2019年03月28日更新

【センター日本史】2017年京都大学法学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-54-08.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学法学部
合格大学
立命館大学法学部
同志社大学法学部
早稲田大学法学部
出身高校
兵庫県私立須磨学園高等学校
センター試験
英語 188点 / 数I・A 97点 / 数II・B 98点 / 国語 192点 / 日本史 100点 / 倫理・政治経済 90点 / 化学基礎 45点 / 物理基礎 42点

センター日本史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター日本史は満点を狙っていました。歴史は、他科目よりも満点が取りやすい科目だと思います。満点をとるためには、並べ替え問題やややこしい正誤問題にも正しく解答する必要があります。そのため、知識が多いだけでなく、正確であることが求められます。

また、見直しをしてもやはりミスに気づきにくいものなので、早く問題を解いて見直しを何度も繰り返すよりも、ゆっくり丁寧に確実に問題を解いて、見直しにはあまり時間を使わないようにしていました。

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

センター日本史は、高三の12月半ばまでは特に対策をしませんでした。それまでは、授業の内容を確実に頭に入れ、マーク模試で実力を確認していました。マーク模試で間違えたところを復習し、補強するという勉強法でした。

その後の12月半ば以降の試験直前期には、毎日センター追試験の過去問一年分を解いて、間違えたところを補強するというように勉強しました。追試験は、一般に本試験より難易度が高いといわれており、とてもちからがついたように感じます。

Sponsored Links

センター日本史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

センター日本史の第一問は、時代がバラバラに出題されており、混同しがちなので、きちんと時代順になっている第二問から第六問を先に解いて、第一問にもどるようにしていました。

また、前述の通り、見直しをしてもミスに気づきにくいものなので、早く問題を解いて見直しを何度も繰り返すよりも、ゆっくり丁寧に確実に問題を解いて、見直しにはあまり時間を使わないようにしていました。

センター日本史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

並べ替え問題が苦手な人もいると思うのですが、私は事件名を単体でおぼえず、全体の流れに組み込んで覚えるようにしていたので、あまり並べ替え問題には困りませんでした。

事件名や人物名はそれだけで覚えるのはとても大変なので、それぞれに関連させて覚えるのが一番定着しやすいと思います。先生に習った通りではなく、自分で語呂合わせを作るなど、自分に一番わかりやすい覚え方を発見するのも楽しいです。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター日本史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター日本史では、地図や絵などから読み解くなど、センター試験でしか出題されないような独特の問題もあります。そういう問題には慣れて対応するしかないので、時間が許す限り、センター日本史の過去問演習を怠らないようにしてほしいです。

センター日本史で高得点を取るには、過去問を完璧にするのが最も近道だと思います。
高三の12月以降の直前期に過去問演習をしっかり行うために、それまでに教科書の内容はしっかり覚えきるのがいいと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ