2019年03月28日更新

2017年大阪大学基礎工学部合格者の模試の偏差値・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-54-10.jpg
年度
2017年(現役)
入学
大阪大学基礎工学部
合格大学
明治大学理工学部
出身高校
群馬県県立太田高校
センター試験
英語 195点 / 数I・A 86点 / 数II・B 88点 / 国語 137点 / 化学 76点 / 物理 96点 / 地理 78点

模試直前の勉強方法と模試の復習方法に関してどのように行っていてどんな効果があったか、また今振り返って模試の直前と直後どのような勉強をすれば良いと思いますか?

模試直前は、特に特別なことはしていませんでした。普段通りの勉強です。模試は、各予備校の優秀な先生達が作っているので、本番で似たような問題が出る可能性も高いです。なので、わからなかった問題はもちろん、解けた問題ももう1度解いて、より深く定着させるようにしました。

このことで、定着が深まるだけでなく、新たな発見があることもあり、解けた問題も解き直してよかったと思います。今思えば、模試直前は入試前日のように、自分が不安なところの復習をして、ゆっくり寝たりして過ごすのもよかったと思います。

模試の結果・偏差値で1番落ち込んだときのことを、その時の各教科の偏差値、落ち込んだ理由も含めて教えてください。

大学別の模試や、センターの模試など、たくさんの模試を受けましたが、第1志望の判定はDとEばかりでした。一度C判定をとりましたが、よく見てみたら、C判定の最下位くらいでした。

毎回毎回落ち込んでばかりでしたが、模試の結果で合否が決まるわけではないです。良い判定がとれるのはいいことですが、仮に悪くても、合格することを第1に考えて、模試を良い意味でモチベーションに変えて勉強すれば良いと思います。

Sponsored Links

受験生は模試の結果・偏差値に一喜一憂してしまいますが、あなた自身特に高校3年生の時どうでしたか?また今思えば模試の結果がよかった時、悪かった時それぞれの感情にどう対処してどう生かすべきだと思いますか?

自分は模試の結果が良いことがなかったので、受けるたびに落ち込んでいました。特に、11月の模試では、大学別の最後の模試であり、そこでE判定を取ってしまったため、焦りもありました。しかし、なぜ良い成績が取れないかを分析し、その原因を見つけ、それを解決していったのが最終的な合格に結びついたと思います。

私の場合は問題を解く量が少なかったため、問題を解く手順が定着していないことが原因でした。成績が良い場合も、同じように、なぜ良い成績がとれたのかを分析し、より効率のよい勉強法を編み出していくと良いと思います。

模試には主にマーク模試と記述模試の2種類がありますが、センターマーク模試と記述模試で偏差値に差はありましたか?

センターマーク模試も記述模試も偏差値は低かったですが、特に記述が低かったです。センターだけならD判定でも、記述と合わせるとE判定ということがよくありました。

自分の第一志望の大学は記述のほうが配点が高いため、記述に重点を置くべきなのかもしれませんが、自分はセンターが低すぎたため、また、センターのほうがまだ記述よりも取れたため、センターで少しでも良い判定がとれるように意識していました。

最後にあなたと同じ入学大学、合格大学を目指す受験生に向けて模試に関する総合的なアドバイスをお願いします!

大阪大学は、一般的に簡単に入れる大学ではないので、やはり高い偏差値が必要であると思います。大学別の模試は、受けれるだけ受けるべきであると思います。やはり、形式や時間配分はたくさん受けることで分かってくるものであると思うからです。

判定が悪いときは、これはあくまで模試であると割り切ってしまうのも大事だと思います。模試は合格のための勉強の一環だと思うので、そのことを忘れずに、1番自分にためになるやり方で模試を受けてほしいと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ