2019年03月28日更新

【センター日本史】2017年慶應義塾大学商学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-36.jpg
年度
2017年(現役)
入学
慶應義塾大学商学部
出身高校
国立お茶の水女子大学附属高校
センター試験
英語 180点 / 数I・A 85点 / 数II・B 85点 / 国語 165点 / 日本史 90点 / 地理 85点 / 化学基礎 35点 / 地学基礎 35点

センター日本史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

文系で2次試験でも使用するため、日本史の目標点は90点でした。センター前の1ヶ月間、私は特に文化史に力を入れて勉強していました。というのも日本史では文化史が必ず出題され、点数は約3割を占めます。しかも文化史って単純で覚えていれば必ず正解できますし、画像付きで出題されることが多く、記憶とリンクして答えやすいですよね。

学校では授業時間の関係で文化史は勉強していなかったので、私は通学時間に勉強できるような小さな問題集をやって、赤シートで隠しながら暗記していました。「なんとなく文化史は時間をかけたくない」と思って後回しにしてしまいがちなので、「行きの電車は文化史をやる」と決めてその時間だけやることで継続的に勉強することが大切。継続は力なり。

特に、国立志望で日本史記述がある人は、2次試験では文化史の出題は少なく時間をかけるのはもったいないなぁって思いませんか?ですからそこはメリハリをつけて、「センター1ヶ月前から集中的にやる!」と決めてやることで、効率的に勉強できます。

3年生時、模試の点数に伸び悩んでいた私でしたが、文化史を集中的に勉強する方法で日本史模試の点数が10点上がりました。あのとき初めて模試の分析の大切さを思い知りましたね。 

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

2次試験でほとんどでない文化史に私は時間を裂きたくなかったので、スキマ時間を見つけ勉強していました。例えば、朝の通学時間。その1時間の間に『センター日本史(文化史 赤本ポケット)』を赤シートで隠し、分からなかった問題にはチェックマークをつけて次の日にその問題を復習する。

これだけでもセンターレベルの文化史なら充分な勉強時間でした。センター前の1ヶ月の間に集中的に勉強していたため、1日10ページ、5周することを目標に問題を解いており、かなりハイペースでしたね。

センター試験は教科書が基本ですが、教科書の重要語句に緑マーカーを引いて隠すのは、教科書の見た目が汚なくなり、やる気もでない。さらにマーカーが裏写りし面倒だったので、はじめから教科書の基本的内容がまとめられ、穴抜きになっている『詳細日本史ノート』を使用しました。

3年生の4月〜6月のはじめまでの間に、穴抜きになっている単語をオレンジペンで直接問題集に書き込み、次の日に赤シートで隠して覚えているかどうかを確認していました。ここでも「1日12ページ」と決めて2ヶ月ほどで問題集の内容を1周できるように計画して勉強していました。

通学時間などのスキマ時間だけでなく、受験に関係ない家庭科や倫理の授業時間などはサッと『詳細日本史ノート』を取り出し手軽に日本史勉強タイム。赤シートでの暗記勉強なら授業のノートをとりつつ、先生にも怒られない程度に日本史の勉強もでき、効率的。(先生ごめんなさい)

さらに模試直前の日本史の用語確認にも使えたため、私は高校3年生の4月から受験当日までほぼ毎日使用していました。

Sponsored Links

センター日本史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

日本史は必ず時間が余るのでわからない部分はとりあえず選択肢を選んでチェックをつけ、後でじっくり考えて選んでいました。

また普段は読み飛ばしている問題文のなかにヒントがある場合があるので、最初は問題はあまり読まずスピード重視で解き、2周目に問題文を読みつつ見直しをしていました。最後の8分はマークミスの見直しをしていました。

センター日本史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

教科書を読んで歴史の流れをつかんでいれば、時代の並び替えでのミスを減らせたと実感しています。特に近代は出来事が近い間隔で起きるため、並び替えの難易度が上がります。年号でなく「どうしてこの事件の後にこの事件が起きたのか」などの理由を明確に言えるようになることで歴史の流れを確認することができます。

他にも、総理大臣の順番を暗記することが並び替えの大きなヒントになっていたな、と思います。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター日本史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター日本史は教科書がすべてです。一問一答の勉強はできても、教科書を日頃から読み込んで流れをつかんでいないとセンター試験の並び替えでつまずきます。

そして何よりも、模試で自分のできていない時代は教科書や一問一答で覚えなおし、文化史は資料集で画像とともに暗記するのが1番です。得意な範囲でも、日本史は「やらないと忘れる」ので覚えている範囲でも目を通すくらいはしましょう。

日本史は努力が点数に現れやすく、点数も安定しやすい教科です。スキマ時間を活用してセンター試験にむけて頑張ってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ