2019年03月28日更新

2016年東京外国語大学言語文化学部合格者の受験校・併願校・試験日程

the-study.jp_2019-03-28_12-54-10.jpg
年度
2016年(現役)
入学
東京外国語大学言語文化学部
合格大学
立教大学異文化コミュニケーション学部
青山学院大学国際政治経済学部
上智大学外国語学部
慶應義塾大学文学部
出身高校
東京都立西高校
センター試験
英語 196点 / 数I・A 73点 / 国語 200点 / 世界史 87点 / 倫理 83点

受験校・併願校・試験日程を決めるにあたって大事にしたこと、迷ったことを教えてください。

私はかなり心配性なので、なるべくたくさんの大学を受験するようにしました。心配性でない人も、受験校がたくさんあった方が安心して第1志望校に臨めると思いますね。でも、受験校が多すぎると過去問の勉強が大変になってしまったり、受験日程が厳しくなってしまったりして嫌だな、という人にはセンター利用がおすすめです。私は不安だったのでセンター利用を出願した大学の一般入試も出願していましたが。

私は外国語系や国際系に興味があったので、私立もその分野の学部を受けようと思っていました。私立受験は国公立のための練習台として考え、私立に行く気がない友人もいましたが、私はもし外大に落ちて私立に行くことになった場合でも意欲を持って通えそうな大学・学部を選んだのでモチベーションを保って学習することができましたね。

また私は私立の試験日程を決める際に、私立の中でもなるべく行きたい大学順に受けるようにしました。そうすれば合格発表も行きたい大学順になり、自分の行きたいと思える私立に受かった時点で残りの私立を受けに行かなくてすみ、国公立の勉強に集中できるので。志望校によってはそこまで上手く日程を組めないこともありますが。実際に私は私立の中で一番行きたかった上智大学外国語学部の合格が決まったので早稲田大学文学部の受験に行くことをやめました。

直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?

外大の勉強を進めて行く中で英語には自信を持てるようになっていたのですが、外大の2次試験にはない国語、外大とは問題の傾向が違う世界史にはずっと不安を感じていました。特に世界史は私立ではかなりマニアックな部分まで出されると過去問を解いて感じていたので大丈夫だろうかと心配でした。

また、どこの私立に対しても、私立1本に絞って学習してきている他の受験生もいる中で合格できるのか、という漠然とした不安は感じていましたね。

Sponsored Links

受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

先ほど私立の併願校は行きたい大学順に受けた方がいいと書きましたが、それは後から考えてみての話かもしれません。私の受験日程では、私立の中で一番行きたかった上智大学の受験がセンター試験後初めての本番でした。実質初めての大学入試になるので、試験中とても緊張し、過去問では時間が余っていたのに本番では時間が足りなくなってしまいました。また試験後も結果が気になって勉強に手がつきませんでしたね。

やはり、そこまで志望順位の高くない大学を初めに受けた方が、精神的には良いかもしれませんね。いくら模試を受けて試験に慣れていたとしても本番の緊張感はそれには比べものにならないと思うので。

試験本番の期間で特に感情的に厳しかった時期と、感情の起伏を合否に影響させないために重要だと思うことは何ですか?

私立入試の期間が一番厳しかったですね。特に私はいくつもの私立を受けることにしていたため、緊張が続いていました。また合否もすぐには出ないので、先に受けた私立の結果が気になりどきどきしながら試験を受けていたのを覚えていますね。

でも、緊張の続く私立入試の期間を経たことで、本命の外大の試験の前にはほぼ緊張せず、本番も落ち着いて問題を解くことができました。感情の起伏が生じてしまうことはしょうがないと思うので、感情が不安定でも力を出せるよう試験に慣れておくことが大切ではないでしょうか。あとは、他の受験生だって緊張してるんだから、と思うことで自分を励ますのも効果的だと思います!

あなたと同じ大学群、同じ学科系統志望の受験生に向けてこの学部志望の人向けに受験校の決め方・試験期間中の総合的なアドバイスをお願いします。

私は、国公立大学を第1志望にしている人は併願校を少なくとも1つは受けた方がいいと思いますね。第1志望に集中したい気持ちも分かりますが、センター試験から国公立入試までは1ヶ月以上あります。その期間、併願校を受けることで試験本番の感覚に慣れることができると思うので。

また外大も含め国公立大学の多くではセンター試験の点数も重要なので、センター試験へのモチベーションを高める意味でもセンター試験利用入試に出願しておいて損はしないのではないかと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ