2014年12月13日更新

早稲田志望の人が受験日までにメンタル崩壊しないために知るべきこと

goukaku-suppli_2016-02-06_11-53-32-2.jpg

早稲田大学の合格発表

早稲田受験者はご存知のとおり、早稲田は日程的に私大受験の最後になります。(学部にもよりますが)

2/12 文化構想学部,2/13の国際教養学部から始まり、2/14スポーツ科学部、2/15法学部、2/16理工、2/17文学部, 2/18人間科学部、2/19教育学部,2/20政治経済学部, 2/21商学部,2/22社会科学部という日程は昔も今も変わりません。

ここに感情的にめちゃくちゃ不安になる要素があるんですが受験生のみなさんわかりますか?

早稲田志望の人は上智受験者に揺れる

受験の日程が1番遅い早稲田の政治経済、商学、社会科学志望の人が最もこの危険にさらされます。それは早稲田の合格は全ての受験が終わってからしか出ないという点です。

早稲田受験生が動揺する2つの理由

これ意外と見逃しがちなんですね。なぜこれが危険かというと、2つ理由があります。

①周りの受験生は上智やMARCHの合格が出る
②早稲田以外の大学1つにでも落ちると早稲田に受かるか極端に不安になる

ないんがなんでも早稲田に行きたいという人ほどあてはあるのですが、そういう人は上智を受けなかったりします。けれど早稲田を目指す人というのは当然友達に上智や慶應を受験した人がいる。特に上智は入試日程がはやいので、友達の上智合格が耳に入る。

そこでやっぱり上智受けておけばよかったと感じるのが2/15日付近です(汗) 中には上智の合格で受験を辞めてしまう人もいますからね。。
特に政治経済、商学部、社学志望の人は2/20に文化構想学部の合格発表日ですからそれに受かった人が出るとさらに焦る訳です。

細かい事ですけどいつどんな不安になるかわかっておくだけでも全然違います。

さらに早稲田志望の人は滑り止めとしてGMARCHを早稲田の前に受けると思いますが、それが1つでも落ちると早稲田に落ちるんじゃないか

第一志望を受験の最後の最後に残すというのはいろんな意味で大変なんです。

Sponsored Links

最後まで早稲田にこだわる姿勢

そこで重要になるのが、早稲田志望の人は絶対に早稲田にいくという姿勢を崩さない事です。そこが崩れると、上智を受けておけばよかったなどといった無駄な後悔に襲われますから。

2/15付近は情報を遮断するのも大事です。変に友達に会うと、混乱するような情報ばかり入ってきます。

現役生が注意したいのは受験はそのときの感情次第で合否が分かれるという事です。ボーダーにのってる人はほんのプラスマイナス10点くらいで受かったり落ちたりします。

その10点とれるかどうかはケアレスミスをしない、マークミスをしない、見直しで間違いに気づくとかほとんど落ち着いてるかにかかっています。

早稲田志望の人は最後まで早稲田に行くという信念をつらぬきましょう!

9月以降第一志望合格に最も速く効率的に近付くために

第一志望合格を目指しているけれど、偏差値がまだ全然足りない、模試ではD判定、E判定が当たり前。

秋以降、勝負をかけて一気に偏差値をあげようと思っている方も多いと思いますが、実際のところ成績が伸びきらずに本番を迎えてあえなく不合格となってしまう人が全国に何万人もいるのが現実です。

その理由としては成績の上がる勉強法を行っていない、インプットのスピードが遅い、そして本番の点数につながる志望校対策ができていないといったところが主なところでしょう。

そこで一度試して欲しいのが「スタディサプリ」(旧受験サプリ)です。

「スタディサプリ」の志望校対策講座

>>スタディサプリの公式HPはコチラ<<

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『2週間無料なので合わなければ2週間で辞められる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

第一志望現役合格を本気で目指している人にとっては会員登録さえすれば過去問を無料でダウンロードできてしまいますし、GMARCH,早慶の志望校別の対策講座も好きなだけ観れます。

とりあえず会員登録と最初の2週間は無料なので、超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!

受験本番まで残り数ヶ月、試してみる価値はあるかもしれません。

>>スタディサプリの公式HPはコチラ<<