は、基礎に穴があるのか、あるいは試験問題を解く順番や時間配分に問題があると思います。自分の模試の結果をよく分析してみてください。

最後にあなたと同じ入学大学、合格大学を目指す受験生に向けて模試に関する総合的なアドバイスをお願いします!

模試を受けすぎると復習が追い付かなくなるので、高3ではマーク模試と記述模試をそれぞれ3回ずつと10月から11月にかけて実施される国立大学や早慶のオープン模試をそれぞれ1~2回受けることをおすすめします。河合塾と駿台では問題の出題傾向に若干の違いがあるように感じたので、河合塾も駿台も両方受けるといいと思います。

オープン模試では自分よりも頭がいい人が周りにたくさんいて少し緊張してしまいました。模試でその緊張感や劣等感を味わったので、入試本番では全然動じませんでした。模試では試験会場の緊張感をほんのちょっぴりですが体感できるので、大学別のオープン模試を受けることを強くおすすめします。

記述模試やオープン模試は自分の解答を添削してもらえる貴重な機会ですから、ぜひ模試を活用してほしいです。模試は復習が命です。結果が悪かったら、自分の弱点を本番前に知ることができたんだと喜ぶくらいの気持ちでいきましょう。悔しさを糧にして勉強すればきっと伸びます。判定に一喜一憂することなく努力を続けてほしいです。継続は力なりです!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ