2019年03月28日更新

【センター物理基礎】2017年東京大学文科三類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-37.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学文学部
出身高校
沖縄県私立興南高校
センター試験
英語 200点 / 数I・A 91点 / 数II・B 97点 / 国語 168点 / 世界史 91点 / 地理 83点 / 化学基礎 46点 / 物理基礎 46点

センター物理基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標は満点でした。このために一番重要なのは、模試の問題を繰り返すことです。物理基礎は物理と違い、複雑な公式運用は求められません。基本的にはy=axなどの比例式で表される数式を用いて、各種問題を解いていきます。

理科基礎は教科書の知識を把握することが重要ですが、物理基礎も同じです。9割、満点を取るためにはまず教科書の基本問題で式を覚え、模試の問題を通じてその使い方を学びましょう。

模試では典型問題が繰り返し出題され、センター試験も同じく典型が多いですから、同じ問題でもより早く、より正確に解けるように訓練していくのが大事です。

センター物理基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

基礎固めに使った問題集は『マーク標準問題集物理基礎』で、代ゼミが出している問題集です。網羅的に標準的な問題が掲載されているので、繰り返すことでおよそセンター試験でも正解が選べるようになります。僕は週に1時間で解ける分だけ取り組んで、全体では2周しました。

解説も丁寧に書かれていますので、教科書の説明を適宜参照しながら解き進めることで、少々勉強時間が少なくても安定して高得点を狙えるようになります。

また、センター試験形式の問題演習では駿台が出しているマーク模試の過去問を使いました。平均点なども書いているので、自分の実力を測るのにとても役立ちます。基礎問題集を終えた11月あたりから取り組み、間違えたところは12月以降も見直しました。

Sponsored Links

センター物理基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

僕はあまり物理基礎が得意ではなかったので、1時間の試験時間のうち最大35分を物理基礎に割きました。はじめの数分は大問全体を見渡して、速く解けそうな大問と時間のかかりそうな大問を分別して解き始めます。

難しい問題は一旦飛ばして、まずは一通り時切った上で再度取り組みました。そうすることで、できる問題を十分考えられないまま時間切れになるのを防げます。

センター物理基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

僕は物理基礎の勉強を定期的に始めたのが夏休み以降と遅く、何度かは50点満点の30点を切ることもありました。それでも本番は満足いく点数を取れたのですが、できることなら夏休み以前から取り組みたかったです。

理科基礎が安定すればよりマーク模試の点数も安定しますから、余計な心配をせずに2次試験の勉強にも着手できるようになります。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター物理基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

文系でも大学によっては理系の授業を受ける場合があります。そういう時、大学受験で身につけた物理基礎の知識が役立つこともあります。たった50点分と思うかもしれませんが、大学に入った後の投資と考えて勉強すれば、ある程度モチベーションにもなるでしょう。

基礎を固めた分だけ点数につながる科目ですから、ぜひ頑張ってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ