2019年03月28日更新

2017年東京大学文科一類合格者の『システム英単語』の使い方・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-53-50.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

システム英単語を使い始めたきっかけを教えてください。

システム英単語(以下シス単と呼ぶ)は、高校2年生の時に学校から配布されて使い始めたと思います。 基本的に自学というよりは学校である試験や授業内での小テストの範囲になっていたため、それに沿って学習を始めました。したがって、自分で書店に行って数ある中からこれを選んだわけではなく、受動的に使い始めたのだと解釈してください。

システム英単語の使い方(ペース・解き方・復習の仕方など)を教えてください。

使い方はシンプルです。レベル順に整頓されているので、始めのページから勉強していきます。 前半までは、おそらく習った単語が大半を占めてきます。

ここで注意点なのですが、いくら習ったことのある単語であるからといって飛ばしてはいけません。シス単はただ単語と意味を一対一で勉強するための単語帳ではありません。

むしろ、ある単語の意外な意味、ミニマム・フレーズで動詞とともに使われている前置詞、熟語などを覚えるために使う非常に多機能な単語帳です。新出単語はまずスペルと意味を確認するのに徹するべきですが、既出の単語に関しては今あげたような「わきの」知識を身につけましょう。これが案外英文を読む上で便利だったりします。

単語と意味の一対一対応にならないようにはくれぐれも注意してください。 あと単語の覚え方ですが、単語帳をただ眺めている人はいませんか?これでは正直あとあとほとんど残りません。

テスト前のちょっとした確認ぐらいなら見るだけでも良いとは思いますが、新しく単語を覚える作業は意外と労力のかかる勉強です。 私は、単語を覚える際はいつも紙に書き殴っていました。理由は、まず眺めているだけでは情報が目からしか入ってきません(視覚のみ)。

これでは脳が優先順位が低い情報として位置づけ、忘却スピードが速まってしまいます。 そこで、書くという行為を付加することで、手が単語を覚えてくれます(視覚と触覚?)。

さらに書いている単語を音読することで、単語が耳から入ってきます。このようになるべく五感を使うことで単語が覚えやすくなります。 しかし、1回で覚えることはできないので、覚えるまでは時間をあけてなんども見直しをしましょう。私も1個の単語を覚えるのに5回は復習をしていたと思います。

Sponsored Links

システム英単語はその後の受験勉強でどのように役立ったか教えてください。

もちろん単語帳ですから、授業で扱う文章を始め、各種の模試における長文の中で知らない単語に出会うことが減ったということが一番大きかったと思います。これにより、文章の流れを見失うということが防げ、試験中に慌てることが減りました。

また、もう一つの利点としてミニマム・フレーズを覚えることで英作文にフレーズそのままコピペすることも可能だと思います。 単語帳は英文を読む上で必要不可欠な教材ですが、シス単はそれだけでなく英作文にも対応した優れものとなっています。

システム英単語を時期や偏差値を考慮して解くべき人と解くべきでない人を教えてください。

シス単は英単語を全く覚えてない人も、ある程度英文が読めている人でも使える単語帳です。大学入試に必要な単語が超基本レベルから発展レベルまで幅広く収録されているので、どんな人でも自分のペースで自由に学習が進められると思います。

ただし、特にシス単が効果的に使える人は他の単語帳が完成し、シス単に単語帳を変えた人です。このような人には、シス単は単にプラスαの単語を提供するだけでなく、既出単語の「一般的に」知られていない意味も書いてあったりするので、さらに一つの単語について深く学習することができます。

逆にシス単をオススメしないタイプの人は、とにかく語彙力の足りず、単語をいっぱい知りたいという人かもしれません。シス単は、新出単語とミニマル・フレーズが1セットのように構成されています。したがって、単語を詰め込みたい人にはフレーズも覚えないといけないため、余計に負荷がかかってしまいかねないからです。

システム英単語の効果とより効果的に使うにはどうすれば良いか大学受験を終えたからこそ言えるアドバイスをお願いします!

とにかく反復学習だと思います。私は、この単語帳で東大レベルまでいけたので本当にシス単はオールマイティだと思います。だからこそやって欲しいのが、この中に載っている単語は残りなく潰すこと。単語、例文、熟語、派生語全てです。

これで日本の大学の要求する語彙数に足りると思います。 単語を覚えることに効率性はいりません。「正確性」だけです。どうしても頭に残らない単語も、1日1回書くだけでも確実に定着するはずです。ある程度覚えれば、単語帳を見直す時間もどんどん短くなっていくので負担も減ります。とにかく最初の段階でどれだけ我慢強く単語帳と向き合えるか、が鍵です。 頑張ってたくさんの語彙を身につけてください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ