2019年03月28日更新

2017年東京大学文科三類合格者の数学の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-45.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科三類
合格大学
立教大学法学部
慶應義塾大学商学部
早稲田大学文学部
早稲田大学法学部
出身高校
埼玉県私立本庄東高等学校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 97点 / 数II・B 88点 / 国語 161点 / 世界史 97点 / 地理 82点 / 生物基礎 47点 / 化学基礎 44点

東大数学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

いくら文系数学とはいえ、東大の数学はハイレベルです。他の教科との兼ね合いも考えて、40/80点を目標にしていました。いわゆる2完(大問2問完答)分の点数です。

そのためには、突破口が見つかりやすい、比較的解きやすい問題と、ある意味「ひらめき」が求められ、解きにくい問題を見分けることが重要だと感じていました。

本格的に東大数学の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

数学は苦手科目で、大学入試としての基礎を完成させる(具体的には、青チャートの問題文を見ただけで解答の方針がスラスラ立てられる)のが遅かったので、高3の11月頃から始めました。

2000年以前の問題だと、数学IAIIBでは範囲外の複素数平面や行列を使わないと解けない問題があるので、16年分解いていました。どんなに数学が得意な人でも、問題形式を頭に刷り込ませるために、少なくとも10年分は解く必要があります。

Sponsored Links

東大数学対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

『新課程チャート式基礎からの数学I+A・II+B』(数研出版)を使いました。いわゆる青チャートですね。基礎的な公式を大学入試レベルまで応用させるために、EXERCISE(章末問題)をまずやりました (高24月頃〜高29月頃)。

数学は積み重ねの科目なので、少しでも怪しいなと思う知識があれば、青チャートを使って復習するのが良いでしょう。青チャートが一通り終わったら、『大学への数学 1対1対応の演習』(東京出版)をやりました (高210月頃〜高31学期)。しかし、これはあくまでテクニック集なので、1~2周したらもう過去問演習に移って構いません。

東大数学の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

問題を見てみても全く解答の方針が立てられなかったので、まずは解答を見て、方針の立て方を学びました。それはズルではないかと思う人がいるかもしれませんが、基本的な解答方針の立て方が分からなければ、いくら自分で考えて悩んでも時間の無駄です。

例えば、「放物線とただ1点を共有する直線の方程式→微分を使う」といったように、解答のパターンが問題文を見ただけで頭に浮かぶようにしましょう。

東大数学の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

自分のケアレスミスのパターンを把握することは、やった方が良いです。どのようなミスをしやすいのかを意識することで、本番でも瞬時にミスに気づくことができます。やらなくて良かったと後悔していることは、模試の過去問を解くことです。東大模試は本番の入試よりもハイレベルで、やっているうちにモチベーションが下がってしまうのでおすすめしません。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ