2019年03月28日更新

2017年東京大学文科三類合格者の世界史の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-46.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学文学部
出身高校
沖縄県私立興南高校
センター試験
英語 200点 / 数I・A 91点 / 数II・B 97点 / 国語 168点 / 世界史 91点 / 地理 83点 / 化学基礎 46点 / 物理基礎 46点

東大世界史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標点は45点でした。その達成のためには、基礎知識が問われる第2問、第3問で満点近い点数をとることが重要だろうと感じました。 センターレベルの知識でも、それを満遍なく記憶するのはとても大変ですが、東大世界史ではこの基礎力が主に問われますので、基礎を侮ってはいけません。

本格的に東大世界史の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

僕は現役時代に25年、浪人して新しい3年、計28年分、得られる過去問は全て解きました。始めた時期は現役時代が11月、浪人時代が夏休み以降です。たくさん解いてよかった点もありますが、実際には知識を補強するために10年分解き、実践演習で3年分程度解くだけでも十分だろうと思います。

しかし、塾に通っていなかったり、あまりたくさんの問題に触れる機会がなければ過去問を問題集がわりに使うのもありです。世界史はどの問題を解こうと内容は変わらないので、あまり過去問に固執せず、授業で使う教材や他教科との兼ね合いを考えて取り組んでほしいです。

Sponsored Links

東大世界史対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

東大対策で使った参考書は主に東大の世界史25カ年と、河合の東大模試の過去問です。基本的な論述では『段階式 世界史論述のトレーニング』を高3の9月に使いました。

世界史はどこまで古い年度の問題を遡っても基本的に内容は変わらないので、東大の過去問を問題集のように利用し、知識をつけました。そうしたことで、東大で頻出の範囲を抑えることができるので、可能であれば90年代の問題も解くことをオススメします。

東大世界史の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

過去問を解く際は必ず教科書、資料集、用語集の「三種の神器」で調べながら書きました。この「三種の神器」には、東大の入試に必要な知識が全て載っています。 あやふやな知識で書き出すよりも、一旦調べたうえで最高の答案を書くことを意識し、センター試験が終わるまでは自分の知識だけで答案を作ることはしませんでした。

きちんと調べる中で何度も教科書の記述に目を通すことで、その周辺知識も同時に覚えることができます。 世界史は暗記事項が莫大であるため、過去問を使う際も周辺知識も取り入れながら勉強することをオススメします!

東大世界史の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

やってよかったことは論述ノートを作成したことです。模試の過去問や東大の問題を解いた後、解答に世界史の重要語が多く登場したり自分が覚えにくいと感じる歴史事項が載っていた場合はノートにまとめました。

問題と解答を上段に書き、下段に関連事項や教科書の記述を書いておくと、模試や入試の直前に非常に役立ちます。実際、僕がまとめた内容が本番にも出題され、「やってよかった」と心から思えました。

後悔したことはありませんが、ノートにまとめる際一定の基準を設けたことは重要だったと思います。闇雲にまとめたら時間がかかりすぎるため、注意してください。

最後に合格したからこそ言える東大世界史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

東大世界史はとても難しかったです。かなり学習時間をとって勉強しましたが、目標を達成することはできませんでした。しかし、世界の歴史を俯瞰的にみて類似点を探したり、冷戦など複雑な勢力図を理解できたことで、より一層ニュースや本で得られる情報が増えました。

各国が抱える政治的問題や民族紛争の裏には世界史で得た知識が原因にある場合も多いですが、必ずしも大学でそれらを細かく学ぶ機会はありません。入試を良い機会として、難しくても地道に暗記、理解を進めることで、大学に入った後にも役立つ教養を獲得してほしいです。頑張ってください!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ