2016年08月11日更新

『私立の試験で模試のように自分の穴を見付ける』東京大学理科一類志願者の受験校の決め方

東大理系2015

合格者のプロフィール

年度 2015年(現役)
進学 東京大学理科一類
合格学部
  • 慶應義塾大学理工学部学問4
  • 早稲田大学創造理工学部
出身高校 神奈川県私立サレジオ学院高校
センター試験
英語
190点
国語
156点
数学ⅠA
96点
数学ⅡB
100点
物理
100点
化学
92点
地理B
74点

―合格した学部、不合格になった学部を全て教えてください。試験日程の一連の流れを教えてください。

日程 学部 試験or合否
2/12 慶應義塾大理工学部 試験
2/16 早稲田大学創造理工学部 試験
2/23 慶應義塾大理工学部 合格
2/25 東京大学理科一類 試験
2/26 東京大学理科一類 試験
2/26 早稲田大学創造理工学部 合格
3/10 東京大学理科一類 合格

Sponsored Links

―受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

第一志望の東大に落ちたら浪人する覚悟が出来ていたので、早慶に関してはそこまで緊張しなかったですね。

とはいってもやはり慶應は最初の個別試験だったので、雰囲気はどんな感じなんだろうかと少し気にはなりましたが。

早慶は合格する自信はありましたし、落ちたとしても過去問対策が甘かったからだろうと考えるつもりで受けました。

慶應の結果発表は東大の試験日より前で、自信はそこそこあったので結果を見ましたが、やはり合格の文字が見えた時には自分がやってることが通用するんだとほっとしましたね

しかし東大は別格だと思っていたので、そこで調子に乗ることはなかったです。

―受験校を決めるにあたって大事にしたこと、また迷ったことを教えてください。

最初は東大だけでもいいかなと思っていました。もしも落ちたら不安になるでしょうし、受かったとしても調子に乗ってしまうのではないかと考えていたからです。

担任の先生に「早慶は模試のようなものだと考えて、最後に自分の穴を見つけたり、本番の雰囲気に少しでも慣れるためにも受けるべき」と言われ、納得して受験することを決めました。

自分の周りにはそれよりも前に東京理科大学を受ける人が多く、こちらも「受けてみては?」と担任の先生に言われていたのでかなり迷いましたね。

結局得られるものはあまりないと判断し、受験しないことにしました。

―受験学部の過去問はそれぞれ何年分、何周行いましたか?また受験学部や受験数によって特に大変だったことを教えてください。

早慶の過去問は基本3年分ずつ解きました。受かっても通わないとはいえ絶対に落ちたくなかったのと、難易度の高い問題が多く東大対策にも多少は繋がると考えていたからです。

とはいえ同じ問題は1回しか解きませんでしたね。ざっくり採点して自分がどれくらい解かなければ合格できないのか、時間配分はどうすべきかを把握するのがメインでしたので。

もちろん、特に物理化学で解く中で穴が見つかれば問題集で復習はしました。早稲田の英語は東大よりも時間制限が厳しい印象を受けたので、何を捨てるかといった戦略を立てるのが大変でしたね。

東大は英語国語物理が7年分、数学17年分、化学25年分。過去問以外にも予備校の対策問題集を使いました。

具体的に、英語は駿台『東京大学への英語 2015―実戦模試演習』。

数学は駿台『東京大学への数学 2005―実戦模試演習』(学校で借りました)。

理科は駿台『東京大学への理科 2015―実戦模試演習』、河合塾『入試攻略問題集東京大学数学 2011』(学校で借りました)。

また本当に試験直前には、自分が受けた東大実戦、東大オープン、東大プレにリベンジしました。

―直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?その理由も含めて教えてください。

早慶は問題自体難しいとは感じましたが、ざっくり出来を見たところで最低点は余裕で越えていたので受かるとは思っていました。

東大に関しては東大模試を受けていたためにどれくらいできれば大丈夫だろうという基準が自分の中で出来上がっており過去問を解いてもその基準は超えていたので、大きなミスをしなければ受かるだろうとは思えていましたね。

―最終的な受験校選びは本当に難しいですが、大学受験を終えた今考えて受験校を決める際に最も大事なことを教えてください。

国立志望に限った話なのかもしれませんが、無駄に多く受けすぎないことでしょう。第一志望に受かるためにはそこ落ちたら浪人するくらいの意思が必要だと思います。

ただ雰囲気を知ったり穴を見つけるために練習をできてよかったとは思ってますし、周りにも1つしか受けない人は少なく不安だとは思うので、第一志望よりやや低いレベルの私立を2,3個受けるくらいでいいのではないでしょうか。

―最後に同じ学部を志望する受験生に向けてこの学部志望ならではのアドバイスをお願いします!

東大は科目数が多いですから、1つ苦手があっても他でカバーできます。

高3の夏くらいまでは全教科高得点を狙ってほしいですが、秋以降は苦手科目に引っ張られすぎないことが1つのポイントではないでしょうか。

また合格者でも得点配分は本当に多様。例えば秋以降は点が上がりやすい理科に力を入れるなど、他人に流されず自分に合った計画を立ててください

【PR】 「スタディサプリ」の志望校対策講座

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『2週間無料なので合わなければ2週間で辞められる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

「スタディサプリ」を無料体験!