2017年04月01日更新

『早慶を受けるにせよ受けないにせよ、考えている時間が無駄だった』2015年度理科一類合格者の「併願校の決め方」

東京大学(理科-前期日程)(2015年版 大学入試シリーズ).jpg

合格者のプロフィール

年度 2015年(現役)
進学 東京大学理科一類
合格学部
  • 慶応義塾大学理工学部学問4
  • 早稲田大学創造理工学部
出身高校 私立サレジオ学院高校
センター
試験
英語
190点
リスニング
50点
国語
156点
数学ⅠA
96点
数学ⅡB
100点
物理
100点
化学
92点
地理B
74点
合計
808点
圧縮
98.756点
2次試験
英語
77点
国語
38点
数学
60点
物理
24点
化学
42点
合計
248.756点
総合得点 338.756点 / 550点

―受験したすべての学部と、その入試日・合格発表日のスケジュールを教えてください。

日程 大学学部 試験or合否
2/12 慶應義塾大学理工学部 試験
2/16 早稲田大学理工学部 試験
2/23 慶應義塾大学理工学部 合格
2/25 東京大学理科一類 試験1日目
2/26 東京大学理科一類 試験2日目
2/26 早稲田大学理工学部 合格
3/10 東京大学理科一類 合格

Sponsored Links

―併願校を決める際、最も重要だと思っていたことを教えてください。またこのスケジュールを実際に体験してみて、感情面・勉強時間の面などでよかったと思っている点と後悔している点をそれぞれ教えてください。

もともと東大に落ちたら浪人する覚悟はできていたので、正直併願校はいらないと思っていました。

しかし学校の担任の先生に「やはり実際の試験場の空気には慣れておいた方がいいし、模試みたいに自分の穴が見つかることが多いからやった方がいい」と言われ、最低限慶應義塾大学と早稲田大学だけ受験したっていう感じですね。

よかったのはやはり試験会場がどうなっているのか、どんな段取りで進むのかを予めしれたこと、そして一緒に受けた友達よりも出来が良かったので「自分は入試本番でも戦える力があるんだ」と自分の実力を実感できた点です。

また早慶の過去問を各教科3年分くらいやりましたが、東大とは聞かれる部分はやや違うもののいい復習になった・勉強になったと思ってます。

後悔しているとすれば、併願校を決めるのに時間を使い過ぎてしまったことですかね。早慶自体受けるのかも悩みましたし、プラスして担任の先生から勧められていた東京理科大を受けるかについても非常に考えました。

併願校1個受けるかどうかで東大に受かるかは変わらないです。そんなこと考えている間にも問題を解いていれば良かったと思っています。

―思っていたほど成績が伸びなかったりセンター試験の結果によって志望科類が変わった人もいると思いますが、最終的に東京大学理科一類を受験することになった経緯を教えてください。またセンターの結果がよかった人は、失敗した場合にどうする予定だったか教えてください。

高2の秋に東大を目指すことを決め、とりあえず東大生になりたかったので理一と理二どちらでもいいと最初は考えていましたね。

そのうち東大の進振り制度を詳しく知って、僕が関心を持っていたまちづくり関係の勉強ができる工学部や理学部に入るためには理一の方がいいと思い、高3の夏くらいには理一に絞っていました。

理二の方が合格最低点が低いことが多く受かりやすい印象がありましたが、理二の最低点は超えても理一の最低点を超えられないようなギリギリのラインを狙っても受かるわけがないと考えていましたね

東大に入れなかったら浪人する覚悟もあったので、センターや直前の模試の結果がどうであろうと理一受ける以外の選択肢はありませんでした。

―東大にしか通うつもりのない人は受験校を東大一本に絞る人も多いですが、東大一本に絞った人・併願した人それぞれそのメリットとデメリットや、もしもう一度受けるならどうするかについて具体的に教えてください。

結果から言えば東大一本でも自分は受かっていたと思いますが、当時はとにかく東大に受かる可能性を上げられるのであれば何でもしたいと思っていたので、早慶の受験は一つの安心材料にはなっていたと思います。

デメリットはお金がかかることと勉強時間が足りなくなることでしょうが、東大の過去問を復習まで含めてちゃんとできている人は勉強がマンネリしがちだと思うので、早慶の過去問を解くのもいい刺激にはなると思いますよ

ただ東大に入って東大一本で受かった人の話を聞くとやっぱりかっこいいな、とは思いますし、自分も結果から言えば東大一本でも受かったとは思います。

―最後に併願校を決めかねている東大志望者に、受験を終えた今だから言える併願校の決め方に関するアドバイスをお願いします!

もし東大にしか入るつもりがないのであれば、あまり併願校をどうするかについて心配しないでください。そこで早慶を受けようと受けまいと、受かる人は受かりますから。だからどっちにしてもさっさと判断して集中力を取り戻してください。

またもしどうしても現役で受かりたいのであれば、模試の成績は嘘をつかないと思っていていいと思います。現役生ならA判定をコンスタントに取れているところは過去問対策を2,3年分やればほぼ受かりますので。

ただ過去問対策は絶対やって、時間配分とかはちゃんと戦略を練ってから受けるようにしてください。それだけでだいぶ合格率は上がると思います。東大に現役合格できるよう、頑張ってください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が実質3ヶ月無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら1ヶ月無料+Amazonギフトカード2,000円がもらえる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

スタディサプリ

スタディサプリ

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!

スタディサプリ スタディサプリ