2019年03月28日更新

2017年東京大学文科一類合格者の国語の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-48.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

東大国語の各大問の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

大問ごとの目標点は、大問1:20点、大問2:20点、大問3:20点、大問4:10点。

私の高3の時の国語の先生は、大問1で半分、大問2、3で8割、大問4はおまけで半分もらえれば良い方と言って80点近く取るという理想を語っていたのですが、現実はそう甘くありません。

大問1で半分取るのも至難の技ですし、ましてや古典で8割など夢のまた夢です。 また、国語は点数差がつきにくい教科と言われています。私はしたがってむしろ「どれだけ周りと差がつかないようにするか」を意識して目標点を設定しました。

現代文に関しては半分、古典は7割くらいを意識していました。どの教科にも共通しますが、まんべんなく得点するように練習した方が、本番でも安定して点数が出ます。

一番意識していたことは、問題文の要求にちゃんと答えられているかを常に確認することです。もっともなことを書いていても、問題の要求とずれていれば0点ですし、少しでも要求に沿う答えが書ければ部分点はきます。

本格的に東大国語の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

問題を年数単位で解いたことが少なく、あまり具体的な年数が言えません。現代文は30年分ほど、古典は10年ほどだったと思います。 なぜ古典が少ないかと言うと、駿台、河合、代ゼミの模試の過去問を50回分ほど解いたからです。

現代文に関しても模試の過去問は10回分ほど解いたので、合計で国語は40ヶ年分ほど解きました。 過去問は夏休み以降に少しずつ始めました。過去問は何年ぶん解いても足りないと思います。模試の問題もよくできた問題がありますが、実際の問題と比べ難易度のブレが激しいなどの点で明らかに過去問よりも劣るし、過去問以外に適切な教材がなかなかないからです。

傾向が大きく変わった2000年以降の問題の演習は必ず行うようにしてください。東大の過去問を初めて解く場合は比較的1問あたりの問題量が少ない2000年より前の問題を解いてみてください。 東大を意識して作った問題集は文章自体が難しいことも多く、本当の東大の問題とかけ離れている場合もあります。

東大の問題は文章自体は難しくなく、どれだけ文章を理解できているかを試しているので、ぜひ過去問研究をじっくりしましょう。

Sponsored Links

第一問現代文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

使った時期が古い方から書くと、MD、得点奪取現代文、入試現代文のアクセス、現代文読解力の開発講座、生きる現代文読解語、評論文キーワード、上級現代文Ⅱ、東大現代文25ヶ年です。 使った教材が多すぎるので、ジャンル別に使い方を書きます。

まず現代文を読解する上で必要となる語句が載っているテキストが、MD、生きる現代文読解語、評論文キーワードです。これらの参考書は学校単位で購入したものであり、学校で小テストがあってそれに合わせて勉強していました。

詳細は大体1年生の最初はMDを使って、1週間に300~400個ほどの語彙を覚えていたと思います。ただ、これはあまりにも数が多すぎます。2年、3年では生きる現代文読解語、評論文キーワードを1日2~3ページずつのペースで進めました。 独学でこれらの教材を使う場合、英単語同様に1日単語を何数個覚えると決めて、空いてる時間に眺めて覚えるといったやり方がオーソドックスで実践しやすいと思います。

どの教材にも共通しますが、1週間に10~15ページを目安に進めるのがちょうど良いです。あまり1日のうちに詰め込むようなものではありませんので、コツコツやりましょう。

次に問題が載っているテキストが得点奪取現代文、入試現代文のアクセス、現代文読解力の開発講座、上級現代文Ⅱ、東大現代文25ヶ年です。

使い方は問題を解くだけなのですが、今の自分にあった参考書を購入することがもっとも大切かと思います。 難しすぎては本文すら読解できずに面白くもないですし、逆に簡単すぎても特にそのテキストから学ぶこともなく時間とお金の無駄になってしまいます。

程よく問題に骨がある方がやりがいがありますし、きっちり解説まで読むことでかなりの力がつくはずです。最終的に東大の問題が解ければ良いのであり、始めから焦って高難易度のテキストを買っても無意味なことは注意してください。

第二問古文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

使っていた教材が学校販売専用のものばかりで、市販のものがほとんどありませんでした。一応書店で確認が取れた教材が、マドンナ古文、新明解古典シリーズ、東大古典の25ヶ年でした。 単語帳に関しては実践トレーニングを使っていました。

こちらも学校のテストに合わせて勉強していたのであまりオリジナルなアドバイスができません… 単語帳に関しては自分の使いたいように学習を進めれば良いと思いますが、私は単語帳から語句を吸収するのが苦手でした。

そこで、問題演習を重ねるなかでなんども出てきた自分の知らない単語を自然と覚えるようにしていました。 何度も出てきたものは勝手に覚えてしまうものなので、超基本的な単語だけ覚えて、本文がある程度理解できるようになったら、こちらの方法を取ってみるのもアリかもしれません。

単語帳に載っている全ての単語を覚えずとも東大古文はある程度解けます。文法事項や古典に親しむ目的でマドンナ古文、新明解古典シリーズを使いました。これは古典初学者や古典が苦手な人にオススメなテキストです。一つ一つの量が小さく、基本的に読み物なので暇な時に少しずつ進めることもできます。

問題演習用のテキストとして、25ヶ年を使っていました。使い方は特にありませんが、一問一問がよくできた良問ばかりなので繰り返し解いても価値がありますし、解答例が完璧なものでないことも多いので、より良い解答を研究してみても力がつきます。

第三問漢文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

漢文も学校販売専用のテキストを使用していました。市販のものは得点奪取漢文と25ヶ年だけでした。 漢文も読解に必要なキーワードがたくさん載ったテキストが必要になります。

私は学校販売専用のものを使っていたので、具体的な教材を紹介できないのですが、この種のテキストは高1から高3まで使います。なぜなら、基本的な語句が知識として抜けていると致命的な読解ミスに繋がりますので、なんども知識を確認しておく必要があるからです。

漢文は基礎知識を固めるとある程度問題が解けるので、問題演習はどんどん早いうちからやりましょう。得点奪取漢文と25ヶ年等の演習を重ねましょう。 解き方、使い方については特にコメントすることがありませんが、注や本文の導入をしっかり読む習慣はつけておきましょう。

第四問現代文対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

基本的に大問1で使用していたもので十分対応力がつきます。なので、特にテキストに関しての解説はしません。 ただし問題の性質上、高得点が望みにくい「おまけ問題」であることは覚えておいても良いかもしれません。

毎年ジャンルは変動しますし、何を答えたら良いかわからない問いも多く存在します。 したがって、ここでの高得点を狙って多くの勉強時間を割くより、大問1でしっかり点が取れるように勉強計画を立ててください。大問4は過去問による演習で十分です。

東大国語の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

解き方に関してですが、私はどの問題も1回本文を全部読みきってから問題を解くようにしていました。これは、1回本文を読んで本文全体が何が言いたいのかを理解して問題を解いた方が解きやすいと言うのもありますし、解答要素になる部分が傍線部より後ろにある場合もあり、その漏れを防ぐためでもあります。

答え合わせは自分でできないと思っていたので、解き次第どんどん先生に添削をお願いしていました。(ただし、解説はじっくりと読んで、模範解答も確認はしていました。)添削が返ってきたらもう一度解説を読んで自分の解答を磨きます。 これだけで復習、解き直しもできて、自分の悪い癖なども自然と治ってくるので、先生などに添削を積極的に添削を出してみるのも良いでしょう。

東大国語の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

点数に直結したことは特になかったと思います。問題文が丸々模試の問題と同じということは滅多にありませんし、出題される漢字、古文単語等も予測不可能です。国語に関しては、日々問題演習を重ね、漢字や古文単語もきっちりと勉強することでしか得点に繋がらないのではと思っています。

ただ重要なのは「今の自分のレベルにあった問題をちゃんと解いているか」ということです。優しすぎる問題を解いてもそこから得られる経験値は少ないですし、逆に難しすぎる問題を解いても解答が出来上がらずに自分のレベルを必要以上に低く見積もってしまう場合があります。

解いていて「問題に骨はあるけれども、ちょっと辛抱して考えてみるとなんとか答えは書けた!」といった問題の方がやりがいがありますし、ある程度自信のあった答えが全くデタラメだったとわかっても、「模範解答に近づくために今の自分に足りないものは何か?」を考えて、次回は少しでも模範解答に近づけるよう頑張ることが自然とできてしまいます。

国語は小さな積み重ねによって、少しずつ点数が上がるものです。どのように国語は勉強したら良いのかがわからない受験生が多いのは、巷に出回る、ある程度評判のあるテキストを自分のレベルも考えずに買って、点数が伸びなかった、あるいは途中で挫折してしまう結果、いよいよ国語を得意にする手段を失ったと思ってしまうからだと思います。

たとえ優しくとも自分のレベルにあったテキストを買って、少しずつステップアップしていくしかないのです。決して跳躍してはいけません。

最後に合格したからこそ言える東大国語で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

上でも述べましたが、東大国語の攻略方法に近道はありません。漢字や古文単語で鬼のように難しい問題が出ることはありませんし、問題文は決して読めないものが出題されることはまずありません。過去問演習をしっかり積んで、先生に添削を出して自分とは違う意見も取り入れつつ、学習を続ければ得点できるようになります。

模試などは、問題も難しいですし、採点も正直いい加減なところが多いと聞きます。実際の採点は、複数の教授が回し読みをするそうなので、模試の結果はあまり気にせずに謙虚な姿勢で受験勉強を続けていってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ