2019年03月28日更新

2017年東京大学文科一類合格者の地理の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-49.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

東大地理の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標点は40点でした。そのために重要だと考えていたことは、過去問演習です。センターと同様に、2次試験の地理も教科書の内容で点数がちゃんと取れる訳ではありません(もちろんベースにはなりますが…)。

教科書の内容を発展させたもの、もしくは完全にオリジナルの問題が大半をしめるので、過去問で実際にどのような問題が出たか、またどれくらい教科書の内容で問題が解けるのかを知っておくことはとても大切な作業です。

本格的に東大地理の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

まず言っておかないといけないのは、地理は統計の問題がかなりの頻度で出題され、今の統計とその当時の統計が若干異なる場合が多いため、あまり昔の過去問まで遡ることができません。 また、例えば人口の流出理由を答える問題で、今と昔の理由が異なっていたりもします。問題の形式もしかりです。 過去問はせいぜい15~20年分が限界だと思います。その代わり、模試の過去問を新しい方から解くことで十分代用は可能です。

Sponsored Links

東大地理対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

高校1年の始めから教科書とともに新詳高等地図を使いました。単に国を覚えるだけでなく、東大で緯度、経度からそこに位置する国の説明をさせる問題が出たことから、国の位置関係を知る使い方もあります。

高校3年になってデータブックオブザワールドを買いましたが、ほとんど使っていません。趣味程度に眺める人がいましたが、特に主だって使う場面はありません。 高3の10月に東大の地理25ヶ年を解き始めました。

特に重要だった参考書は上に述べたように25ヶ年です。 東大地理は、案外同じ趣旨の問題が数年おきに出ていたりするので、過去問演習をすることで単に問題形式に慣れるだけでなく、ある程度出題される問題を予測することができます。

東大地理の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

解き方に関してなのですが、文章を書き始める前に問題文の下あたりに小さくチャートを作っていました。 問題が何を要求しているのかを正確に把握し(必要であれば重要な部分に傍線部などをひきながら)、条件にあった自分の知識をできるだけ書き出します。 そこから因果関係を考えて、個々の単語を接続詞を使って繋げます。だいたいまとまったら実際の解答用紙に簡潔に書いてまとめるという作業をおこなっていました。

慣れてくると、わざわざ書き出すのは時間がかかるので、頭の中でチャートを作ることができるようになります。この方法は、問題の要求から自分の解答がずれてしまわないようにするために有効です。 答え合わせはあまり工夫したことはありませんでしたし、答案は全て先生に提出し添削をしてもらっていました。

解答の確認は読むだけでしたが、解答がどうしてそうなるのか、自分にどんな知識、発想が足りなかったのかを分析するように読んでいました。 必要に応じてノートにまとめるのも手かもしれませんが、私はとにかく多くの問題に触れたかったこともあり(過去問自体は20年分が限度でしたが、代わりに私は2000年以降のあらゆる模試の問題を解きました)、この作業は省略しました。

復習は返却された添削を用いてやっていました。もう一度問題を読みどんな問題だったかを確認し、解答を頭に浮かべつつ自分の添削を見ます。 こちらも見るだけだったのですが、1年分の問題を解き直すだけでもかなりの時間がかかってしまうので、さっと流し読みぐらいでちょうど良いかと思います。したがって解き直しの要素も復習に含まれているので、本格的に解き直しはしていません。

東大地理の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

先にも述べましたが、緯度、経度から具体的な国とは行かなくても、地域がどこかということは押さえておいた方が良いです。 地域の外観を述べさせる問題は、緯度、経度が絡まずともよく出題される問題ですし、具体的地域というよりは「大まかな様子」を書かせる問題が東大は好みます。

関連して地図帳はぜひたくさん活用してほしいと思います。気候、地形と様々な角度から世界を眺めることができ、東大地理対策にはバッチリなテキストです。

やらなくてよかったなあ、と思うことは国を覚えることです。確かに覚えるべき国はいくつかはありますが、それをまとめて地図帳で片付けようとするのは面倒ですし、そんなに頭に残りません。 東大地理の学習を進める中で、その都度覚えた方が無駄がないですし、他の知識と関連づけられて覚えやすいです。

最後に合格したからこそ言える東大地理で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

過去問は使い方どうこうよりも、とにかく解き進めていってください。教科書をただだらだらと読んでいても全く出てこない新しい発見、発想が過去問にはあります。 最初は、何を書いていいかわからない、わかっても字数が余る、オーバーしてしまうという事態に必ず直面します。

それはどんなに良いメソッドがあったとしても自分で実際に繰り返しやらないと絶対に克服できません。 問題を解いて、悩んで、間違えて、直して、また間違えて…。これを繰り返す中で次第に字数がうまく収まるようになり、何を書けば良いかが素早くわかるようになってきます。 とにかく練習あるのみです。頑張ってください!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ