2016年11月04日更新

明治内閣は内閣総理大臣の派閥とその対立で整理する

13256815_1782532988643058_2102664488_n

絶対に入試に出る明治時代は何内閣の時にどんな政策がされたのかまで仕上げておくことが必須

明治時代になると現代日本の基礎となる内閣制度が完成します。

明治時代の内閣はとにかく目まぐるしく変わっていくのが特徴。入試では内閣とその政策が暗記できているかが問われます

明治・大正時代は入試頻出。センター試験、私立一般、国公立二次と受験をしていく中で、明治・大正時代の問題に出会わないということは絶対にありません。

しかし頻出であるにも関わらず、苦手な人が多いのもまた事実です。内閣と政策を結びつけるどころか、内閣総理大臣の名前すら順番通りに言えない…という受験生もちらほら

繰り返すようですが、明治時代は入試で絶対に出てきます。そしてその問題を解くには何内閣の時にどんな政策がなされたのかを暗記しておく必要があります。

明治時代内閣一覧

内閣総理大臣 主な政策・出来事
1 伊藤博文 内閣制度発足、初代内閣総理大臣
2 黒田清隆 大日本帝国憲法発布
3 山形有朋 第1回総選挙、教育勅語発布
4 松方正義 大津事件
5 伊藤博文 治外法権撤廃、日清戦争、下関条約
6 松方正義 八幡製鉄所設立
7 伊藤博文
8 大隈重信 隈板内閣
9 山形有朋 義和団の乱、北清の変
10 伊藤博文 足尾鉱毒事件
11 桂太郎 日英同盟締結、日露戦争、ポーツマス条約
12 西園寺公望
13 桂太郎 大逆事件、韓国併合条約
14 西園寺公望 明治天皇崩御

明治時代の内閣と、その政策や主な出来事をまとめたのが以上の表です。

ただしこの表は超重要語句だけを集めたものなので、この表で明治内閣の流れを頭に入れた後に教科書や過去問で肉付けをしていく必要があります

明治時代の内閣は14代。ですが総理大臣になったのは実はたったの7人です。第一次伊藤内閣、第二次、第三次と同一人物が歴任したのですね。

明治内閣の歴代総理大臣と重要事項をおさらいしたところで、今度は派閥の側面から見てみましょう。

Sponsored Links

押さえるべきはまず伊藤派と山県派

明治大正昭和と脈々と続く政治家の派閥の始まりは、伊藤博文の派閥山県有朋の派閥(以下伊藤閥と山県閥)です。

なぜこの2人が対立するようになったのかというと、明治維新以降の日本の政治体制を巡ってのことです。伊藤は政党政治を、山県は君主政治を主張しました。

結果的には伊藤が勝利しました。山県が勝利していたら、今の日本の政治は政治家ではなく天皇が取り仕切っていたかもしれませんね。

山県は伊藤に敗北しましたが、派閥となれば話は別です。山県閥も依然として勢力を保っていますから、第3代内閣では山県が総理大臣になっています

明治時代前半は基本伊藤と山県が内閣総理大臣の就任を繰り返していますが、松方正義大隈重信も重要人物です。

まず松方は初代伊藤内閣で大蔵大臣(現在の財務省)に就任しました。つまり伊藤閥の政治家です。彼は自らが総理大臣になると日本の貨幣制度の設立に尽力しました

ですがこの松方は大隈と不仲で、大隈率いる進歩党との足並みが揃わずに1年もたたずに総辞職に追い込まれます

また明治時代に起きた戦争は日清戦争日露戦争ですが、当時の総理大臣はそれぞれ伊藤博文と桂太郎です。よく出題されますので覚えておきましょう。

伊藤派の西園寺と山県派の桂の桂園時代

明治時代後半に移りましょう。伊藤と山県の後継者ともいうべき2人の政治家が、伊藤と山県の時と同じように交互に総理大臣を歴任します

伊藤閥は西園寺公望山県閥が桂太郎です。政策の方針は伊藤と山県をそれぞれ受け継いでいます。この2人が総理大臣を務めた期間を、桂園時代ということもあります。

ただし西園寺公望内閣で取り立てて大きな出来事はありませんでした。一方で桂太郎内閣では日露戦争、大逆事件、韓国併合と大きな出来事が立て続けに起こります

以上で明治内閣の派閥の解説は終わります。重要なのは、

明治前半:伊藤博文VS山県有朋、松方正義VS大隈重信
明治後半:西園寺公望(伊藤閥)VS桂太郎(山県閥)

という派閥の対立構造です。明治時代内閣の表と対立構造を押さえたら、あと一息。最後に内閣総理大臣の順番を覚えましょう。

明治時代内閣総理大臣の覚え方

残念ながら明治内閣総理大臣の覚え方に語呂合わせはありません。しかし逆に言えば、語呂合わせがないのは語呂合わせしなければいけないほど難しい暗記ではないということです

地道に覚えていくのも悪くありませんが、手っ取り早く覚える方法として有名なのが、総理大臣の名前の頭文字を順番通りにひたすら唱えるというもの。

いくやまいまい、おやいかさかさ

意味はないのですが非常にリズミカルで覚えやすいですね。内閣と主要な出来事、派閥、総理大臣の順番をマスターできたら、あとは教科書で知識の肉付けをするだけで入試で使えるレベルにまで到達します

【PR】 「Z会」の大学受験講座

Z会の通信教育

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。最高クラスの教材に加え自分の回答添削をしてもらえるので1人で問題集を解くよりも効率的に学習できます。

無料で資料請求