2016年06月16日更新

『1年間を考えると膨大な時間だからこそ英語のカギを握る英単語を』早稲田大学文学部合格者の高3の移動時間の勉強法

合格者のプロフィール

年度 2015年(現役)
進学 早稲田大学文学部
合格学部
  • 東京外国語大学言語文化学部
  • 早稲田大学文化構想学部
  • 同志社大学文学部
  • 関西学院大学文学部
出身高校 兵庫県立姫路飾西高校
センター試験
英語
182点
国語
161点
日本史
97点

―定期テストなどの直前を除いて移動時間は主にどの教科の勉強にあてていましたか?また勉強の仕方も具体的に教えてください。

移動時間は英単語の暗記に力をあてていました。使っていたのは学校で配布された『DateBase 4500』と、自分で買った『速読英単語 上級編』です。

使い方は、まず行きの電車で50単語覚え、帰りの電車で朝覚えた50単語のうち覚えられていなかった単語にチェックをつけてその単語だけ繰り返し覚えていました。それと同時に、知っている同義語や反義語があればそれを書き込んで単語を体系づけて覚えやすいように工夫しました。

次の日の朝にチェックをつけた単語を覚えているか確認し、まだ覚えられていなければ付箋を貼ってもう一度覚え、その日の分の50単語を新しく覚えました。

Sponsored Links

―移動時間にその教科の勉強にあてていた理由を教えてください。

第一志望の早稲田大学の過去問を初めて解いたとき、英語長文の単語が分からないものが多く点が取れなかったから

文法が分かっていても単語の意味が分からなければ意味を取ることすらできないので、通学時間に限らず普段から英語は単語を中心に勉強していました。

また、受験には膨大な量の英単語の暗記が必要と分かり、それを暗記する時間をわざわざ受験勉強中に作るのはもったいないとも思っていました。

英単語の暗記なら移動時間も無駄なく活用できる上に、単語帳はコンパクトなものが多いので移動時間の勉強にはうってつけだと思います。

―移動時間の勉強の効果を最大化するために気をつけていたことを教えてください。

気をつけていたことは2つです。とにかく繰り返し見て覚えること覚えていない単語だけにターゲットを絞ること

書いて覚えるのは時間もかかります。そしてそもそもセンターと私立一般しか受ける予定のない私にとっては英単語のつづりを正確に書ける必要まではなく、問題紙上にその単語を見たときに意味さえ分かればよかったので、書くのではなくとにかく『見て』覚えるようにしていました。

そして、覚えていない単語だけを覚えること。一度覚えた単語は、忘れてしまった場合を除いては受験までもう復習しません。受験まで日数は限られているので知っている単語を見直すよりは知っている単語をひとつでも増やすべきだと考えていました。

―移動時間の勉強に向いていないと思う教科や単元を理由も含めて教えてください。

教科に限らず読解を必要とする単元。移動時間は、例えば電車の乗り換えや周囲の騒音などがあります。読解のためには時間も集中できる環境も必要なので、国語や英語長文は移動時間には向いていないと思います

―移動時間の勉強は1年間で考えるとかなりの時間になります。最後に移動時間の勉強で最も大事なことを教えてください!

計画性。1年間という長期間を有効的に使うために『1学期中にこの単語帳を完璧に仕上げる』など、出来るだけ数字のある具体的なスケジュールや目標を立てることが大切だと思います

画像引用:instagram.com