2019年03月28日更新

【センター英語】2017年お茶の水女子大学生活科学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-14.jpg
年度
2017年(現役)
入学
お茶の水女子大学生活科学部
合格大学
日本女子大学家政学部
芝浦工業大学建築学部
出身高校
静岡県県立藤枝東高校
センター試験
英語 166点 / 数I・A 81点 / 数II・B 83点 / 国語 171点 / 化学 68点 / 物理 81点 / 地理 63点

センター英語の目標点と目標点の達成に1番重要だと感じていたことを教えてください。

志望校のボーダーと自分の模試の結果と照らし合わせて160点くらいが目標でした。

私は問題の英文を読むことに時間をかけすぎてしまうことがあり模試では配点の高い最後の問題を時間が足りなくて勘でマークしてしまうことが何度かあったので、時間内にすべて解き終わることが最大の課題でしたね。そのために時間配分や読むスピードにはとても気を遣っていました。

センター英語の本格的な対策はいつから始めましたか?使用した参考書・問題集と対策方法について教えてください。

センター対策用の問題を解き始めたのは12月です。学校の授業で演習が始まったのでそれに合わせて自分の学習もセンター対策に切り替えました。

教材は学校で配られた予想問題を短い時間でも集中して解くために2パートに分けて(第1,2,3問と第4,5,6問)1日に1パートずつ、時間を自分が目安にしている時間で測りながら解き、毎日英語を読むことを心掛けてました。

Sponsored Links

センター英語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。

私は第1~4問を解くのに時間があまりかからなかったので、第1問から順番に解いて、第5,6問に残った時間をゆっくりかけられるようにしていましたね。

時間配分は第1問(5分)第2問(10分)第3問(15分)第4問(15分)第5問(10分)第6問(15分)でいつも時間いっぱいで解いていました。時間はほとんど余らなかったので見直しは文法問題と解いててあまり自信がなかったところを見れるか見れないか程度でした。

センター英語の第1問・第2問の対策・解き方を教えてください。

第1問は発音アクセントの問題ですが、発音アクセントにはルールがあり、センターではその例外ににあたるものが問われやすいので、その例外の中でも代表的なものをまず覚えてから、問題を解き、間違えたものを1つ1つ覚えて対策しました。

私は直前にこのやり方で対策しましたが、普段から単語を覚えるときに発音とアクセントをセットで覚えていくと直前にあまり苦労しないはずです。

第2問はとても苦手だったので、問題集を解いて間違えたものを第1問と同様に1つ1つ覚えていき、3回以上間違えたものはノートにまとめていました。

センター英語の第3問・第4問の対策・解き方を教えてください。

不要な文を除く問題は時間をあまりかけたくなかったので、1回読んで答えられるようにポイントになりそうなところは丸で囲むなどして目印をつけていました。

説明文書の読み取りは、一通り軽く図や文章を読みポイントになりそうなところに目印をつけておき、問題と選択肢をよく読み問題に対応する文章のみをもう一度読み直しました。細かく読みすぎると時間が足りなくなってしまうので、問題を読んでから文章を読むといいと思います。

センター英語の第5問・第6問の対策・解き方を教えてください。

第5,6問は設問と問題文の順番がリンクしているので、まず問1を読んで本文を読み、問1の答えに該当するところがあったら問題に答え、問1を答えたら問2を読んで本文を読み、問2の答えに該当するところがあったら問題に答え…という風にやっていました。

英文を全文読んでから問題を解いていたときは、問題を解くときに英文を読み返すことがあったのですがこのやり方にしてからは見返すことがなくなり時間短縮につながりました。

最後にセンター試験を終えた今だから言える高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

私は英文を読むときに集中力が切れてしまい、英文を読むのに時間がかかってしまい100分で解ききることができないときが何度かあったので、集中力を保つことが大切だと思います。

そのために演習は長く継続して行うよりも少ない量を集中してやるようにしていました。演習をたくさんして問題や時間になれるといいと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ