2019年03月28日更新

2017年東京大学文科一類合格者の英語の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-48.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

東大英語の各大問の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

大問ごとの目標点は、1(A):7点、1(B):6点、2(A):10点、2(B):10点、3:30点、4(A):3点、4(B):10点、5:15点。

リスニングはさておき私は全ての問題に関して7割ほど取れるように意識していました。 それなりの時間をかけて完璧な答案を作ったと確信していても、どうしても見つけられないミスもありますので、各大問で満点を取ることはかなり難しいと思います。

また、完璧を意識してじっくり問題を解いてしまうと、時間内に全問題を解くことができなくなってしまいます。 それを防ぐために、時間が足りなくなっても各大問で満点を目指すのではなく、時間内にきっちりと終わり各問題でそこそこ点数を取るようにすることで、時間の圧迫による凡ミスも減らすことができます。 一番重要なのは、満点を狙いにいかないということです。

本格的に東大英語の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

他の大学の英文と織り交ぜて東大の過去問も解いていたので、あまり本格的に始めたというような時期はありませんでした。ただ、意識的に東大の問題を解いていったのは夏休み以降のことだったように思います。

25ヶ年に載ってある問題はあらかた解いたので、25年分解いたことになると思います。

過去問ばかりを解くのもアリですが、前述したように傾向が変化しやすいので、過去問だけで完全に今年の東大の問題が解けるようになるとは限らないので、どんな問題が出てもいいように他の大学の入試問題、英字新聞等で根本的に英語力を鍛えていくことも大事です。

よって、特に過去問を何年解くかというよりも、どれだけ英文に触れているかの方を意識して欲しいです。

Sponsored Links

1(A)要約問題の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

教材は駿台、河合、代ゼミの模試の過去問と東大英語の25ヶ年を使っていました。使い方はただ問題を解くだけなのですが、時間を意識して解くようにしてください。目安は10~15分です。

なぜこれらの教材を選んだかというと、形式になれるのが一番良いので過去問、本番の問題に忠実に作られた模試の問題が教材として一番優れていますし、本番通りに時間を制限して解いたほうが緊張感があって集中して練習できるからです。

ただし、過去問を解き始めた段階ではまだ時間を設定してもうまくいかないことのほうが多いです。したがってその場合は、始めの段階では時間よりも答案の質を向上させるために時間を設定せずに自分が納得行くまで答案を練り上げるほうが効果的です。

2(A)(B)自由英作文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

同じく模試の過去問、25ヶ年とともに英作文ハイパートレーニング和文英訳編を使っていました。ただ、他の大学のようにそのまま和文英訳を要求してくることが少ないので、テキスト購入時には東大英作文専用のものを買うことをオススメします。

ハイパートレーニング自体は分野別に分かれており、受験生が間違いやすい点が例文を交えながら詳しく解説されているので、東大自由英作に入る前の準備運動としてやってみると良いかと思います。

ここで注意点なのですが、東大の自由英作文は傾向が変化しやすく、対策が完全にできないという厄介な問題でもあります。

よって、単語や文法で点数を引かれないことがもっとも重要かと思いますので、自習用として参考書を買うのではなく、書いた英作文はぜひ他人に見せるようにして、自分の文法ミスなどを発見してもらうようにするのがもっとも上達の近道です。

添削例がたくさん載っている英作文のテキストもそれはそれでいいのですが、自分の間違いが完全に正されるかどうかはわかりません。

ですので解答例の分量は気にせずに、できるだけ問題がたくさん載っている問題集を購入しどんどん他人に添削してもらう方針を取りましょう。

3(A)(B)(C)リスニングの対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

教材は、赤本や模試の過去問、特にキムタツの東大リスニングを使っていました。

全ての教材に共通する使い方は、1partを2日でこなし計6日、約1週間で1セットが終わるように使っていました。これでも1日30分はリスニングしたことになるので、継続するとかなりの力がつきます。

やり方は、まず問題文に全部目を通します。その次に音声を2回聞きます。目を通すことは、これから流れる音声がどのようなテーマなのかがわかる点でとても重要です。

問題を解いた後色々やり方はあると思いますが、リスニングにあまり時間をかけても仕方ないと思っていたので、とりあえず間違った問題についてどうして間違ったかをスクリプトとその和訳を見ながら確認します。最後にスクリプトを5回声に出して読みます。次の日にもう一度5回読んで1partが終わりになります。

リスニングに関してもやはり東大の問題に即した参考書を買って練習するべきだと思っていたので、上記の教材を使っていました。

第3問全体を練習するのは模試のときだけでいいと思います。なぜなら、3つのリスニングを一気に解くのはかなり時間がかかってしまいますし、とにかく継続が大事なので少しずつ進めないと、三日坊主になりやすいからです。

4(B)英文和訳の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

教材は25ヶ年と模試の問題と同時に、英文標準問題精講を使っていました。

使い方に特出した点はありません。問題を解いて、解説を読み、必要であれば自分に不足した文法事項等をノートにまとめます。

英文標準問題精講をなぜ選んだかというと、解説はあまり載っていないのですがそこそこ手応えのある問題が膨大な量載っており、自習用の教材としてはずっと使えるからです。

この1冊を完璧にできれば、英文和訳についてはどんな問題も太刀打ちできるほどの力がつきます。

5総合問題の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

教材は今までに既出のもの以外に河合塾東京大学英語2物語・小論文を使いました。使い方は問題を解くのですが、時間設定をして問題を解いていました。

おおよそ20~25分を目安にしていました。ただし、1(A)と同じように最初は時間内に解き切ることはまず無理です。

まずは本文をしっかり読解し、じっくり問題を解き切ることが重要ですので、初めは40~50分かけてでも完答するように努めてください。

河合塾東京大学英語シリーズは東大英語を大問ごとに区切って教材にしたもので、私が第5問を時間内に解ききれたことが少なかったので演習量を積むために買いました。

他の大学では小説が出題されることが少ないため、第5問は演習量が不足しがちになります。河合塾東京大学英語2物語・小論文などの専門の問題集を買うことで第5問の練習が効率よく可能になります。

東大英語の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

私は解き方に関して特に意識していたというよりも、とにかく量をこなしていたように思います。一題一題を丁寧に解くというよりは、私は英文を精読せずにおおよその意味を把握して読むことで読解スピードを高める練習していました。

東大の問題は120分でも解き切るのが難しいほどの問題量があります。

ここで重要なのは問題文を全てを時間がかかっても丁寧に理解する力よりも(京大の解き方です)、英文全体が何を言いたいのかを素早く掴む力の方が重要です。

大きく5つある大問の中で3つが完答するよりも、全ての問題を7割ずつ取っている方が合計点は高くなります。

試験はあくまで相対評価ですので、自習以外の模試や本試験では完璧主義にならず、どんどん問題を解き進めるようにしなければ、それなりの点は取れません。

その意味で、速読力をつける目的でもなるべくたくさんの文章に触れ、本文の趣旨をちゃんと理解する練習を積んでください。

東大英語の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

とにかくリスニングはやった方がいいです。リスニングは120点中の30点、つまり試験全体の4分の1を占めるのです!

かつ、訓練さえすれば満点が狙えるといういうなら東大英語の中のボーナス問題といっても過言ではありません。私はリスニングが苦手だと自覚した高2の10月から、キムタツの東大リスニングのbasic(黄色)を少しずつ進めました。

そして高3になっても東大リスニング(赤色)、東大リスニングsuper(ピンク色)を聞き続けました。本番で実際何点取れたかは把握していないのですが、他の受験者よりは取れたのではと思っています。合格者の平均が8割近いと言われるリスニングで差をつけられぬよう、早めの対策を心がけましょう。

やってはいけないことは前にも書きましたが、過去問に固執してはいけないことです。私の友達で、東大の過去問やそれに付随する模試の過去問しか解かずに本番に臨み、不合格になった人がいました。

東大が最高学府であり、東大の過去問を解いておけばなんでも対応できるという考えからその他の大学の入試問題を解かなくなる人がいるのですが、東工大の方が英文としては東大よりも難しいとも言われます。

とにかくこの考えは危険なので持たないようにしてください。

最後に合格したからこそ言える東大英語で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

過去問の使い方にこだわる必要は全くありません。とにかくいろんな文章に触れてください。大学では、英語がより日常生活に入ってきます。

英語で論文を書いたり、会話をしたりと英語が大活躍します。このような授業に入学後すぐに対応できるように入試問題を作成しているはずなので、高校の時点で実用的な英語力をつけてください。

そのためにも、構文理解に徹して終わってしまう受験勉強ではなく、英文全体の言いたいことをなるべく早く正確に掴む力、文章を速読できる力をつける受験勉強を心がけてください。頑張ってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ