2019年03月28日更新

【センター化学】2015年東京大学理科一類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-14.jpg
年度
2015年(現役)
入学
東京大学理科一類
合格大学
慶應義塾大学理工学部
早稲田大学創造理工学部
出身高校
神奈川県私立サレジオ学院高校
センター試験
英語 190点 / 数I・A 96点 / 数II・B 100点 / 国語 156点 / 化学 92点 / 物理 100点 / 地理 74点

センター化学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター化学の目標点は100点。物理も化学も東大の2次試験対策をちゃんとできていれば満点を取れておかしくない難易度ではありますが、物理に比べると暗記量が多い化学は細かい無機の知識などで点をこぼす可能性がありました。

過去問やマーク模試を受ける中で特に苦戦したのが「生活に関連する化学」の知識問題ですね。例えば2017年センター本試験で言えば、第3問の問1みたいなやつですね。この問題で言えばニューセラミックス(ファインセラミックス)とかは重要問題集などを解いていてもほとんど目にすることはないのではないでしょうか。

こういった2次試験では聞かれないような細かい無機化学の知識問題を満点で切り抜けられるかがポイントでした。

センター化学の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

センター化学を意識し始めたのは12月に入って高校の期末試験が終わった頃からでしたね。高校で『大学入試センター試験 チェック&演習 化学』を配られていたので、まずはこれを使って対策することを考えました。

といってもマーク模試ではいつも90点以上を取れていたので、必要以上の対策をして他の教科にかけるべき時間を割かれることは危惧していたので、まずは巻末に付いていた確認問題(センター形式の問題)を1セット解いてみました。確かその時の結果は80点少しくらいしか取れず、相当焦りましたね。

そこで苦手意識があった「生活に関連する化学」「有機化学」などの順番で問題を解いていき、そこで知らなかった知識自体やその周辺の知識を教科書や図説で調べ、1冊のノートにその知識をまとめるようにしました。これは前日などの本当に直前期に一気に覚え直すことを想定して作っており、結果的に成功したと思います。

あとは1月に入ってから、1週間くらいかけて教科書にざっと目を通し、見たことない知識を見つけたらその周辺をよく読んで、同じくノートにまとめるようにしていました。

そしてセンターの1週間前にはネットで見つけたセンター化学の過去問を自分で印刷して3年分くらい解いて、最後の調整を行いました。この時には1問ミスくらいの出来に仕上がっていたと思います。

Sponsored Links

センター化学で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

化学は大問が5つで60分で、見直しの時間も考えて1つの大問にかける時間を10分間に設定し、解き終わっていなくても10分経ったら次の大問に移るようにしていました。

計算問題と知識問題が混ざっているのが化学という科目の1つの特徴だと思いますが、熱力学の吸収熱の計算問題とかで「解き方がわかっていても出した答えが選択肢にない」ということがたまにありました。

こういう時は何か勘違いしているだけってことも多かったので、焦らずに「またあとで解いたらきっとできるだろう」くらいに考えて一旦飛ばすようにはしていました。

センター化学の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

チェックアンド演習で現状の自分の成績を確認した上で慎重に対策を決められたのはよかったと思っています。

特に東大など国立大学を狙う高校生は受験科目が多く本当に時間が消えていきますよね。自分がどの教科に時間をかけるのがもっとも効率よく総合点をあげられるかを判断する上で、まず一回過去問を解いてみよう、みたいな考え方はオススメします。

あとはまとめノートを作るのもぜひやってみてください。センター当日に何をすべきかは結構迷うところですが、化学の暗記ノートを作っておけば、そこにまとまっている有機の反応や無機の知識を当日に全て確認するのは絶対に効率が良いので。

結果は92点でしたが、この8点分(=3問分)を取れなかった原因はやはり有機化学・無機化学の知識での失点でした。教科書を読み始めたのが1月になってからで1周しかできなかったので、12月のうちに読んでおくとか、初めて読んだ時にあまり見たことない知識があったら付箋をつけておく、などの前々からの準備をしておけばよかったなと思っています。

最後にセンター化学を終えた今だからこそ言えるセンター数学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

有機化学は最後にならう分野なのでセンター直前期になっても不安要素となっている人は多いかと思います。あとは無機化学も暗記ばかりなので、理系にとっては少し厳しいものがあるかと。

なので有機無機が中心になると思いますが、苦手な分野から教科書やセミナー化学を使って穴を埋めて、得意にしていくと点が一気に上がると思います。

公式のちゃんとした理解が必要な物理や、全ての内容が総合的に絡んでくる数学と違って、化学は各分野が独立していますし暗記が多いので、1月からでも適切な分野に時間を割けば確実に点は上がります。

最後まで化学だけは諦めずに対策を頑張ってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ