2019年03月28日更新

2017年東京大学文科三類合格者の数学の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-47.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学文学部
出身高校
沖縄県私立興南高校
センター試験
英語 200点 / 数I・A 91点 / 数II・B 97点 / 国語 168点 / 世界史 91点 / 地理 83点 / 化学基礎 46点 / 物理基礎 46点

東大数学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標は現役、浪人共に2完(4題中2題完答)の40点でしたが、実際の点数は現役時で51点、浪人時で61点と、その目標を上回りました。

目標達成のために大切だと感じたことは、完答できる大問を見極めることです。 数学が苦手でも、できる問題をしっかりと解けば50点を超えられます。ある程度記述問題に対応できる実力がついたら、「どの問題を解いて、どの問題で部分点を狙い、どの問題を捨てようか」という選択をとる練習をしましょう。

本格的に東大数学の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

僕が過去問対策を始めたのは主に夏休みからです。『東大数学で1点でも多く取る方法 文系編』に収録されている、約15年分と最新の問題数年分がちょうどいい分量で、取り組む時期は僕と同様夏休みからで良いと思います。

夏休みにこの問題集をおよそ一周しても、なかなか解けるようにはならないはずです。しかし、夏に1周してその後9月、10月でもう1周程度することで自分の解きやすい分野、解きにくい分野が発見できます。

そのあと11月、センター試験後で重点的に取り組む分野、そうでない分野の演習に取り組めるため、可能であれば夏休みから過去問を解き始めてほしいです。

数学が得意であればもっと早くから取り組んでもいいかもしれませんが、苦手な方はそれまでしっかりと基礎固め問題集をこなした上で過去問を解くべきだと思います。 そうでないと、解説を読んで理解するのが難しく、実力がつきにくくなるからです。また、90年代の問題は難問も多くなりますので、2000年以降の問題に太刀打ちできるようになれば力試しで遡ってみるのも良いでしょう。

Sponsored Links

東大数学対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

高1から高3の春まで、浪人時代の春はもっぱら青チャート1A2Bを使っていました。その後現役と浪人の夏に『文系の良問プラチカ』を使い、秋以降は『東大数学で1点でも多く取る方法 文系編』を使いました。

特に重要だったのは1番最後にあげた問題集です。この問題集は東大の過去問を約15年分収録し、苦手でも確実に部分点を稼げる方法で解説を進めています。「こんな解法思いつかない!!」と嘆くことも少なく、微積や確率漸化式など頻出形式の典型解法も詳しく説明されて、とても便利でした。 これを3周程度繰り返すことで、典型問題、頻出問題をしっかり解き切る力を身に付けることができます。

東大数学の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

解説を読んで理解する際、自分では思いつかなかった解法や、難しい計算が出てきたら、自分で手を動かして式を解くようにしていました。そうすることで、「わかったつもり」になることを防ぎ、類題を解く際も知識を応用させることができました。

文系数学はパターン化されることが多いため、1つの問題をよく理解して同じ解法をいつでも引き出せるようにすることが重要ですので、量より質を意識してください。

東大数学の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

やったほうがいいことは、実践形式で解くことです。模試の過去問などを用いて、100分で4題解く練習をしましょう。この際、始めから解くのではなく、「どれが解けるのか」を意識した上で、完答数にこだわって演習をすると良いです。

どの問題セットでも2題は解けますので、見極めができるようになれば本番も落ち着いて解くことができます。後悔していることは特にありませんが、強いて言うなら全くわからない問題を無理に自力で解こうとするのはよくなかったかと思います。

1、2年であれば積極的に考えてほしいですが、受験生は「15分手が止まったら答を見る」といったように、一定のルールを決めるのも大切だと思いました。

最後に合格したからこそ言える東大数学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

東大文系は数学ができればかなりのアドバンテージになります。 初めは模試でもなかなか点が取れなかったり、過去問も手が出ないかもしれませんが、過去問を繰り返し解いていくことで徐々に慣れて、微積や確率など頻出問題が解けるようになってきます。

苦手であろうと基礎固めと演習で2完、3完できるようになれるので、焦らず対策を進めていきましょう!頑張ってください!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ