2019年03月28日更新

【センター物理】2017年東京理科大学理学部第一部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-37.jpg
年度
2017年(1浪)
入学
東京理科大学理学部第一部
合格大学
中央大学理工学部
東京理科大学経営学部
東京理科大学理工学部
出身高校
神奈川県私立横須賀学院高校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 91点 / 数II・B 82点 / 国語 77点 / 化学 71点 / 物理 100点

センター物理の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

他の教科に自信がなかったので、1番の得意教科である物理の目標点は満点です!センター物理は選択肢が多いので、冷静に答えを選ぶことを大切にしました。

物理は1問の配点が高く、せっかく答えがわかっていても緊張で焦った結果「2乗が付いているかどうか」などを見落とすだけで5、6点も失点してしまいます。だから選択肢の選び間違いをしないよう、1問1問しっかり選択肢を確認しました。

センター物理の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

河合塾と駿台のマーク式問題集をセンター試験1ヶ月前から1日1回。私がやったのは2年分です。お正月の三が日には河合塾のセンター予想問題パックを、1日目の分を午前、2日目の分を午後に解きました!

あとはセンター前の3ヶ月間、2次試験対策として『名問の森 物理』(河合塾シリーズ)で勉強していたので、それをセンター当日に会場で解いていましたね。

Sponsored Links

センター物理で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

とにかくスピード重視!正確に答えを出しつつ、長くても30分以内に終わらせるように意識していました。解く順番は基本的に前からです。

問題文を読んでわからない問題があったら、ページの端を折って目印にしてから後回しにしました。残りの時間は見直しと不安な問題やわからない問題の解き直しに費やせるので、ミスを最小限に抑えることができます。

センター物理の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

センター物理の勉強し始めた時、出てきた公式の内容や言葉の意味をすべて理解しようとしていたのは時間の無駄だったと思います。

公式や言葉の意味の理解はマーク式の問題集を使った対策やその他問題集を使った問題演習をしていくなかで理解できるようになるので、最初は無理にすべての公式を丸暗記などしないほうがいいです!

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター物理で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

公式を正確に覚えることと、たくさん問題演習をすることしかないと思います!物理は基礎さえしっかり出来ていればセンターまでは戦えます。

私は物理がまったくわからない状態から1年間で、センターで満点を取れるほどに物理が得意になりました。センター本番では理科が最後の科目なので、残りの力出し切って頑張ってほしいです!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ