2019年03月28日更新

2015年東京大学理科一類合格者の物理の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-15.jpg
年度
2015年(現役)
入学
東京大学理科一類
合格大学
慶應義塾大学理工学部
早稲田大学創造理工学部
出身高校
神奈川県私立サレジオ学院高校
センター試験
英語 190点 / 数I・A 96点 / 数II・B 100点 / 国語 156点 / 化学 92点 / 物理 100点 / 地理 74点

東大物理の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標点は35点。僕は物理化学選択でしたが、東大の理科の最大の難所は時間配分ですよね。150分間で物理の大問3個、化学の大問は、[1][2]などを別にして考えたら6個、合計9個もの大問を解かなければいけないわけです。

そこで時間配分は駿台実戦や東大オープンなどの模試、そして過去問を解く中で一番気をつけていました。

具体的にはまず化学を60分間で解けそうな問題を見極めて解き、その後60分間で物理を解き、最後に全体を通して得点できそうな問題に集中して点を取りに行く、という時間配分で本番も解きました。

高3の秋頃までは、ネットで調べた合格体験記などを見て一番多かった「物理(60分)→化学(90分)」とか「物理(75分)→化学(75分)」とかで解いていましたが、これだと物理を終えて化学に行ってしまったら、もう物理の方に戻ってくる時間が取れないのが自分としては不安だったんですよね。

また物理よりも化学の方が問題数が多かったり、年度によって変な問題が出る可能性があると思っていたので、先に怖い方の問題の様子を把握できていた方が落ち着いて問題を解けると思ったのもこの解き方を採用しなかった理由の1つです。

結果としてこの時間配分で本番も解いて、うまく時間配分をできたと思っています。

本格的に東大物理の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

標準問題精講にも東大物理の過去問は10問くらいは載っていたと思いますが、本格的に赤本を使って過去問演習を始めたのは2月に入ってすぐだったと思います。解いた年数は赤本に載っていた7年分、あとは東大オープンの過去問3回分も解いたので、それを合わせれば10セット分。

僕は物理標準問題精講で東大物理の問題に何回か触れていたのでこれくらいのセットを解けば十分だったと思いますが、もし標準問題精講とか難系とかをやらないのであれば25ヶ年を買って解く方がいいと思います。

Sponsored Links

東大物理対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

物理で持っていた参考書は『リードα 物理』『秘伝の物理』『物理重要問題集』『物理標準問題精講』と東大オープンの過去問。この中で東大物理を意識して使っていたのは重要問題集と標準問題精講ですね。

物理重要問題集は高3の4月ごろに購入し、一番前の力学のところから毎日2問ずつくらい進めると同時に、学校で習った範囲の問題も時間が取れれば習ったその週に、取れなくても定期試験までには一回は解くようにしていました。

リードαや秘伝の物理が文章量が少なく悪い意味でいうと綺麗すぎる問題が多い中で、この重要問題集は入試問題に近い計算の汚さとか、文章量の問題がほとんどなので、定期試験レベルから全統記述や駿台全国などの模試レベルまでレベルを上げるの効果があったと思います。

重要問題集は間違えたら×、ケアレスミスなら△、時間かかったけどできたら◯、余裕で解けたら◎を問題集の問題番号のとこに記入し、全ての問題で◎か◯になるまで解き直しました。それが終わったのが11月ごろで、その時に購入したのが標準問題精講。

標準問題精講は一部の人はあの難系よりも難しいというほどハイレベルな問題集ですが、この難しい問題で慣れておけば東大物理も怖くなくなるんじゃないかと考え、使うことを決めました。こちらは問題数が90問なので、1日に2問ずつ解けば2次試験までには2周できるコンパクトさです。実際センターをまたいで2次試験までに全ての問題を◯か◎にするまで解き直しました。

やる前は東大物理が全く解けるイメージが持てないほど難しそうに思っていましたが、狙い通りその漠然とした恐怖感は払拭できたと思っています。

個別で対策が必要だった設問、合否の鍵を握ると思った設問の対策と解き方を教えてください。

物理の中では波動が特に苦手でしたね。リードαとか重要問題集とかは力学・熱力学・電磁気については結構いろんな問題を扱っていますが、波動だけは東大物理で出題されるような問題設定がなかったように思います。

それは夏の東大実戦を受験した時に感じていたことでした。標準問題精講を選んだ理由も、波動の問題で見たことのないような問題を扱っていたからです。

波動は振動数で考えたり、波長で考えたり、波数で考えたりと、いろんな見方ができる分野です。だから重要問題集なので一辺倒な考え方を身に付けるのではなく、なるべくいろんな問題に触れて本質的な理解に近づけるように意識するといいと思います。

東大物理の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

過去問はいつも化学とセットでちゃんと150分時間を計って解くようにしていました。化学は25ヶ年を使っていましたが、最新7年分は物理と一緒に解くために取っておきましたね。

また本番っぽさを出すために、罫線の入った東大模試の解答用紙を学校でもらい、それをコピーして使うようにしていました。あの罫線が本当に邪魔で(笑)、解答用紙をどのようにレイアウトするかも東大理科の難所ですよね。この辺りは合格につながったと思っています。

解説を確認したら、必ず類題を標準問題精講や重要問題集で見つけてもう一度解くようにしていました。自分の中では過去問自体を解けるようになることよりも、過去問を解くことで自分の穴を見つけて、それを問題集を使って埋める作業を最重要視していたので、過去問の解き直しはしなかったです。

東大物理の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

重要問題集を終えて標準問題精講を買おうか、25ヶ年をやろうかとかなり迷った結果標準問題精講をやりましたが、これを選んだことは正解だったと思います。過去問だと全ての内容を網羅的に扱っているわけではないので、確かに東大で頻出の分野には強くなりますが、どこかに穴を残したままにしてしまう可能性がありますよね。

同じことは数学や化学にも言えそうですが、物理はそれに比べると出題パターンが少ないと思っています。なので頻出の分野に絞らなくても、十分手厚く対策する時間的余裕はあると判断していました。迷っている人は標準問題精講、おすすめですよ。

やらなくてよかったことはありませんが、後悔していることは2つあります。1つは標準問題精講をやるべきかどうかを悩みすぎたこと。一番難しい問題集ということでそう簡単に扱えるものではないとビビっていたので仕方ありませんが、その時間にもやり始めていたら本番で30点くらい取ることができたかもしれません。

もう1つは過去問の解き直しをする時間を取れなかったこと。どんな問題であろうと自力で完答できるまでは解き直しを繰り返すというポリシーはここでも続けるべきだったと後悔しています。

最後に合格したからこそ言える東大物理で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

東大物理は2014年第2問の太陽電池の問題のように目新しい題材が扱われることもありますが、ここ3年間の問題を見てもほとんどはどこかで見たことのあるような設定になっていると思います。

ただいつもの問題では省略している部分を省略しなかったり、捉え方を変えたりして出題してくるから解きにくくなっているように思います。

そういう問題を解けるようになるためには、そのよくある形式の問題については余裕で解けるようになった上で、自分で考える必要があります。前者は重要問題集や名問の森のような問題集で、後者は難系や標準問題精講、25ヶ年で力をつけられるのではないでしょうか。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ