2019年03月28日更新

2017年東京大学文科一類合格者の世界史の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-49.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

東大世界史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

東大世界史の目標点は40点でした。仮に全ての大問が各20点満点だとして、第三問で満点の20点を取ることができれば、大論述と小論述でたった20点取ればいいと考えていました。そこで、一番重要だと思っていたことは、私自身が暗記が苦手というのもありましたが、まずは歴史の流れよりも単語やその説明を必死で覚えるようにしていました。

東大の問題では、流れを覚えた方が良いのではと思う方もいるかもしれませんが、そもそも流れを押さえる上で登場する語句の説明ができないと、歴史の面白みがまるでわからず、したがって暗記も辛いものになりがちです。

まずは、一問一答などを使って論述の基礎知識を頭に蓄積させていきましょう。論述ができないと言う人は案外基礎的なところでつまずいていることが多いのです。

本格的に東大世界史の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

過去問演習を始めたのは夏休み以降で、本格的に始めたのは10月あたりだったと思います。第1問は10年分、第2問、第3問は25年分解きました。 これ以外にも模試の問題を手当たり次第に解きました。こちらはおそらく計20年分にもなると思います。

過去問は何年分解いても良いと思います。同じ知識を使うとしても、問題の問い方によっては難易度がかなり違ってきます。東大の問題は、大論述を始めとしてすぐに使うべき用語がわかるような問題をあまり出しません。

自分でつかうべき用語を判断し、簡潔にその内容をまとめる能力を試すような問題を出します。 その意味で、問題の問い方とその解答を知ることは重要ですので、たくさん過去問やそれに付随する問題を解くことで、どのように解答を作成すれば良いかという勘が付いてきます。

Sponsored Links

東大世界史対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

時期が早い方から書いていきます。高校1年生から最新世界史図説タペストリーを教科書の補助教材として使っていました。図が豊富なので、文字ばかりの教科書でうんざりした時に、こちらを参照すると同じ知識を覚えるにしても、残りやすい情報量が違ってきます。定期テストの得点向上に貢献したと思います。

高校2年から段階式世界史論述のトレーニングを学校から配られましたが、単に世界史の知識が全くなかったという理由で、すぐには始めませんでした。 そして、少しは世界史を勉強し始めた高3の1学期になって論述に初めて挑戦する教材として使いました。

最初は90字ほどの論述なので手軽に始められて、しかも結構出やすいトピックばかり集めているので論述初心者でも無理なく始められます。

高3の1学期に、教科書以外に新たな切り口で世界史を勉強したいと思い、『世界史トータルナビ』を買いました。しかし、教科書と同様に読み物であって、私は読んで覚えるのが苦手だったので結局あまり使いませんでした。問題演習をしていて、わからない用語が教科書にない場合にだけ参照していました。 結局教科書に少し内容が追加されているだけなので、購入はあまりオススメしません。

高3の夏以降に『東大世界史の25ヶ年』を買って少しずつ、まずは第3問から消化していきました。 最初は、第三問であっても苦労しますが、自分の明らかな知識不足を自覚させられて世界史を勉強する大きなモチベーションに繋がった点で言えば、かなり大きな効果を得られた気がします。

「自分にはまだ早い」と思っている人も持っているだけで、「これを解けるようになりたい!」と思え、今まで敬遠しがちだった世界史の勉強も捗るのではないでしょうか。 25ヶ年を買ってすぐに世界史用語集を買いました。これは、過去問の中で教科書に載っていない用語が出てきた時、あるいは大論述で「これをどう説明すれば良いかわからない…」といった時に使っていました。かなり論述を書く際には重宝します。

高3の12月に東進の世界史B一問一答完全版を買って、一日30ページで世界史の最終チェックをしました。もともとセンター対策として購入したものでしたが、二次試験用としても使いました。 特に重要だったのは、一問一答でした。

もちろん過去問も重要ですが、同じ問題はまずでないはずという理由から、一問一答が重要だったと考えています。 「単語が私立レベルで、東大の世界史には不向きなのでは?」と思いがちですが、載っている単語で「これは見たことないな…」と思うものは無視しておけばいいですし、「この単語に関してはもうちょっと説明がいるな」と思えば自分で書き込めば良いのです。

私が言いたいのは、ただテキストに載っているものを覚えるのではなく、自分で取捨選択、追加説明をして「自分だけのテキスト」を作って欲しいのです。 試験会場に何冊も世界史の参考書を持っていけないので、1冊で完結できるような参考書をぜひ作りましょう。

東大世界史の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

練習段階では教科書、用語集を見ながら論述を書いても良いと思っています。何もわからないのに、参考書を見ずに適当に解答を作成しても、なんの練習にもなりません。

教科書等を見ても見当違いな解答を書いていたり、余計な説明を付け足して重要な部分が抜けているということが起こって、なかなか満点は出せません。

自主的に調べることで頭にも残りやすいので、練習ではまずまともな解答を作ることから始めましょう。 答え合わせは、先生に添削を出していました。理由は単純で模範解答が絶対的なものではありませんし、何を含めるべきかということは高校世界史のプロである先生がよく知っているはずだからです。

模範解答は1回目を通すだけで特に重要視していませんでした。 解説も長くてうんざりするものから、短すぎてもはや解説になっていないものまで色々あります。たまに重要なことが書いてあったりもするので、とりあえず読んでいましたが、あまり有効ではありませんでした。

返却された添削を問題と照らし合わせながら、復習を行いました。どの要素が無駄で、そこをどのように変えるべきだったかをよく研究しながら自分の答案を修正できるので、添削で行う復習は効果抜群です。

解き直しは時間の都合上してませんでした。新しい問題を次々に解くのが良いか、1問を完璧にするのが良いかは判断が難しいので、問題の重要度によって自分で決めておこなってください。

東大世界史の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

直結したことはやはり用語、その説明を一つ一つ覚えていくことです。 流れがどうだということ以前に用語がもっとも重要だということを改めて強調します。第3問が完答できるというだけでなく、第2問でもかなり戦えます。

第1問は流れをちゃんと書けてないとほぼ点がないと言われますが、何も書かないよりは指定語句の説明を繋いで解答にする方がましだという考えから、私は入試直前まで一問一答を見直していました。

やらなくてよかったことは、なかったと思います。私にとって本番は、世界史の全範囲の中のほんの少ししか出題されず、正直自分の勉強したことがあんまり反映されなかったというイメージが強かったです。

しかし本番までは何が出るかは全くわからないですし、とにかく自分の知らない知識は貪欲に吸収するべきだと今は思っています。 結果として、自分の勉強した部分が出なかったとしても、最後の最後まで持てる道具を増やしてください。

最後に合格したからこそ言える東大世界史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

過去問に関しては、第3問、第2問、第1問の順番で消化していくと良いと思います。理由は単に量的な問題です。 あと、大論述は50分くらい本番で時間が取れると思いますが、練習段階では1時間半かけてでも自分の満足する答案を作るように努力してください。(小論述に関しても同様です。)

まず、なるべくたくさんの問題に触れてください。そして、復習や用語の確認を絶えずおこなってください。 主体的な学習が世界史の点数が伸びるコツです。ぜひ、最後の最後まで粘り強く頑張ってほしいと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ