2019年03月28日更新

2017年東京大学理科二類合格者の国語の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-45.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学理科二類
出身高校
神奈川県私立浅野高校
センター試験
英語 198点 / 数I・A 80点 / 数II・B 90点 / 国語 173点 / 化学 69点 / 物理 87点 / 地理 72点

東大国語の各大問の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

大問ごとの目標点は、大問1:20点、大問2:12点、大問3:14点で設定していました。

理系国語は一般的に40点くらいがだいたいの目安だと聞いていたので、他の科目での失敗を想定して、それより少し高めの目標を設定しました。国語の中では漢文が比較的得意だったので、漢文の目標点は少し高めにしていましたね。

本格的に東大国語の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

現代文は林先生の授業、古文、漢文は学校の授業で過去問を用いていたので、時期的にいうと高3になったあたりから過去問対策を始めましたね。トータルで10年分くらいは解いたのではないでしょうか。

現代文に関していうと、今の形式と2000年代以前の形式はだいぶ異なる部分があるので、あまり遡る必要はないと思います(今年また若干形式が変わりましたが…)。

古文、漢文に関しては、今と昔でそれほど形式に変化は見られないので、時間に余裕がある人はある程度遡ってみてもいいかもしれません。基本的には10〜15年分くらいが目安だと思います。

Sponsored Links

第一問現代文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

僕の場合、現代文の対策は東進東大特進コースの林修先生の授業だけで完結させました。理系科目になるべく時間を割きたかったため、国語の対策は最低限に絞ろうと思ったんです。

林先生の授業は(センター国語の記事でも書きましたが)、それまで漠然としていた現代文に対する意識を改めさせて下さいましたね。詳しくは、実際に授業を受けてみることをオススメします(宣伝みたいになってしまってすいません、決してそのようなつもりではないです)。

第二問古文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

これもセンター国語の記事で書いたことなんですが、古文の対策は基本的に学校の授業だけで完結させました。上と同じく、なるべく対策に時間を割きたくなかったためです。学校の授業を活用することはかなりオススメです(特に理系の方)。

学校の授業でそういう対策をあまりしてくれないという人は、いろいろな参考書に手をつけるよりも、1冊の参考書(記述対策に特化したもの)を徹底的にこなす方が得策だと思います(すなわち、なるべく時間を割かないようにするということ)。文法や単語などの基本知識を身につけることもおろそかにしないようにしましょう。

第三問漢文の対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

古文と同じく、学校の授業を活用していました。東大の漢文は、一部の例外を除いて、難しい題材が出されることはあまりないので、いかに基礎(句形など)に抜け目が無いようにするかが重要です。

漢文は国語の中で最も費用対効果が高いと言える分野ではないでしょうか。理系の人は論理的思考に長けていると思うので、漢文は一番得意にしやすいと思います(論理的に書かれた文章が多いため)。

東大国語の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

国語は、数学や理科のように未習分野があると解けない問題があるということがあまりないので、早い時期から過去問に入っても問題ないと思います。むしろ東大の過去問は演習に使うのにもってこいで、変に他から演習素材を探してくるよりも効率がいいかもしれません。

また、予備校や参考書の解答を安易に鵜呑みにしないようにしましょう(批判をするつもりはないですが…)。国語に関しては、予備校や参考書によって解答がかなり違ってくるので、1つの解答のみ参考にするのではなく、いろいろな解答を照らし合わせながら、いいとこ取りしていくのが望ましいと思います。

東大国語の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

東大国語はやはり、その解答欄が特徴的だと思います。解答欄の「使い方」に慣れておきましょう。僕は解答の字数が多くなってしまうことがままあったので、普段から、字を潰して横長に書くなどの工夫をしてなんとか収める練習をしていました。普段から原寸大の解答欄を使用して練習するのが望ましいと思います。

ちなみに、字数が多すぎるなどの理由で減点されることはまずないと思います。後悔している対策については特にないですね。

最後に合格したからこそ言える東大国語で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

過去問や対策について言いたいことは上で述べました。加えて国語は東大入試の中でも、それほど時間配分がきつくないので、ある程度心に余裕を持って試験に臨むと良いと思います(時間割的にも最初なので、その後の試験のことを考えても…)。

最後に、理系で国語を苦手意識している受験生は多いと思いますが、国語は一度軌道に乗ってしまえば割と安定する科目だと思うので、ぜひ最低限の労力で目標点を達成できるよう、頑張ってください!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ