2019年03月28日更新

【センター地理】2017年東京大学文科三類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-34.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科三類
合格大学
立教大学法学部
慶應義塾大学商学部
早稲田大学文学部
早稲田大学法学部
出身高校
埼玉県私立本庄東高等学校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 97点 / 数II・B 88点 / 国語 161点 / 世界史 97点 / 地理 82点 / 生物基礎 47点 / 化学基礎 44点

センター地理の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

私は地理が苦手でしたが、センター試験では合計点9割超えが必須だったので、地理でも9割を目標にしていました。これを達成するためには、どこまで分かっていてどこまで分からないのかを明確にする必要がありましたね。

例えば「ケッペンの気候区分が覚えられない」というのと「ケッペンの気候区分は覚えたが、それが現地の人々の生活にどういう影響を与えているかが分からない」というのでは、理解の度合いが全然違います。

ここを明確にするメリットは2点。1つ目に自分が理解していないことに絞って勉強することで効率的な学習ができること。2つ目に、自分の苦手科目の中にも理解できるところがあることを発見し、それが自己肯定感に繋がって、モチベーションを維持できることです。

センター地理の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

私は『改訂版 センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本』(瀬川 聡 著、中経出版) を教科書代わりにして、センターの問題を解くのに必要な背景知識を覚えていきました。また専門的な地理用語は『一問一答 まる覚え地理B [系統地理] [地誌] 』(松倉 克全 著、中経出版) で意味を理解していました。

しかし当たり前ですが知識を身につけただけでは問題は解けません。実践的に問題を解く感覚を身につけるためには模試の過去問を利用するのがおすすめです。模試では授業で習ったところの範囲に合わせて問題が作られているので、今持っている知識だけでどのくらい出来たのかを把握することが出来るからです。学校によっては職員室に模試の過去問が置いてあるところもありますので、ぜひ有効活用しましょう。

模試の過去問だけでは不十分な人や学校に模試の過去問がない人は『マーク式総合問題集 地理B』(河合塾地理科 編) やセンター試験の過去問を利用するのでも構いません。またこれが一番重要なのですが、問題を解き終わった後、必ず間違えたところのやり直しをしましょう。

私は問題のやり直し専用のノートを作り、左のページに間違えた問題のコピーを貼り付け、右ページに自分の誤答、正しい解答、間違えた理由、解説を書いていました。

やり直しをすることで新しい知識を得るとともに自分の理解の度合いが一目で分かり、一度間違えた問題を再び間違えることを防ぐことが出来ます。

Sponsored Links

センター地理で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

地理は図を見て判断する問題が多く、他の社会科目よりも時間がかかりやすい科目です。やはり1つの問題にあまり時間をかけすぎないよう、見直しの時間も考慮して40〜50分で全て解き切るように意識しました。

最初は解き切らないこともありましたが、演習を重ねていくうちに処理のスピードが上がり見直しの時間を十分に残して解き切ることが出来るようになりました。分からない問題には悩みすぎず「これだ!」と直感的に答えを選ぶのも手です。(私の経験談だと、このやり方で結構正答に辿りつけたことがありました。)

また、解く順番は特に工夫せず、普通に1問目から順番に解いていました。下手に順番を変えて解くと、どこまで解いたか分かりにくくなり、マークミスの元となるので。

センター地理の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

苦手な地図問題を、十分な対策をせずに本番を迎えてしまったことです。正直地理の地図問題は運みたいなところもあるので必死で対策するよりは他の教科に手を回した方が良いと思ってしまっていました。

模試でも安定して80点以上取ることが出来ていたので、気が抜けていたところもあったのでしょう。しかし、センター試験本番で間違えた問題は、ほとんどが地図問題でした。

苦手な問題を「時間がない」「他の教科もやらなければならないから後回し」という理由でほったらかしにせずに、きちんと正面から向き合って、対策法を見つけ、本番までに苦手分野のない状態を作っておけば良かったと後悔しています。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター地理で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

苦手という理由で教科から逃げることは勿体無いですが、やはり苦手な教科と向き合うのは抵抗がありますよね。ここで私は、「食べ物の好き嫌いをなくす」ということをおすすめします。一見何の関係もないように思われますが、食べ物の苦手を克服した時の喜びを味わえれば、それが苦手科目を克服するモチベーションに繋がるのです。

また学校でも塾でも良いので地理の先生と一度話してみるのも手です。なぜなら地理が苦手な人は他の文系科目とは違った、地理の論理的、ある意味理系的な思考に慣れていない人が多いからです。授業中に「どうしてそうなるのか?」と気になったことを質問してみると良いでしょう。

少しでもこの記事を読んでくださった方々の参考になっていただければ幸いです。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ