2019年03月28日更新

【センター英語】2011年慶應義塾大学文学部合格者の過去問対策・解き方

the-study.jp_2019-03-28_12-53-11.jpg
年度
2011年(現役)
入学
慶應義塾大学文学部
合格大学
青山学院大学文学部
上智大学文学部
早稲田大学教育学部
早稲田大学文化構想学部
出身高校
東京都私立錦城高校
センター試験
英語 188点 / 国語 140点 / 日本史 92点

センター英語の目標点と目標点の達成に1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター英語の目標点数は190点。センター利用で明治青山立教のセンター利用に出願していたので、全教科9割以上を狙っていました。とはいえ自分は国語が苦手だったので失敗した場合英語でカバーしたいと考えていたため満点近く狙っていました。

高校3年時の模試や直前期に解いている際に190点突破のために重要だと感じていたことは、アクセント問題のミスを最小限に抑えること、センター英語の配点が6点の問題を2個以上ミスしないことです。

第6問を2つ以上ミスした時点で188点となってしまうので、アクセントの全問正解が難しいと考えるとその時点で180点台になってしまいますし、どこかで思い込みのせいで間違えるということはありえるのでそうすると最初からMAX180点前後スタートなのでかなり厳しくなります。

センター英語の本格的な対策はいつから始めましたか?使用した参考書・問題集と対策方法について教えてください。

センター英語の対策は、基本的に学校がやってくれました。朝の授業前にグラフ問題や文法問題だけ解いてすぐ答え合わせをしたり、英語長文の授業の最初に行ったりと様々ですが自分でで入念に対策をしなくても解き慣れている状態になっていたのでそこは学校に感謝しています。

もちろん早慶上智に合格する長文読解力があればセンター対策などしなくても9割とれると思う気持ちもわかりますが、本番はなにが起きるかわからないと自分がミスするときのパターンを覚えておくことによって見直しの時にミスに気づくことがあるので、模試の直前だけ集中的にセンターの問題集を解くなど手は打つべきです。

Sponsored Links

センター英語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。

第1問(5分)→第2問(15分)→第3問(15分)→第4問(15分)→第5問(10分)→第6問(10分)くらいのペースで解いてました。

配点が6点の問題と迷った問題の見直しをしたかったので、最低10分は見直しにあてれるよう時間を調整していました。本番前に自分で過去問を解く時から何分で大問なにまでと言った感じで今のペースが遅れているのか前倒しできているのか判断できるようにしたのは本番にも効果的だったと実感しています。

ちなみに本番は時間配分も全て計画通りに進み、見直しも十分できたので最低限の点数はとれたと思っています。現役生にとっては最初の本番の試験ですので緊張によるケアレスミスはどうしても起きてしまうので、早慶上智以上を目指す人であれば見直しをとる時間を10分とれる時間配分にするのは9割以上とるためには必須だと思いました。

センター英語の第1問・第2問の対策・解き方を教えてください。

アクセント問題の対策は桐原書店の「英語頻出問題集」のアクセントの部分を丸暗記すること、各予備校のセンター予想問題集のアクセントの部分だけを学校でコピーして暗記しました。センターの予想問題集は各予備校が全力で問題をあてにくるので覚えておいて損はない思いますし、実際に暗記した単語がいくつか出て点に繋がっているので非常に効率がよかったのでおすすめです。

アクセントを暗記できている単語が1つあるとないのでは正答率が一気に変わりますしここで4点以上落とすと190点以上がかなり難しくなるのでちょっとずつでいいので直前期は対策すべきかなと。

並び替えと文補充に関しては問題を解くのに鍵となる構文や英熟語、文法が必ず1つはあるのでそれを即座に見つけること、当たり前ですが文型に問題がないことを意識していました。早慶上智対策で「英文法ファイナル」など難易度の高い文法問題集を仕上げていたのでセンターのために特に対策はしていませんが、凡ミスだけには気をつけました。

センター英語の第3問・第4問の対策・解き方を教えてください。

文補充の自分なりの解き方は第5問、第6問と同じですが、「選択肢を見る前に自分の頭の中で答えを考えておくこと」です。空欄に入るのが節なのか目的語なのか動詞以降のどれであったとしてもある程度どんな内容が入るのか前後の文脈から推測することは必ずできます。選択肢を見る前に必ずこんな内容が来るだろうという仮説がないと間違えやすくなると思っているので、先に選択肢をみないようにしました。

グラフ問題は先に問題を見て答えるべきことを把握しつつ、回答できる情報が揃った時点で設問を解いてしまうことと、回答の根拠となる箇所を必ず見つけることを意識しました。グラフ問題とチラシでは数字の言い換えや計算が回答に絡むことが少なくないので雰囲気で解くと間違えます。

ですのでグラフ問題とチラシは他の設問よりも回答の根拠を確信するまで回答しないということが重要になってくると思います。

センター英語の第5問・第6問の対策・解き方を教えてください。

第5問の会話文では、必ず先に問題を見て何が聞かれるかを把握してから、問題を読み始めます。長文を読み始めて問題で聞かれるところがきたらさらに集中して読み、解答というイメージですね。

ここでもケアレスミスを減らすために「指示語」、「主語」を明らかにして誰が何を言ったかを取り違えないことを意識して解いていきました。

また選択肢を見る前にある程度はどういう内容が入るか、例えばプラスイメージの内容、マイナスイメージの内容がくるとか、文脈的にこういう内容が入るとかをイメージしておくとその頭に浮かべた内容を選ぶだけになるので非常に有効です。

選択肢を読んでから考えようとするとどれも正しく見えてくることがあるのでその解き方は個人的にはやめた方が良いと思っています。

第6問に関しては、まず先に設問をみておいて何が聞かれるかだけ把握しておきます。前提として第6問は1段落につき1つ問題があるので、基本的には1段落読んだら1つ問題を解くという進め方をしていきました。

もちろんその段落に問題がない場合は、次の段落へ進みます。最後の問題に本文の内容と一致するものを選びなさい、パラグラフの内容を要約したものを選びなさいといった問題がくることが多いですが全て長文を読み終わってからそれを解こうとするとまたその段落に戻らなくてはいけないので、1段落読んだ時点で最後の問題の選択肢が正しいかどうかだけみていました。

自分なりに第6問で大事なことは答えを自分の頭の中にもっておいてから選択肢を見ることだと思っています。というのも先に選択肢をみてしまうと、選択肢に引きずられる可能性があるのでまずは1段落読んだら頭の中でその段落の内容を噛み砕いて要約してから質問を再度確認、答えを頭の中で考えます。そして自分の頭の中の内容と選択肢が一致するものを選ぶようにしました。

この解き方のメリットは消去法を使わずこれしかない、という感覚で解くことになるので選択肢を選ぶスピードが圧倒的に上がることですね、この解き方を採用してから第6問でミスすることもなく早慶上智の選択問題でもミスが大幅に減りました。

最後にセンター試験を終えた今だから言える高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

早慶上智志望の人向けになりますが、点数としては180点はマストだと思っていて180点をきるようでは私大の長文問題でもミスする可能性が高いことを意味すると思うので9割180点に対してプライドを持って欲しいです。

とはいえ早慶上智志望であればセンター英語の対策を細かくやっている場合でもないと思いますので、センター模試の直前に集中的に行う、センター試験本番の直前に時間配分の確認や自分のミスしやすいところの分析と対策をするなど、効率的な対応が求められます。

早慶上智志望の人はセンター英語で180点が取れないのであればそもそもの読解力が足りていないケースがほとんどです。この状態だとセンター対策をいくらやったところで運次第で点数が上がったり下がったりするので、日頃の長文読解で読解力を上げていくことの方が180点到達の近道になったりします。

センター英語の対策をやりすぎるのではなく根本的な読解力を上げていきましょう。それがセンター英語180点、早慶上智合格に必ずつながると思います。

【PR】今なら「スタディサプリ」が2週間無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら2週間無料』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


スタディサプリ