2019年03月28日更新

【センター国語】2017年お茶の水女子大学生活科学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-13.jpg
年度
2017年(現役)
入学
お茶の水女子大学生活科学部
合格大学
日本女子大学家政学部
芝浦工業大学建築学部
出身高校
静岡県県立藤枝東高校
センター試験
英語 166点 / 数I・A 81点 / 数II・B 83点 / 国語 171点 / 化学 68点 / 物理 81点 / 地理 63点

センター国語の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

もともと一番苦手な教科で、6月のマーク模試では80点台を取ってしまいました。そのため、初めの目標点は7割の140点でしたが、演習を重ねて模試の得点もだんだん上がってきたので最終的な目標点は160点に上げました。

対策としては演習を大事にしていました。多くの問題を解くことが特に現代文では一番大切だと思います。古文漢文は文法や単語などを地道に身に着けてください。

センター国語の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

上で書いたように、6月のマーク模試で4割しか取れなかったのでこのままではだめだと思い、7月上旬にセンター赤本を買いました。

夏休み~11月は模試前に毎日、模試が近くなくても週に2回程度で解き、12月~1月には毎日予想問題や過去問を解いていました。演習の内容は評論・小説・古文・漢文の4パートに分け、初めは1パート20分に設定し現代文のどちらか1つと古典のどちらか1つの2パートをセットで解きます。時間配分がわかってきたら20分を15分くらいにしてもいいと思います。

解く順番(時間配分)は、評論(20分)→小説(25分)→漢文(12分)→古文(20分)→見直し(3分)にしていました。古典より現代文に自信があったので初めに現代文を解き、古文よりは漢文のほうが時間がかからず解けるので最後に古文を落ち着いて解けるようにこの順で解いていましたね。

学校の先生や塾の先生からは「この順で解くとよい」などの指導があると思いますが、センター国語は時間との闘いなのでそれはあくまで参考までにして、自分が解きやすい順番を確立させることが大切だと思います。

Sponsored Links

センター国語の第1問(評論)の対策・解き方を教えてください。

本文を読むときにポイントになるところや内容が端的にまとめられている文章には線を引いていました。

線を引くことで、あとから見返したときに自分が重要だと感じた箇所がすぐわかるというだけでなく、線を引いて内容を頭の中で整理することができました。内容を理解しながら、頭の中で整理することが何よりも大切だと思います。

センター国語の第2問(小説)の対策・解き方を教えてください。

話の流れをつかむことが大切だと思います。時系列を意識するだけで設問の選択肢に本文の流れと違うものがあったら候補から外していくという消去法で候補を絞ることができるし物語をより理解できると思いました。

またセンター試験では登場人物の心情を問われることが多いので人物の気持ちを表していそうな文には線を引き設問の選択肢と見比べて解いていました。

夏休み前までは小説を読みながら私だったら~と考え選択肢を選んで不正解になってしまうことがあったので、問題になっているのは登場人物だから、と自分に置き換えずに客観的に物語を理解することを心掛けていました。

センター国語の第3問(古文)の対策・解き方を教えてください。

古文は3年生の12月まで対策をしたことがなく、助動詞の活用や意味すら1つもわかりませんでした。1から単語や助動詞、助詞1つ1つ覚える時間はないと思ったので参考書「きめる!センター古文・漢文」を読んでポイントだけを覚えることにしました。

参考書には、「この単語はセンターで出てくるときは大体がこの意味だから選択肢の中からこれ以外の意味のものを除外する」などセンターに絞った対策が書いてあるので直前に読んだり実践することはとても効果があると思います。

単語もその参考書に書いてあるものしか覚えませんでしたね。このやり方で古文は8割取れるようになりました。直前まで古文がまったくわからなくても対策方法はあるので諦めずに粘ってください。

ただ、高1高2から着実にコツコツ積み上げていくほうが自信にもなるし直前に他の教科や単元に時間を使えるので真面目にやっていて損はありません。

センター国語の第4問(漢文)の対策・解き方を教えてください。

漢文も古文と同じく3年の12月まで単語も文法も全くわからなかったので上に書いた参考書で同様の対策をしました。

漢文のほうが古文よりも覚える文法や単語が少なくて済み、文法が複雑でないように感じたので私のように古文・漢文の知識が全くない人は、まず古文よりも漢文を優先して対策したほうが効果が出やすいかもしれません。

センター国語の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

効果があったと思うのは上にも書いたように古文・漢文の参考書を読みこみ、よく出る文法や単語を本番直前に覚えたことです。

文法や単語がわかるだけで点数がすごく上がったので覚えていない人は必ず覚えるべきです。

後悔していることは上で紹介したものとは別の古文の単語帳をセンター直前に買い覚え始めたことです。

センター直前ではなく心に余裕があるときに単語をコツコツ覚えることはとても効果があると思いますが、私が買った単語帳は問題に出る頻度がわからないものだったのであまり出ない単語も覚えることになり直前にやるには効率が悪かったと思います。

多くのものに手を出さないほうがいいなと感じました。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター国語で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター国語は大きく分けて現代文と古典に分かれていますが簡単に対策ができるのは古典です。私が挙げた参考書以外にもたくさんの参考書が出ているので直前になって対策ができていないという人は参考書に頼ってください!

現代文は自分なりにコツをつかんで解かないといけないと思うので対策には時間がかかります。私はとにかく演習で問題に慣れることを重要視して、夏から過去問を解き始めましたが、最終的に過去問は15年分くらい解きました。

ただ、過去に遡りすぎると難易度が大幅に違うので直前は昔の問題より最近の問題や予想問題を解くほうがいいと思います。

夏前に4割しか取れなかったのに、演習に力を入れるとセンター本番では171点を取れました。半年で90点上げることも可能です。諦めずに頑張ってください!

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ