2019年03月28日更新

2017年東京大学文科三類合格者の世界史の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-46.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科三類
合格大学
立教大学法学部
慶應義塾大学商学部
早稲田大学文学部
早稲田大学法学部
出身高校
埼玉県私立本庄東高等学校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 97点 / 数II・B 88点 / 国語 161点 / 世界史 97点 / 地理 82点 / 生物基礎 47点 / 化学基礎 44点

東大世界史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

第一問の大論述で10/20、第二問の小論述で10/20、第三問の一問一答で20/20、合計40/60を目標としていました。そのためには、まず用語の意味や背景を覚えること、そして用語と用語の繋がりを理解することが一番重要であると感じていました。

第一問の大論述では、「以下の用語を必ず用いて、○行以内で記述しなさい。」とあるように、提示された用語を使って記述しなければなりません。しかし、その用語の意味や背景が分からなければ、使い方も分からないですよね。だからこそ、基本的な用語知識を詰め込むことを重視しました。

本格的に東大世界史の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

授業が一通り終わった10月頃から、本格的な対策を始めました。第一問・第二問・第三問ともに15年分解きました。色々なパターンに触れて場数を踏むことで、本番でも落ち着いて解くことが出来ます。どんなに世界史が苦手でも、最低10年分は解く必要があると思います。

Sponsored Links

東大世界史対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

用語を覚えるのには、『詳解 世界史用語辞典』(三省堂編修所 編) を3年の4月から10月にかけて使いました。具体的には、1周目に用語を緑のペンで塗って、赤シートで隠せるようにして、2周目に用語の説明の重要なところをまた緑のペンで塗って、赤シートで隠して覚えました。

しかし、ページ数が多いので、はじめから順番にやっていくと萎えてしまう方もいるでしょう。そこで、自分が興味を持ったところから始めるのをお勧めします。こうすることで、無理なく学習出来ます。

また、第一問対策には教科書 (東京書籍・山川出版社) を使用していました。驚く方もいるとは思いますが、教科書にはある出来事と別の出来事との繋がりが詳しく書かれているのです。

教科書の文章を引用すれば、第一問がほぼ埋められる、ということもしばしばあります。早稲田大学の法学部の論述問題の対策にもなるので、一石二鳥です。

また、過去問演習には、基本的に『東京大学文科 2017年版大学入試シリーズ』(教学社) を使いました。いわゆる「赤本」です。なぜなら、他の出版社からも東大の過去問が出ていますが、赤本の模範解答が一番参考になると感じたからです。予備校各社が出している過去問は、解答として書きにくいものが多い印象があったので。

東大世界史の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

第一問の答え合わせをする時に、模範解答の文章を見て、どの要素が入っていればOKなのかをチェックしました。この要素は設問文の前にあるリード文と対応している場合が多いので、対応している部分に線を引きながら、考え方の型を身につけるようにしました。

また、解き直し専用のノートも作っていましたね。設問ごとにページを分け、左ページに問題のコピーを貼り、右ページに自分の答案・模範解答・間違えた理由・解説を書き込みました。

東大世界史の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

解き直しノートを本番前に見返すことは、やった方が良いと思います。「今まで自分がやった問題の類題が、本番で出た」というのはよくある話です。

やらなくてよかったと後悔していることは、学校の平日補習を受けることです。通常授業だけでも意外と体力を使うもので、補習の後体調を崩してしまいました。学校の補習は自由参加であれば無理しすぎない程度に参加するのが良いと思います。

最後に合格したからこそ言える東大世界史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

第一問を見ても分かるように、世界史はハードルの高い科目です。しかし、それほど気負う必要はありません。用語を理解し、自分で文章として組み立てる時に正しく使えれば良いのです。まずは基礎に戻って、教科書や用語集で出来事の繋がりを確認するのが良いと思います。この記事が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ