2016年07月15日更新

【2017年/偏差値71】名古屋市立大学薬学部の偏差値・難易度・レベルと偏差値に届かない受験生が実践すべき対策法

画像引用:

2017年個別入試の名古屋市立大学薬学部の偏差値・難易度

偏差値 大学・学部
76 名古屋大(医)、東京大(理科二類)、大阪大(文)、東京医科歯科大(医)、大阪大(法)、一橋大(法)
75 大阪大(経済)、大阪大(人間科)、岐阜大(医)、東北大(医)、奈良県立医科大(医)、京都大(薬)
74 京都大(理)、山梨大(医)、一橋大(社会)、一橋大(経済)、大阪大(薬)、北海道大(医)、広島大(医)、三重大(医)、大阪市立大(医)、神戸大(医)、岡山大(医)、筑波大(医学群)、千葉大(医)、京都府立医科大(医)、一橋大(商)、神戸大(法)、北海道大(獣医)
73 熊本大(医)、金沢大(医薬保健学域)、九州大(法)、長崎大(医)、愛媛大(医)、京都大(総合人間)、富山大(医)、鳥取大(医)、和歌山県立医科大(医)、横浜市立大(医)、東京工業大(第4類)、京都大(工)、山口大(医)、浜松医科大(医)、鹿児島大(医)、京都大(教育)
72 信州大(医)、徳島大(医)、東京工業大(第7類)、京都大(経済)、名古屋市立大(医)、東京工業大(第1類)、宮崎大(医)、新潟大(医)、神戸大(国際文化)、京都大(農)、札幌医科大(医)、群馬大(医)、名古屋大(法)、九州大(文)、滋賀医科大(医)
71 名古屋大(経済)、秋田大(医)、琉球大(医)、神戸大(経営)、九州大(医)、香川大(医)、神戸大(経済)、お茶の水女子大(文教育)、名古屋大(教育)、名古屋市立大(薬)、旭川医科大(医)、名古屋大(文)、東京工業大(第3類)、神戸大(文)、国際教養大(国際教養)、福井大(医)、佐賀大(医)、東京工業大(第5類)、東北大(経済)、山形大(医)、福島県立医科大(医)
70 島根大(医)、東京工業大(第6類)、大阪大(外国語)、名古屋大(情報文化)、北海道大(薬)、東京工業大(第2類)、九州大(工)、高知大(医)、横浜国立大(経済)、筑波大(社会・国際学群)、神戸大(工)、東北大(理)、弘前大(医)、大分大(医)
69 神戸大(理)、千葉大(薬)、東京外国語大(国際社会)、神戸大(発達科)、筑波大(人文・文化学群)、東京外国語大(言語文化)、九州大(経済)、九州大(薬)、横浜国立大(経営)、九州大(教育)、大阪市立大(法)、東北大(法)
68 九州大(理)、奈良女子大(文)、北海道大(経済)、筑波大(人間学群)、大阪市立大(文)、北海道大(文)、広島大(法)、東北大(文)、神戸大(農)、北海道大(農)、山口大(共同獣医)、神戸市外国語大(外国語)、お茶の水女子大(生活科)、大阪大(歯)、京都府立大(文)、大阪市立大(経済)、北海道大(法)、鹿児島大(共同獣医)、千葉大(法政経)
67 大阪府立大(生命環境科学域)、北海道大(理)、東北大(薬)、名古屋市立大(人文社会)、徳島大(薬)、北海道大(総合入試文系)、岐阜薬科大(薬)、大阪市立大(商)、北海道大(教育)、名古屋市立大(経済)、東北大(教育)、大阪大(工)、お茶の水女子大(理)、岡山大(薬)、岩手大(農)、九州大(歯)、東京医科歯科大(歯)、大阪大(理)
66 熊本大(法)、大阪大(基礎工)、横浜国立大(教育人間科)、北海道大(工)、広島大(文)、静岡県立大(薬)、横浜国立大(理工)、名古屋大(工)、広島大(歯)、九州大(農)、岡山大(歯)、筑波大(生命環境学群)、岡山大(法)、北海道大(歯)、広島大(総合科)、京都大(医)、広島大(薬)、千葉大(文)、金沢大(人間社会学域)、名古屋大(理)、大阪府立大(工学域)

※名古屋市立大学薬学部の偏差値+-5の大学・学部を表示しています。

まずは上の表は国立大学・全学部の偏差値一覧から名古屋市立大学薬学部の偏差値を抜き出したものです。名古屋市立大学薬学部が全国の国立大学でどのあたりのレベルなのかを確認しましょう。

国立大学の偏差値一覧を見ると、名古屋市立大学薬学部は偏差値71で、同じ偏差値には筑波大(人文・文化学群)、神戸大(経済)、神戸大(経営)、神戸大(発達科・人間環境)、神戸大(国際文化)、横浜国立大(経済)、横浜国立大(経営)、東京工業大(第5類)、東京工業大(第3類)、大阪市立大(法)、大阪大(外国語)、国際教養大(国際教養)、名古屋市立大(薬)、名古屋大(経済)、名古屋大(文)、名古屋大(教育)、九州大(法)などがあります。

名古屋市立大学薬学部と同じ理系学部系統の国立大学の偏差値一覧

偏差値 大学・学部
76 名古屋大(医)、東京大(理科二類)、東京医科歯科大(医)
75 東北大(医)、京都大(薬)、岐阜大(医)、奈良県立医科大(医)
74 岡山大(医)、筑波大(医学群)、北海道大(獣医)、神戸大(医)、大阪大(薬)、京都府立医科大(医)、大阪市立大(医)、山梨大(医)、広島大(医)、三重大(医)、千葉大(医)、京都大(理)、北海道大(医)
73 熊本大(医)、京都大(総合人間)、鳥取大(医)、富山大(医)、山口大(医)、鹿児島大(医)、愛媛大(医)、金沢大(医薬保健学域)、京都大(工)、東京工業大(第4類)、和歌山県立医科大(医)、長崎大(医)、横浜市立大(医)、京都大(教育)、浜松医科大(医)
72 京都大(経済)、東京工業大(第7類)、宮崎大(医)、徳島大(医)、東京工業大(第1類)、名古屋市立大(医)、群馬大(医)、京都大(農)、新潟大(医)、信州大(医)、札幌医科大(医)、滋賀医科大(医)
71 秋田大(医)、琉球大(医)、山形大(医)、東京工業大(第3類)、名古屋市立大(薬)、佐賀大(医)、旭川医科大(医)、福井大(医)、東京工業大(第5類)、九州大(医)、福島県立医科大(医)、香川大(医)
70 高知大(医)、弘前大(医)、東北大(理)、東京工業大(第2類)、神戸大(工)、島根大(医)、北海道大(薬)、大分大(医)、東京工業大(第6類)、九州大(工)
69 九州大(薬)、神戸大(理)、千葉大(薬)
68 九州大(理)、大阪大(歯)、鹿児島大(共同獣医)、山口大(共同獣医)、お茶の水女子大(生活科)、神戸大(農)、北海道大(農)
67 東京医科歯科大(歯)、大阪大(工)、九州大(歯)、岡山大(薬)、大阪大(理)、徳島大(薬)、岩手大(農)、東北大(薬)、お茶の水女子大(理)、北海道大(理)、大阪府立大(生命環境科学域)、岐阜薬科大(薬)
66 北海道大(工)、名古屋大(工)、岡山大(歯)、北海道大(歯)、名古屋大(理)、筑波大(生命環境学群)、九州大(農)、京都大(医)、横浜国立大(理工)、大阪府立大(工学域)、静岡県立大(薬)、広島大(歯)、大阪大(基礎工)、広島大(薬)

上の表は名古屋市立大学薬学部と同じ国立大学の理系学部系統の偏差値ランキングになります。

名古屋市立大学薬学部志望の受験生は理系学部系統の学部を受ける方が多いと思いますので、偏差値が近いのはどの大学のどの学部なのかを把握しておきましょう。

Sponsored Links

名古屋市立大学薬学部の名古屋市立大学全学部での偏差値の順位

順位 学部 偏差値
1 医学部 72
2 薬学部 71
3 経済学部 66
4 人文社会学部 65
5 看護学部 60
6 芸術工学部 55

※学科が複数ある場合の偏差値(偏差値)は平均値としています。

学科や試験方式にもよりますが、薬学部は名古屋市立大学の学部の中で偏差値的には2番目になります。

全国の理系学部系統偏差値ランキングでの名古屋市立大学薬学部の順位

順位 大学 学部 偏差値
1 東京大学 理科三類学部 80
2 東京大学 理科一類学部 77
3 東京大学 理科二類学部 76
3 千葉大学 医学部 76
4 京都大学 薬学部 75
5 京都大学 理学部 74
5 北海道大学 獣医学部 74
5 大阪大学 薬学部 74
6 京都大学 医学部 73
6 東京工業大学 第4類学部 73
6 京都大学 教育学部 73
6 京都大学 総合人間学部 73
6 京都大学 工学部 73
6 和歌山県立医科大学 医学部 73
7 東京医科歯科大学 医学部 72
7 名古屋大学 医学部 72
7 東京工業大学 第1類学部 72
7 京都大学 経済学部 72
7 京都大学 農学部 72
7 札幌医科大学 医学部 72
7 名古屋市立大学 医学部 72
7 東京工業大学 第7類学部 72
8 大阪大学 医学部 71
8 東京工業大学 第3類学部 71
8 東京工業大学 第5類学部 71
8 福島県立医科大学 医学部 71
8 名古屋市立大学 薬学部 71
9 東京工業大学 第2類学部 70
9 東京工業大学 第6類学部 70
9 東北大学 理学部 70
9 北海道大学 薬学部 70
10 広島大学 医学部 69
10 千葉大学 薬学部 69
10 九州大学 薬学部 69
11 東北大学 医学部 68
11 九州大学 医学部 68
11 大阪市立大学 医学部 68
11 奈良県立医科大学 医学部 68
11 浜松医科大学 医学部 68
11 大阪大学 歯学部 68
11 山口大学 共同獣医学部 68
11 鹿児島大学 共同獣医学部 68
11 北海道大学 農学部 68
12 岐阜大学 医学部 67
12 神戸大学 医学部 67
12 愛媛大学 医学部 67
12 お茶の水女子大学 生活科学部 67
12 東北大学 薬学部 67
12 大阪大学 理学部 67
12 大阪大学 工学部 67
12 岩手大学 農学部 67
12 東京医科歯科大学 歯学部 67
12 岡山大学 薬学部 67
12 神戸大学 農学部 67
12 神戸大学 工学部 67
12 九州大学 工学部 67
12 北海道大学 理学部 67
12 岐阜薬科大学 薬学部 67
13 京都府立医科大学 医学部 66
13 山口大学 医学部 66
13 鹿児島大学 医学部 66
13 山形大学 医学部 66
13 名古屋大学 理学部 66
13 名古屋大学 工学部 66
13 大阪大学 基礎工学部 66
13 広島大学 薬学部 66
13 徳島大学 薬学部 66
13 九州大学 歯学部 66
13 お茶の水女子大学 理学部 66
13 九州大学 理学部 66
13 神戸大学 理学部 66
13 北海道大学 工学部 66
13 静岡県立大学 薬学部 66
13 大阪府立大学 工学域学部 66
14 北海道大学 医学部 65
14 筑波大学 医学群学部 65
14 岡山大学 医学部 65
14 金沢大学 医薬保健学域学部 65
14 三重大学 医学部 65
14 横浜市立大学 医学部 65
14 富山大学 医学部 65
14 滋賀医科大学 医学部 65
14 宮崎大学 医学部 65
14 東北大学 工学部 65
14 東北大学 農学部 65
14 名古屋大学 農学部 65
14 熊本大学 薬学部 65
14 岡山大学 歯学部 65
14 広島大学 歯学部 65
14 九州大学 農学部 65
14 長崎大学 薬学部 65
14 北海道大学 歯学部 65
14 筑波大学 生命環境学群学部 65
14 横浜国立大学 理工学部 65
15 長崎大学 医学部 64
15 熊本大学 医学部 64
15 信州大学 医学部 64
15 旭川医科大学 医学部 64
15 秋田大学 医学部 64
15 福井大学 医学部 64
15 佐賀大学 医学部 64
15 琉球大学 医学部 64
15 東北大学 歯学部 64
15 筑波大学 理工学群学部 64
15 東京農工大学 農学部 64
15 新潟大学 歯学部 64
15 富山大学 薬学部 64
15 徳島大学 歯学部 64
15 長崎大学 歯学部 64
15 千葉大学 理学部 64
15 鹿児島大学 歯学部 64
15 大阪府立大学 生命環境科学域学部 64
16 新潟大学 医学部 63
16 鳥取大学 医学部 63
16 香川大学 医学部 63
16 北海道大学 総合入試理系学部 63
16 名古屋大学 情報文化学部 63
16 九州歯科大学 歯学部 63
16 首都大学東京 都市教養-都市教養学部 63
17 群馬大学 医学部 62
17 弘前大学 医学部 62
17 奈良女子大学 生活環境学部 62
17 大阪市立大学 生活科学部 62
17 九州大学 芸術工学部 62
17 筑波大学 情報学群学部 62
17 大阪市立大学 工学部 62
17 千葉大学 工学部 62
17 東京農工大学 工学部 62
17 岐阜大学 応用生物科学部 62
17 広島大学 生物生産学部 62
17 山梨大学 医学部 62
18 徳島大学 医学部 61
18 島根大学 医学部 61
18 高知大学 医学部 61
18 大分大学 医学部 61
18 北海道大学 水産学部 61
18 千葉大学 園芸学部 61
18 東京海洋大学 海洋科学部 61
18 岡山大学 理学部 61
18 広島大学 理学部 61
18 大阪市立大学 理学部 61
18 電気通信大学 情報理工学域学部 61
18 金沢大学 理工学域学部 61
18 神戸大学 海事科学部 61
18 広島大学 工学部 61
18 神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部 61
19 岡山大学 農学部 60
19 京都府立大学 生命環境学部 60
19 大阪府立大学 地域保健学域学部 60
19 埼玉大学 理学部 60
19 首都大学東京 都市環境学部 60
19 首都大学東京 システムデザイン学部 60
19 名古屋市立大学 看護学部 60
20 千葉大学 看護学部 59
20 大阪府立大学 現代システム科学域学部 59
20 岡山大学 工学部 59
20 静岡県立大学 食品栄養科学部 59
20 岡山大学 環境理工学部 59
20 熊本大学 理学部 59
21 福岡女子大学 国際文理学部 58
21 埼玉大学 工学部 58
21 新潟大学 農学部 58
21 岐阜大学 工学部 58
21 静岡大学 農学部 58
21 奈良女子大学 理学部 58
21 熊本大学 工学部 58
21 茨城県立医療大学 保健医療学部 58
21 首都大学東京 健康福祉学部 58
21 愛知県立大学 看護学部 58
21 滋賀県立大学 人間看護学部 58
21 神戸市看護大学 看護学部 58
21 和歌山県立医科大学 保健看護学部 58
21 兵庫県立大学 理学部 58
22 名古屋工業大学 工学部 57
22 札幌医科大学 保健医療学部 57
22 札幌市立大学 看護学部 57
22 新潟県立大学 人間生活-健康栄養学部 57
22 県立広島大学 保健福祉学部 57
22 新潟大学 理学部 57
22 静岡大学 理学部 57
22 九州工業大学 工学部 57
22 埼玉県立大学 保健医療福祉学部 57
22 兵庫県立大学 看護学部 57
22 宇都宮大学 農学部 57
22 静岡大学 工学部 57
22 佐賀大学 農学部 57
23 群馬県立県民健康科学大学 診療放射線学部 56
23 千葉県立保健医療大学 健康科学部 56
23 岐阜県立看護大学 看護学部 56
23 静岡県立大学 看護学部 56
23 三重県立看護大学 看護学部 56
23 山口県立大学 看護栄養学部 56
23 愛媛県立医療技術大学 保健科学部 56
23 福岡県立大学 看護学部 56
23 茨城大学 理学部 56
23 信州大学 繊維学部 56
23 静岡大学 情報学部 56
23 三重大学 工学部 56
23 三重大学 生物資源学部 56
23 山口大学 農学部 56
23 九州工業大学 情報工学部 56
23 長崎大学 水産学部 56
23 福島県立医科大学 看護学部 56
23 福井県立大学 生物資源学部 56
23 福井県立大学 海洋生物資源学部 56
23 茨城大学 農学部 56
23 信州大学 理学部 56
23 島根大学 生物資源科学部 56
23 高知大学 理学部 56
23 宮崎大学 農学部 56
23 鹿児島大学 農学部 56
23 宮城大学 看護学部 56
23 石川県立看護大学 看護学部 56
24 京都工芸繊維大学 工芸科学部 55
24 山形県立保健医療大学 保健医療学部 55
24 山梨県立大学 看護学部 55
24 名古屋市立大学 芸術工学部 55
24 香川県立保健医療大学 保健医療学部 55
24 高知県立大学 看護学部 55
24 長崎県立大学 看護栄養学部 55
24 大分県立看護科学大学 看護学部 55
24 帯広畜産大学 畜産学部 55
24 東京海洋大学 海洋工学部 55
24 新潟大学 工学部 55
24 富山大学 理学部 55
24 山梨大学 生命環境学部 55
24 鳥取大学 農学部 55
24 愛媛大学 農学部 55
24 鹿児島大学 理学部 55
24 新潟県立看護大学 看護学部 55
24 新見公立大学 看護学部 55
24 弘前大学 農学生命科学部 55
24 山形大学 理学部 55
24 山形大学 農学部 55
24 宇都宮大学 地域デザイン科学部 55
24 宇都宮大学 工学部 55
24 群馬大学 理工学部 55
24 信州大学 工学部 55
24 信州大学 農学部 55
24 和歌山大学 システム工学部 55
24 愛媛大学 理学部 55
24 青森県立保健大学 健康科学部 55
24 岩手県立大学 看護学部 55
24 宮城大学 食産業学部 55
24 滋賀県立大学 環境科学部 55
24 県立広島大学 生命環境学部 55
24 熊本県立大学 環境共生学部 55
24 山口大学 理学部 55
25 群馬県立県民健康科学大学 看護学部 54
25 島根県立大学 看護学部 54
25 岡山県立大学 デザイン学部 54
25 福井大学 工学部 54
25 高知大学 農林海洋科学部 54
25 鹿児島大学 水産学部 54
25 山形県立米沢栄養大学 健康栄養学部 54
25 敦賀市立看護大学 看護学部 54
25 長野県看護大学 看護学部 54
25 愛知県立大学 情報科学部 54
25 兵庫県立大学 工学部 54
25 弘前大学 理工学部 54
25 山形大学 地域教育文化学部 54
26 岩手大学 理工学部 53
26 香川大学 農学部 53
26 長崎大学 工学部 53
26 秋田県立大学 生物資源科学部 53
26 石川県立大学 生物資源環境学部 53
26 長崎県立大学 情報システム学部 53
26 富山大学 工学部 53
26 鳥取大学 工学部 53
26 徳島大学 生物資源産業学部 53
26 愛媛大学 工学部 53
26 佐賀大学 理工学部 53
26 鹿児島大学 工学部 53
26 沖縄県立看護大学 看護学部 53
26 宮崎大学 工学部 53
26 公立はこだて未来大学 システム情報科学部 53
26 岡山県立大学 情報工学部 53
27 豊橋技術科学大学 工学部 52
27 山形大学 工学部 52
27 島根大学 総合理工学部 52
27 山口大学 工学部 52
27 滋賀県立大学 工学部 52
27 広島市立大学 情報科学部 52
27 秋田大学 理工学部 52
27 福島大学 理工学群学部 52
27 山梨大学 工学部 52
27 琉球大学 農学部 52
27 岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 52
27 公立鳥取環境大学 環境学部 52
27 北九州市立大学 国際環境工学部 52
28 茨城大学 工学部 51
28 秋田大学 国際資源学部 51
28 香川大学 工学部 51
28 大分大学 工学部 51
28 富山県立大学 工学部 51
28 高知工科大学 情報学群学部 51
28 高知工科大学 システム工学群学部 51
28 高知工科大学 環境理工学群学部 51
28 琉球大学 理学部 51
28 秋田県立大学 システム科学技術学部 51
29 前橋工科大学 工学部 50
29 長岡技術科学大学 工学部 50
29 徳島大学 理工学部 50
29 会津大学 コンピュータ理工学部 50
30 北見工業大学 工学部 49
31 室蘭工業大学 工学部 48
31 琉球大学 工学部 48
32 筑波技術大学 保健科学部 45

名古屋市立大学薬学部志望者の中には、理系学部にこだわりをもって受験する方もいるかと思います。
そこで国立大学の、理系学部が存在する大学に限定して偏差値ランキングを出してみました。

ちなみに名古屋市立大学薬学部は全国の理系学部内の偏差値ランキングで8位となっています。併願校として考えてる大学の理系学部の偏差値がどれくらいかもここで確認しておきましょう。

夏休み前は志望校の偏差値に届いていないのが当たり前

もう夏休みが始まるのに模試はいつもD判定、偏差値もボーダーに10も届いてない…と落ち込む受験生は多いです。

1学期が終わるころには受験勉強の習慣もつき、勉強をしているという実感はあるのに模試の結果は高2のときと変わらないまま。夏休みには三者面談もあり、第一志望合格への厳しさを嫌でも思い知ることになります。

ですが、夏休み前に模試の判定が悪いからといって心配する必要はまったくありません。

夏休み前に受けた模試の偏差値にはまだ受験勉強の成果が反映されていない

受験勉強の成果が表れるのは、勉強した3、4か月後と言われています。もしあなたが4月に受験勉強を始めたのだとしたら、成果が出るのは7月か8月。ちょうど夏休みですね。

そして三者面談で使われる模試のデータはいつ受けたものでしょうか?どの模試を受けたかにもよるのですが、だいたい6月以前に受けたものが多いはずです。

つまり、夏休みの三者面談で使われる模試は、まだ受験勉強の成果が反映されていないということです。これでは悪い判定も当然です。

ちなみに、現役生の偏差値がぐんと伸びるのは早くても秋、たいていの場合は冬以降と言われています。

夏休み前の模試で上位の偏差値を独占するのは多くが浪人生

では、夏休み前の模試でよい判定を取っている人たちはどんな人なのでしょう。

もちろん余裕をもって2年生で受験勉強を始めた人もいますが、多くは浪人生です。

浪人生は皆さんより1年多く勉強し、受験も経験しているので夏休み前からすでにボーダーに近い成績を取ります。

ただし単に勉強量がモノを言うなら、現役生は浪人生には叶わないはずです。しかし最終的には五分五分、現役生のほうが受かりにくいということは決してありませんよね。

浪人生は夏休み以前の成績を受験までキープしますが、さっきも述べたように現役生は冬以降に伸びるからです。

つまり、偏差値や判定が実際に大学入試と近いものになるのは冬以降に受けた模試です。

得意な一教科の偏差値が全体の偏差値を押し上げてる場合は要注意

二次試験のことを考えて、模試では3科目の平均偏差値も出してくれます。英語はいまいち、国語はまあまあだけど日本史が得意だから偏差値65、というように1教科だけで全体の偏差値を押し上げている人は要注意です。

国立大学の多くは最低でも入試に3科目が必要です。よくある組み合わせだと、文系の場合は国英歴、理系の場合は英数理です。

ここで国立志望の受験生にありがちなのが「英語が苦手だから、英語の分は日本史でカバーしよう!」、理系なら「英語が苦手だから生物でカバーしよう!」という考え方。

この考え方は非常に危険です。まず文系の場合で考えてみましょう。

国立文系は、多くの場合が国語と英語に高い配点が与えられています。一方、歴史は国英よりも配点が低く設定されています。

受験は3科目の総合得点で勝負です。よくある配点パターン国語100、英語100、日本史70の場合、英語で落とした30点を日本史の+30で補うのは至難の業なのです。

もちろん、学部や学科によって違いはあります。例えば、教育学部の地歴学科の場合は歴史に重点が置かれていることもあります。

理系だと、英語が苦手な人が理科でカバーしようとする人が多く見られます。これも同様の理由で危険です。

まずは志望学部の配点を確認しましょう。もし配点の低い科目が3教科全体の偏差値を押し上げているなら、残り2科目の対策を中心にこれからの受験勉強を進めていきましょう。

名古屋市立大学薬学部の偏差値・合格最低点に現時点で届いていない場合

名古屋市立大学薬学部を第一志望として目指しているけれども現時点では全く名古屋市立大学薬学部の偏差値に届いていないため模試でD判定、E判定がでている方もいるかと思います。

そうなると名古屋市立大学薬学部の対策ができる講座を行っている塾や予備校に行くという選択肢も当然考えると思います。

しかし予備校・塾へ通うとなるとそれなりにお金がかかってしまいますし、予備校の過去問講座をとりたいけれど、近くに塾・予備校がなかったりお金をかけられず志望校対策が思ったようにできない受験生もいるはず。

そこでお金をたいしてかけずに名古屋市立大学の志望校対策につながる勉強ができるので試して欲しいのが「スタディサプリ(旧受験サプリ)」です。

「スタディサプリ」の志望校対策講座

スタディサプリとは「スマホ・PCでトップ予備校講師の授業が見れるオンライン学習サービス」で、通年授業・志望校対策講座などの全授業を月額980円で受講可能。

いまなら1ヶ月無料+Amazonギフトカード2,000円分がもらえるので、実質3ヶ月間無料で受講ができます。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!

スタディサプリスタディサプリ