2019年03月28日更新

2017年東京大学理科二類合格者の化学の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-44.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学理科二類
出身高校
神奈川県私立浅野高校
センター試験
英語 198点 / 数I・A 80点 / 数II・B 90点 / 国語 173点 / 化学 69点 / 物理 87点 / 地理 72点

東大化学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

東大化学はその問題量の多さから時間配分がきつく、もう一方の科目(物理)との兼ね合いから、せいぜい40点くらいが現実ラインだと考えました。

基本的な知識問題(語句補充、知識で解ける記述問題)を取りこぼしなく解くことができれば、半分弱は取れる(はず?)と思っていたので、知識に抜け目がないようにすることを最優先にしました。 それに+αで計算問題を何問か解ければ、十分目標点に達すると考えました。

本格的に東大化学の過去問対策を始めた時期と過去問を何年分解いたか、何年分解くべきか教えてください。

学校の授業で過去問を解き始めたのが10月くらいだったので、対策を始めたのはその頃ですね。総じて10〜15年分くらいは解きました。 東大化学は今と昔で難易度にだいぶ違いが見られます(昔出題された当初は目新しい題材だったものが、時間の経過とともに今では標準的な問題になっていたりする)。

ですから昔の問題を解いたときに、思ったより簡単だと誤解することのないように気をつけましょう(具体的には大問がI、II…と分かれるようになった年度の前後がおおよその境界だと思います)。

Sponsored Links

東大化学対策で使用した主な参考書、合格につながったと思う参考書とその使い方と効果を教えてください。

辞書的な役割として『化学の新研究』(三省堂)は重宝していました。また、駿台の授業テキスト(高3スーパーα化学、夏期講習の化学特講Iなど)で必要かつ十分な演習を積みました。

また、東進東大特進の東大化学のテキストは問題だけでなく、豊富な資料が参考書として活用できるのでかなり役立ちました。センター後から入試までの時期はこのテキストを使って知識の最終確認をしていたので、一番お世話になったかもしれませんね。

東大化学の過去問の使い方(解く、答え合わせ、解説の確認、復習、解き直し)で合格につながったと思うことを教えてください。

これは理科全般に言えることですが、演習の際、解答用紙は実際のものと同じものを使うべきだと考えました。 東大理科の解答用紙は罫線が引かれているだけというかなり特殊なものなので、解答用紙の使い方に慣れておく必要があると思ったためです。

僕の場合は第1問、第2問(表面)は縦に2分割することで、紙面を効率良く使うようにしました(そのまま使うと無駄に空白ができたりして最終的に足りなくなる可能性がある)。第3問はそのままでも問題ないでしょう。

それに関連して、解答用紙の使用法は自由なはず(注意書きに反していなければ)なので、問題の解き順が入れ替わっていても特に問題はないと思います(例えば、途中にある計算問題はとりあえず飛ばして最後の方の知識問題や記述問題を先に片付けるなど)。

東大化学の過去問対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

自分ではなく友人の体験談なのですが、去年まで第3問に有機の問題が配置されていたのが、今年になって第1問になった影響で、有機から解くと決めていた友人は真っ先に第3問から解こうとしたところ、有機でないことに気づきかなり困惑したそうです…。 つまり形式や傾向の変化が往々にして起こるのだということを忘れずに、ということですね。先入観にとらわれることが一番恐ろしいことです。

また、今回のテーマに関わることですが、僕は普段の演習の時でも本番でも、まず知識だけで解ける問題を全て片付けてからその他の計算問題等に取り組むようにしていました。そうすることで最低限の点数は確保できるはずですし、精神的な安心感を得ることもできます。

最後に合格したからこそ言える東大化学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

今年はかなり問題量が減りましたが、例年通りなら東大化学は膨大な問題量となるはずなので、時間配分には十分注意しましょう。 具体的には煩雑な計算問題にハマって時間を浪費してしまうのは非常にもったいないです。計算問題といっても問題数から考えてせいぜい2点くらいのはずなので、本当に解き切るべきかどうか慎重に判断しましょう。

要するに計算問題の全てを解き切る必要は必ずしもないということです。最初にも言いましたが、東大化学は基本問題(知識問題)だけでもそこそこ点数を稼げると思うので、まずは基本的知識を万全にすることを心がけ、効率良く点数を稼ぐことを目指しましょう。

最後になりましたが、皆さんの合格を心より願っています。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ