2019年03月28日更新

2017年京都大学法学部合格者の受験校・併願校・試験日程

the-study.jp_2019-03-28_12-54-08.jpg
年度
2017年(現役)
入学
京都大学法学部
合格大学
立命館大学法学部
同志社大学法学部
早稲田大学法学部
出身高校
兵庫県私立須磨学園高等学校
センター試験
英語 188点 / 数I・A 97点 / 数II・B 98点 / 国語 192点 / 日本史 100点 / 倫理・政治経済 90点 / 化学基礎 45点 / 物理基礎 42点

受験校・併願校・試験日程を決めるにあたって大事にしたこと、迷ったことを教えてください。

第一志望校は、夢や憧れで決めました。高校の先輩で、京都大学に進学される方が多かったこと、理系学部もある総合大学に行きたかったことから京都大学を選びました。他大学と悩んだ時期もありましたが、関西圏の大学に行きたかったため高校一年生の時に、京都大学を志望校に定めました。

また、併願校は、京大向けの社会の勉強で対応できること、地元に試験会場があることに着目して、同志社大学と立命館大学を選びました。関関同立は、試験の日程が二月初旬・中旬なので、体調的に国立の二次試験にあまり影響がないので関西圏の方には受験をお勧めします。

また、早稲田大学のセンター出願はボーダーが高いため、早稲田大学合格をセンター試験の一つのめやすにできるように、早稲田大学出願も決めました。

早慶の一般入試は、二次試験に日程が近いうえに、社会の難易度が高いため、京都大学と併願するのは大変だと思います。そのため、私も早慶の一般入試受験を断念しました。もし京大を志望し、早慶を併願するのであれば、京大対策に並行して早いうちから早慶対策もしておくことがおすすめです。

直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?

早稲田のセンター出願は、よほどのマークミスがない限り、前年のボーダーを超えていたため、合格する自信がありました。立命館・同志社は過去問を解いた段階では合格する自信がありました。ですが、同志社の試験本番で思うように問題が解けず、合格発表まで不安が残りました。

これらの併願三校は、やはり京大とは出題傾向・受験者が異なるので、合格したからといって調子に乗ってしまうことはなかったです。京大は、模試の結果からは不合格は考えにくいと思っていましたが、直前期の演習問題があまり解けなかったのでかなり不安はありました。

Sponsored Links

受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

二月上旬に早稲田大学のセンター出願の合格を知り、現役での進学が確定したので、気持ちがだいぶ楽になりました。前期試験までの残りの期間も改めて受験勉強に向かうことができたと思います。

入試ではないのですが、一月末に京大模試のような、実践問題を解きました。センター試験対策ばかりしていたため、思いのほか点数が悪く、かなり落ち込み、しばらく勉強に集中できませんでした。

実践問題を解くのも大切なことですが、感情のコントロールも大切なので、受験直前には自分のメンタルを考えて問題に取り組むのがいいと思います。

試験本番の期間で特に感情的に厳しかった時期と、感情の起伏を合否に影響させないために重要だと思うことは何ですか?

センター試験が終わって、一月末に京大模試のような、実践問題を解きました。センター試験の勉強にあまりに力を入れすぎたこともあり、実践問題の結果が目標点数に達さなかったので、その後一週間ほどかなり落ち込み、不安から勉強に集中できなくなってしまいました。

ですが、その期間にちょうど立命館・同志社の試験対策及び入試があったので、京大の勉強とうまく距離を取り、きもちを持ち直すことができました。さらに、早稲田合格で立て直し、再び京大に向けて勉強することができました。

また、私は、センター試験や二次試験は平穏でしたが、同志社の英語でパニックを起こしました。
そのときは、一度長文読解の途中でつまってしまい、「英語が得意科目だから得点しなければ」とか、「同志社に落ちてしまったら京大に受かるわけがない」とうだうだ考えて、さらに問題が頭に入ってこなくなる、という状況でした。

頭を落ち着かせるために私はトイレにたって、深呼吸して顔を洗いました。一度問題から離れると意外と落ち着くのでおすすめです。英語のあとの試験に英語でのショックを影響させないために、英語の試験が終わった後は英語の試験中の不安を全て紙に書きだしました。周りの目が少し気になりますがすっきりするのでおすすめです。

とにかく、試験中にを起こしたときは手段を択ばず、自分を落ち着けることが最優先です。
ノートを積んで写真にとるなど今までやってきたことを目に見えるように残しておけば、自分に自信を持ちやすく、試験でのパニックにもよりよく対処できると思います。

あなたと同じ大学群、同じ学科系統志望の受験生に向けてこの学部志望の人向けに受験校の決め方・試験期間中の総合的なアドバイスをお願いします。

京大を受験するにあたって、前述にもありますが、併願校に悩む人も多いと思います。私立なら早慶がいいけれど、早慶の試験は京大と傾向が違っている、というところが悩みどころだと思います。私は、早慶対策に時間をかけられないと思ったので、早稲田のセンター出願を利用しました。これも一つの手だと思います。

ですが、一般入試の受験を考えるのであれば、直前ではなく早い段階から早慶の問題にも対応できるように勉強しておくことが一番だと思います。早慶対策も一部京大対策につながる部分があるので、早慶対策の勉強の時間が無駄になるということはありません。

そのほかにもさまざまな悩みがあると思いますが、今の志望校を最後まで目指せるように頑張ってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ