2019年03月28日更新

【センター地理】2017年東京大学文科一類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-35.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

センター地理の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター地理の目標点は8割以上でした。他の教科では全て満点に目標を設定していたのですが、地理は満点は狙っていませんでした。その理由として1番大きかったのが、私の地理の先生がおっしゃた言葉でした。

それは『地理の教員でさえ、センター地理の問題で自信を持って回答できる問題が8割、長年の勘である程度正解できる問題が2割だから、8割取れれば優秀だ。』というものです。

そして私が地理で8割を目標にするにあたり重要だと思ったのは、とにかく演習を積むことでした。地理は教科書だけをマスターしてもほとんど点にならない唯一の教科と言っても過言ではありません。

センター地理でどんな問題が、どのように出題されるのか、それを手っ取り早く掴むには過去問であったり、予備校の出版する予想問題を徹底的に研究することが大切です。もちろん教科書は地理の学習の基礎になり読むのは当たり前なのですが、そこで得た知識をうまく活かすにはいかに問題量を積むかが鍵を握ります。

センター地理の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

使用したのは教科書と過去問、予想問題です。まず教科書について。前述しましたが、基礎力をつけるのには最適な参考書です。載っている図表も含め、一通り目を通しておいたほうが良いでしょう。ただし、これだけでは不十分なので下に挙げる参考書も合わせて勉強しましょう。

次に過去問、予想問題について。とにかく演習を積みましょう。一見すると教科書に載っていないことばかりが出題されているように思え(特に統計問題)、自分の今までの勉強方法や先生を疑いたくなります。

しかし、あくまで教科書の内容は地理の知識の基礎を構成しているに過ぎないことを思い出し、自分の知らないことが出題されたらむしろラッキーと思って貪欲に知識を吸収しましょう。そのうち、『あ!これ前出た問題だ!』と試験中に感動する瞬間が訪れるはずです。

Sponsored Links

センター地理で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

地理は日本史、世界史と問題数は変わりませんが、その場で考えて答える問題が多いため、時間がかかります。センター試験本番では、地理以外の教科は時間が結構余るのですが、地理だけは本当に最後まで悩みます。したがって、社会を二教科受ける場合地理以外の科目を先に解いてから地理に望むことをオススメします。

その理由は、例えば自分の見たことのない資料が本番で出ててしまい、自分の解答に自身が持てずモヤモヤしたまま別の試験に移るのは、気持ちの問題としてあまり良いものではありません。解く順番は気にしていませんでしたが、わからない問題にこだわるのだけは避けてました。

解ける問いはささっと解いてしまって、余った時間でわからない問題に取り掛かった方が心にゆとりが生まれて、しっかり問題と向き合うことができます。これを実現するためにも時間はたっぷり取っておきましょう。

センター地理の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

センターの模試などで地理が結構戦犯になることが多かったのですが、そんなときにでさえ『センター地理は点数の変動が激しいものだし、こんな酷い問題だらけが出るわけない。今度頑張ろう、きっといい点が取れる。』と信じきっていたのはいけなかったなぁと後悔しています。

うまく点が取れなかった時こそ復習を重点的にするべきなのに、いつものように解答・解説を流し読みして復習をやったことにしていたのです。確かにこのやり方で点数が伸びた実感がありませんでした。そこで受験生のみなさんに言いたいのは、間違った問題の解説だけ見てわかったつもりにならないでください。

時には教科書に戻ったり、先生に質問したりと能動的に学習した方が確実に頭に残ります。受動的に解説文を流し読みしても勉強したつもりになるだけで、何も残らないという無駄な時間を過ごしてしまいます。地理の解説などは特に『なんでそうなるの?』という疑問が発生しやすいので、納得するまで一問一問と格闘してください。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター地理で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター地理は問題のクセで点数の変動がしやすく、高得点が狙いにくい教科でありながら、誰しも常識の範囲内でほどほどの点が取れてしまうという難関校を目指す受験生にとってなかなか辛い教科です(私も高一に戻れるなら、地理の代わりに日本史を選んでいたと思います)。

何が出題されるかがわからない、したがって何を勉強して良いかわからない…となりがちですが、意外と同じような問題が何回も出題されていたりします。実際私の年もセンター直前予想問題に出ていた問題が本番でそのまま出たりもしました。過去問の研究と復習さえ怠らなければ、他の受験生よりも一歩前に出ることができます。

最後の最後まで点数が思った以上に伸びてくれない教科ではありますが、ぜひ現実社会との繋がりも意識しながら意欲的に学習を続け、高得点を目指して欲しいと思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ