2019年03月28日更新

【センター地学基礎】2017年東京大学文科一類合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-34.jpg
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科一類
合格大学
東京大学教養学部
出身高校
鹿児島県私立ラ・サール高校
センター試験
英語 189点 / 数I・A 87点 / 数II・B 98点 / 国語 164点 / 世界史 97点 / 地理 87点 / 生物基礎 45点 / 地学基礎 44点

センター地学基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標は満点でした。そのために、とにかく知識を蓄えることを意識していました。地学基礎は物理・化学基礎とは違って計算のほとんど必要がありません。暗記した知識をベースに正誤を聞いてくる問題が多いので、まず知識がないと問題に太刀打ちできません。理科基礎に共通するかと思いますが、まず教科書に書かれてあることは最低限覚えましょう。

センター地学基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

教科書・ニューステージ新地学図表・予備校の出版している予想問題を使っていました。教科書は前述しましたが、センターを解く上で必要最低限のことは全て書かれています。余計な参考書を漁る前に一通り読む、できれば全部覚える勢いで学習していくと良いでしょう。

ニューステージ新地学図表は私はこれを学校で配布されましたが、基礎以上のことも載っておりセンターでより満点に近づきたい人にはオススメの1冊です。ただし、基礎では明らかに必要のない情報も含まれているので、教科書の補助としての活用が1番安全だと思います。

予備校の出す予想問題等の問題演習教材は上の2つは問題が載っていないので、実践的な演習をしたい人には必要なものになります。問題演習を通して、自分の弱点を見つけることもできるので、私は購入を勧めます。(ちなみに私は、過去問等の演習を20年分くらいはしたかと思います。)

Sponsored Links

センター地学基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

時間配分は特に意識していませんでしたが、あえて大雑把に言うなら問題を解く時間が20分、見直し(またはわからない問題を再度考える時間)が10分で問題を解くようにしていました。

センター地学基礎は失点できない試験だと考えていたため、見直しにかっちり時間をとってなるべくミスを防ぐつもりでした。何度も言いますが知識問題がほとんどなので、1問1分と考えれば20分で問題を解くのは容易です。

センター地学基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

後悔していることは、世界史、地理などの暗記科目に力を入れていたため地学基礎に割くべき脳の容量も時間もなくなってしまい、絶対に押さえておかねばならない単元(例えば地質時代とその時代の出来事、岩石の種類など)の暗記があやふやなまま試験に望んでしまったことです。

問題演習量に関しては十分だと思っていたのですが、元の知識がなければ問題を解いても意味がないのはお分りだと思います。

受験生のみなさんにはやはり教科書知識の徹底をしてほしいと思います。これが出やすい、あれが出ないと初めから取捨選択せずに、基礎の範囲には全部網羅するようにしてください。あやふやな知識はなんども教科書に戻って確認し、固めていくようにしてください。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター地学基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

私ごとですが、私は今大学で宇宙科学の授業をとっています。地学基礎に関しては高校でしっかり勉強したから…と思いこの授業をとったのですが、知っている単語は出てくるものの仕組みまで説明されると意味がまるで分かりません。

これはこれで楽しく興味深いのですが、この授業を受けて思ったのが、高校の地学基礎が本当に基礎しか扱っていないということです。ここで地学基礎が簡単だとか言うつもりは全くありません。

ただ、高校で扱う教科はあらゆる学問の入り口として設けられたものであると言うことです。大学側が地学基礎が試験には必要だと言うのにはそれなりのわけがあるのです。

自分が地学基礎を勉強するのは志望校から課された必要条件を満たすためと考えれば、少しはやる気が出るのではないでしょうか。

大学での専門的な学問に触れるための心構えみたいなものとして受験勉強を受け止めてほしいと思います。頑張ってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ