2017年04月01日更新

『模試で出た問題くらい完璧に理解しないと今後の成績の伸びは望めない』2015年東京大学理科一類合格者の「模試の活用法」

東京大学(理科-前期日程)(2015年版 大学入試シリーズ).jpg

合格者のプロフィール

年度 2015年(現役)
進学 東京大学理科一類
合格学部
  • 慶応義塾大学理工学部学問4
  • 早稲田大学創造理工学部
出身高校 私立サレジオ学院高校
センター
試験
英語
190点
リスニング
50点
国語
156点
数学ⅠA
96点
数学ⅡB
100点
物理
100点
化学
92点
地理B
74点
合計
808点
圧縮
98.756点
2次試験
英語
77点
国語
38点
数学
60点
物理
24点
化学
42点
合計
248.756点
総合得点 338.756点 / 550点

―高3の1年間に受験したすべての模試を教えてください。また東大模試に関しては判定も教えてください。

模試
4月 Z会・河合プレステージ
5月 第1回河合全統マーク
6月 第1回駿台全国模試
7月 第2回河合全統マーク、第1回駿台東大入試実践
8月 第1回河合東大即応オープン
9月 第2回河合全統記述、駿台・ベネッセマーク、第2回駿台全国模試
10月 第3回河合全統記述、第3回河合全統マーク
11月 第2回河合東大即応オープン、第2回代ゼミ東大入試プレ、第2回駿台東大入試実践、河合センタ―プレ
12月 第3回駿台全国模試、駿台センタープレ
東大模試 判定
第1回駿台東大入試実践 B
第1回河合東大即応オープン B
第2回代ゼミ東大入試プレ A
第2回河合東大即応オープン A
第2回駿台東大入試実践 A

Sponsored Links

―東大模試以外で特に東大志望者が受験すべき重要な模試を、その理由も含めて教えてください。

まず必ず受けるべきなのは第1回・第2回の駿台全国模試ですね。これは東大という名前はついていないものの、受験者層のレベルはかなり高く、東大受験生の多くが受けていると言われています。

問題のレベルも全統記述などに比べるとかなり難易度が高いので、いきなり東大模試を受けるよりこれらの模試で問題が難しい模試の雰囲気を体感しておくといいと思います。

またマーク模試も定期的に受けた方がいいでしょうね。定期的に受けることで過去に立てたセンターの時間配分の戦略などを忘れにくくなりますし、マークの仕方とかも含めてセンター形式に慣れることが重要だと思います。

僕は少し受けすぎたかなと思っているので、基本は駿台だけ・河合だけを全部受け直前のセンタープレだけは両方受ける、くらいでちょうどいいのではないでしょうか。

―模試の結果から様々な情報を得ることができますが、特にどの情報に注目してその後の勉強に活かしていましたか?そこに注目した理由も含めてお願いします。

僕の場合は各教科の偏差値のバランスと、数学や理科の具体的に間違えていた箇所を重要視していましたね。

まず各教科まんべんなく得点できるようになるのが入試本番での安定につながると思っていたので、得意教科をつくるよりも苦手強化をつくらないようにしていました。

また数学や理科は例えば数Ⅲの複素数で間違えたなら複素数の他の問題も解くとか、穴があった問題の周辺の問題も合わせて復習するようにしていたのはよかったと思います。

―東大志望者は東大模試、それ以外の模試の判定をそれぞれどのように受け止めるべきだと思いますか?あなた自身の経験を踏まえてお願いします。

まず東大模試以外の全統記述や駿台模試の方は良かろうと悪かろうと判定自体は気にしない方がいいです。母集団がやはりずれてくるので。

ただ僕の場合は東大模試以外では高3以降はA判定しか取ったことがなかったのに東大模試ではB判定だったので、普通の模試でB判定取れていないようなら効率よく、かつ長時間かけて勉強していく必要があるかと。

また判定というのはそもそも2,3ヵ月前の自分のステータスに過ぎないので、悪かったとしても模試の後にしっかり自分が納得できる勉強をしてきたのであればそこまで不安にならないはずです。

不安になるということは自分のやっている勉強に自信が持てていなかったり、努力できていないとどこかで感じているからなのでは?だとしたらより良い勉強に切り替えるべきですよね。

あとよく「A判定なのに落ちた」とか「D判定なのに受かった」とかって驚く人がいますが、そもそもA判定というのは合格確率80%であり、D判定は20%なので、5人に1人いて当たり前なので。判定はその程度の意味しかないです。

―東大志望者が模試を受けるペースは何を基準に決めていけばいいと考えますか?あなた自身の経験を踏まえてお願いします。

まず安心材料として模試を求めている人は良くないと思います。

たしかに受験勉強は不安が消えないと思うので模試でいい結果を出して安心したい気持ちはわかりますが、模試を受けることによって成績が上がることはなく、むしろ勉強時間を失うということを覚えておいてください。

東大模試は駿台河合を受け、マーク模試や記述模試はどちらかの予備校に絞る、くらいでも充分かと。1つの問題集を終えるのには最低でも2ヵ月はかかると思うので、これより短いスパンで受けてもあまり効果はない気がします。

逆に問題集を進めるペースを先に決めてそれに合わせて模試を設定していくと、問題集を進めるいいモチベーションになるのではないでしょうか。

ただ「模試がモチベーションになる」とか「試験慣れしたい」という明確な目的があるなら、お金の関係は良く相談した上で多く受けるのは悪いことじゃないと思いますよ。

―最後に東京大学合格を目指している後輩に、模試をより効果的に利用するためのアドバイスをお願いします!

どんな模試だろうと、出てきた問題だけは確実に理解してください。僕は夏の東大オープンで出た物理の問題の解説をしっかり読まなかったがために、秋までずっと公式の使い方を勘違いしていたということがありました。

東大模試の問題は予備校が当てに来てますから、自分が受けた模試の問題くらいは完璧に理解できるまで復習してください。難しいと思うので、もちろん先生に質問しまくってください。

東大模試以外の普通の模試なら各分野で基本となる重要な問題ばかりですから、なおさら理解できていないと今後のあなたの成長を頭打ちする要因になると思っておいてください。

【PR】今なら「スタディサプリ」が実質3ヶ月無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら1ヶ月無料+Amazonギフトカード2,000円がもらえる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

スタディサプリキャンペーン

スタディサプリ

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!

スタディサプリスタディサプリ