2019年03月28日更新

【センター物理】2017年大阪大学基礎工学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-11.jpg
年度
2017年(現役)
入学
大阪大学基礎工学部
合格大学
明治大学理工学部
出身高校
群馬県県立太田高校
センター試験
英語 195点 / 数I・A 86点 / 数II・B 88点 / 国語 137点 / 化学 76点 / 物理 96点 / 地理 78点

センター物理の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター物理は満点が目標でした。基本的に難しい問題が出ることはなく、時間的にも余裕を持てたからです。
ただ、私は問題文をよく読まずに間違えてしまうことが非常に多く、模試でもそれでよく点数を落としていました。

なので、問題文をよく読み、見直しをする際も、もう一度読み直すことにしていました。結局1問間違えてしまいましたが、1問ミスで済んだのも、このことを意識したおかげであると思います。

センター物理の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

センター物理の参考書には、学校で使われている教科書が1番良いと思います。センター試験は教科書に準じて作られているからです。教科書を何回か読むだけでも良い勉強になると思います。

ただ、教科書だけでは分かりにくいところもあると思うので、私は物理のエッセンスも使っていました。読んでいて非常に分かりやすく、2次試験に応用できる知識もあるためおすすめです。

Sponsored Links

センター物理で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

私は、センター物理に関しては、順番はなにも意識せず、素直に1番最初から順番に解いていっていました。個人的には、時間に余裕があるとおもったからです。

ただ、わからない問題があったときは、考えすぎずにとばしていました。見直しのときにはどうせ解けるんだという確信があったからです。そこに時間を使ってしまうのはもったいないので、固執せずにとばしてしまい、後で解き直すのがいいと思います。

センター物理の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

教科書を読むことが最も大事だと思います。過去問は、傾向を掴む程度で十分であると思います。物理のエッセンスには、問題がいくつかついているため、それを解くことで問題演習ができます。教科書と物理のエッセンスを読み、問題を解いて理解することが、高得点に繋がると思います。

また、模試を受けることで、初見のセンター形式の問題が解けるため、模試は受けるべきであると思います。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター物理で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター物理は高得点が狙いやすいです。教科書を読み、しっかり理解することができれば高得点がとれ、しかもそれは2次試験のための基礎知識でもあります。教科書と物理のエッセンスを読み、付属の問題を解くことで、センターの点数も上がりますし、2次対策にもなります。これができれば、時間に余裕を持つことができるので、試験中もリラックスして解くことができます。

センター直前は、教科書の細かいところを読んでいました。少しでも漏れを無くそうと思ったからです。1度読むだけでも違うと思うので、1度しっかり読んでみてください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ