2019年03月28日更新

2017年日本大学法学部合格者の『政治・経済一問一答―完全版』の使い方・活用法

the-study.jp_2019-03-28_12-53-45.jpg
年度
2017年(現役)
入学
日本大学法学部
合格大学
東洋大学法学部
出身高校
北海道私立北海高校
センター試験
英語 154点 / 国語 120点 / 政治・経済 88点

政治・経済一問一答―完全版を使い始めたきっかけを教えてください。

使い始めたのは高3の4月です。参考書を探している時に東進の参考書があり、それを購入しました。高校入試の際にも、東進の参考書を使っていたのですがその参考書が見やすく、押さえなければならない点が網羅されており、当時伸び悩んでいた成績が一気に上がって、無事に第一志望の高校に受かることができました。

大学入試の参考書でも東進の参考書を使えば実際の入試で高得点をとれるようになるだろうと期待し、この参考書を選びました。

日本史と政治経済両方の一問一答を購入し、暫く両方取り組んでいましたが、私は政治経済の方が興味が湧いてきて政治経済に絞りました。

政治・経済一問一答―完全版の使い方(ペース・解き方・復習の仕方など)を教えてください。

本書は、文章があって途中で用語を穴埋していく箇所と文中に文字が赤くなっている箇所があります。まずは穴埋めになっている用語をしっかり覚えることから始めました。

本文中で赤くなっている箇所はいつそのことが起きたかなどの用語に関することが書かれていますが、それもしっかり覚えました。用語を単に暗記しているだけのような実力では実際の入試には対応できません。

実際の入試では記述問題もでますし、センター試験でも用語に関する周辺知識を問うものが出るため、単語だけを覚えるだけでは足りないのです。私は付属の赤シートを使用し、大体1日1ページから2ページ進めていました。そして政治の範囲を1章進めたら次は経済を1章進めるなどバランスを考えて取り組みました。

翌日に参考書を開く際、前回やったところの復習を欠かさず行い、間違ったところにはチェックをつけてできるようになるまで何日も繰り返しました。あとは参考書に書いてあることを定着するまで何度も繰り返し、私は入試直前までこの参考書を20周ほどしました。

Sponsored Links

政治・経済一問一答―完全版はその後の受験勉強でどのように役立ったか教えてください。

私は政治経済を3年生になって初めて学びました。元々時事問題やニュースに興味があったのでその知識のおかげもあり最初からマーク模試の偏差値が50あったのですが、この参考書を繰り返し読むことで政治経済を最も得意な科目にすることができました。

実際の模試の問題を解いてる時もうろ覚えだった知識を正確に答えられるようになりました。例えば「リーマンショック」という言葉は聞いたことありますよね。しかし何が原因で起こったか、世界にどんな影響を与えたか説明することは簡単ではないと思います。

そのような知識をしっかりと身に付けなければなりませんが、この参考書でしっかりと学ぶことが来ました。また参考書を5~6周読むことによって、徐々に知識増やしていき、様々な問題に対応することができるようになりました。その結果、マーク模試で60から70で安定し始めてセンター試験本番でも8割と得点源にすることができました。

政治・経済一問一答―完全版を時期や偏差値を考慮して解くべき人と解くべきでない人を教えてください。

政治経済を初めて学習する方にお勧めします。覚えておかなければならない知識の大部分が網羅されているのがこの参考書の特徴です。

政治経済は知識を問う問題のほかにも経済成長率やリカードの比較生産費説などの計算問題もありますが、その解説もあり、充実しています。この参考書の知識をしっかりと覚えていればセンター試験から2次試験や私大入試でも大半の問題に対応できるようになるでしょう。

しかし早稲田大学などマニアックな問題が多く出題される大学は本書に掲載されていない問題が少なからずあり、マニアックなこともしっかり覚えたいという方にはお勧めすることができません。

政治・経済一問一答―完全版の効果とより効果的に使うにはどうすれば良いか大学受験を終えたからこそ言えるアドバイスをお願いします!

私はこの参考書を使いながら1年政治経済の勉強をしてきましたが、この参考書で出ていた内容は完璧に抑えることができました。しかし書いてない知識については試験で対応することが難しかった記憶があります。

模試や過去問で参考書に書いてない知識に出会ってもそれを覚えなかったことを後悔しています。参考書に加えて、模試で自分の知らない知識を補完するのが良いでしょう。

先にも触れましたが実際の入試は一問一答の知識だけでは通用しません。用語やそれに関連する出来事、出来事の順番、その出来事は何をもたらしたかをしっかり覚えることはどの社会の科目でも重要だと言えます。

政治経済には他の社会科目にはない計算問題があり他の社会科目よりは少し大変な部分もあります。まずは用語や公式をしっかりと覚えてそれを模試や過去問に使えこなせるようになるまで繰り返してやることが大切です。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ