2016年06月19日更新

【2017年】東京農業大学農学部の合格最低点・入試科目・配点情報と合格最低点超えに活用すべきスタディサプリ・Z会

the-study.jp_2016-06-19_01-11-24.jpg

画像引用:東京農業大学|世田谷区エリ...

東京農業大学農学部の入試科目・試験科目と配点

学科 形式 個別学力試験
一般Ⅰ期 3教科(300点満点)
【理科】「化基・化」・「生基・生」から1(100)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(100)
《国語》国語総合(漢文を除く)(100)
《数学》数I・数A(場合の数と確率・図形の性質・整数の性質)・数II・数B(数列・ベクトル・確率分布と統計的な推測)(100)
●選択→国語・数学から1

東京農業大学農学部の合格最低点を確認する前にまずは東京農業大学農学部の入試科目・試験科目・配点を見てみましょう。上の表をご覧ください。

東京農業大学農学部に限った話ではないですが、大学受験では配点が最も高い教科で受験者の平均点以下をとると合格確率が激減します。

まずは東京農業大学農学部の配点が最も高い教科で失敗しないこと、そして苦手教科を得意教科で補うという戦略はこのあと述べる得点調整の影響で通用しないことが多いので気を付けましょう。

東京農業大学農学部の合格最低点を見る前に知るべき「偏差値法・得点調整」の仕組み

まず大学受験の大前提として知って欲しいことが「本番の各教科の素点の合計点を合格最低点と比較して合格・不合格を出しているわけではない」ということです。

なぜなら「偏差値法を適応した得点調整」を行っているからです。

得点調整とは、教科の選択が合否に不利にならないよう平均点を基準にして素点に点を足したり引いたりすることを指します。

それゆえ英語の点数の素点が80点だとしても得点調整をした結果の点数は80点ではないのです。

例を挙げて考えてみましょう。日本史の方が世界史よりも受験者の平均点が2割も高い場合、どう考えても日本史選択者の方が点数を取りやすいので同じ60点でも意味合いが違ってきます。つまり世界史選択者の方が不利になっているのですね。

そこで日本史選択者、世界史選択者どちらも公平になるように平均点から何点離れているかをもとに点数を出しなおすのです。

まとめると教科選択が入試の合否に影響したら公正な採点とは言いがたいので、主に平均点を基準として模試の偏差値を出すように得点を調整するのです。

英語などの共通科目でも得点調整は行われるため、平均点が70点で自分の点数が50点だった場合、実際の点数は50点以下になってしまうのです。

東京農業大学農学部の昨年度の合格最低点

順位 学部 学科 入試名 最低点
/満点
得点率
1 畜産 一般入試 183点
/300点
61.0%
2 バイオセラピー 一般入試 194点
/300点
64.7%
3 農学 一般入試 209点
/300点
69.7%

東京農業大学農学部の合格最低点は上の表の通りとなっています。

これらの合格最低点は過去問を解く際の指標になりますが、合格最低点は素点の合計点ではないためあくまで1つの指標としてこの合格最低点を間に受けないことが大事になります。

Sponsored Links

東京農業大学の合格最低点が低いランキング

順位 学部 学科 入試名 最低点
/満点
得点率
1 地域環境科 生産環境工 一般入試 172点
/300点
57.3%
2 畜産 一般入試 183点
/300点
61.0%
3 国際食料情報 国際バイオビジネス 一般入試 192点
/300点
64.0%
4 バイオセラピー 一般入試 194点
/300点
64.7%
5 地域環境科 造園科学 一般入試 197点
/300点
65.7%
6 国際食料情報 国際農業開発 一般入試 197点
/300点
65.7%
7 地域環境科 森林総合科学 一般入試 200点
/300点
66.7%
8 国際食料情報 食料環境経済 一般入試 206点
/300点
68.7%
9 農学 一般入試 209点
/300点
69.7%
10 応用生物科 食品安全健康 一般入試 210点
/300点
70.0%
11 応用生物科 バイオサイエンス 一般入試 222点
/300点
74.0%
12 応用生物科 醸造科学 一般入試 222点
/300点
74.0%
13 応用生物科 生物応用化学 一般入試 227点
/300点
75.7%
14 応用生物科 栄養科学 一般入試 232点
/300点
77.3%

東京農業大学各学部の合格最低点をもとに得点率を出し、得点率が低い順に並べてみた結果がこちらになります。

合格最低点の得点率が低いということは問題の難易度が高いため基本的な問題を絶対に落とさないこと、難しい問題の中にも必ず差がつく設問があるのでそこで点をとれるかが合否の分かれ目となります。

一方合格最低点の得点率が高い学部は受験者にとっては問題の難易度が低く高得点勝負であることを意味するので、どれだけミスしないのかが勝負になります。

ミスを極力減らすためにも見直しをする時間を確保できるように時間配分を考える必要がありますね。

東京農業大学農学部の過去問を解く際に合格最低点を気にしすぎてはいけない理由

画像引用:instagram.com

東京農業大学農学部の入試本番が迫ってくると赤本や青本を購入して実際に東京農業大学農学部の過去問を解くと思います。

東京農業大学農学部志望者であれば過去問を1年分解いたら答え合わせをして「合格最低点を超えているか」、つまり今の点数だったら合格できたのかどうかを確認してしまいますよね。

自分の点数が合格最低点を上回っていれば「このままいけば東京農業大学農学部に受かるかも」と喜び、合格最低点を下回っていれば「今のままだと落ちてしまう」と落ち込んでしまうのが受験生だと思います。

けれどもさきほども述べたように「合格最低点」は素点(単純な各教科の合計点)ではありません。

私立理系の場合、英語と理科が7割で数学が4割、しかも数学の受験者の平均点が6割だった場合、数学の点数は4割からさらに減ることになるので、仮に素点で合格最低点を上回っていたとしても合格できないという事態が発生しうるのです。

ですので東京農業大学農学部志望者の方は赤本や青本が出している合格最低点を信用しすぎないこと、合格最低点を超えているかどうかを気にして一喜一憂するよりも合格に近付くためにやるべきことを着実にこなしたほうが良いのは明らかなのです。

東京農業大学農の偏差値・合格最低点に現時点で届いていない場合

東京農業大学農を第一志望として目指しているけれども現時点では全く東京農業大学農の偏差値に届いていないため模試でD判定、E判定がでている方もいるかと思います。

そうなると東京農業大学農の対策ができる講座を行っている塾や予備校に行くという選択肢も当然考えると思います。

しかし予備校・塾へ通うとなるとそれなりにお金がかかってしまいますし、予備校の過去問講座をとりたいけれど、近くに塾・予備校がなかったりお金をかけられず志望校対策が思ったようにできない受験生もいるはず。

そこでお金をたいしてかけずに東京農業大学の志望校対策につながる勉強ができるので試して欲しいのが「スタディサプリ(旧受験サプリ)」です。

「スタディサプリ」の志望校対策講座

スタディサプリとは「スマホ・PCでトップ予備校講師の授業が見れるオンライン学習サービス」で、通年授業・志望校対策講座などの全授業を月額980円で受講可能。

最初の2週間は無料なので、超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!