2015年10月25日更新

過去問で点がとれないからといって新しい問題集を買うべきでない

新しい問題集を解けば成績が上がるというのは幻想

本番が近づくにつれて、模試の偏差値が自分の望み通り出なかったりC判定以上を出せないと「今のままの勉強ではダメなのかも」と焦ってくるもの。

そこでよくやってしまいがちなのが「新しい問題集に手を出す」です。

落ちるんじゃないかという不安を掻き消すために新しい問題集を解き終えた後の自分を想像してつい買ってしまうのですが、今のままではおそらく新しい問題集を解いても状況は改善されないでしょう。

なぜなら今ある問題集を消化=自力で解けるまで繰り返す、していないのに新しい問題集に手を出しても同じことが起きるからです。

成績の上がらない2つの勉強法にもあるように、基本的には自力で問題を解けるようになったときに成績は上がります。

もし勉強法が間違っているのなら、どんな問題集を解いても成績は大して上がりません。

すでに解いたことがあり消化しきれていない参考書を有効活用

どの教科においても共通することですが、やっぱりちゃんと今まで参考書を買ってまともに勉強してきた人であれば、すでに十分な参考書があるはずなんですね。

数学ならチャートがあれば十分ですし、英語長文も何冊かあるでしょう。

見直すべきは「勉強の仕方」であって「参考書」ではないということをよく覚えておいてください。

「努力を無駄にしない!確実に成績が伸びる問題集の使い方」にもまとめてありますが、あなたが今まで解いた問題集を今すぐテスト形式で解いた場合、満点に近い点数をとることができるでしょうか?

おそらくほとんどの人ができないと思いますし、それは問題集を自力で解けるようになるまで繰り返し解いていないのが原因です。

Sponsored Links

今ある参考書と過去問を組み合わせて効果的に実力をつける

秋になる前なら良いですが、秋になると過去問にも手を出さないと不安になってきます。ではどうすればいいかというと、「すでに持っている、解いたことのある問題集と過去問」のどちらも同時に進めます。

受験生は過去問を特別扱いしがちですが、過去問も問題集として捉えることは秋以降成績を伸ばすためには欠かせません。

ただ、それと同時に実力自体をつける勉強を参考書を使って行う必要があります。

それには「解説を読み込み何度も繰り返す」必要があるので、過去問だと解説が不十分で物足りないのですね。

ですので、参考書と同時に過去問も解いて何度も復習し自力で解けるようにしなきゃいけないですが、解説がていねいな参考書も解かないと偏差値は上がりづらいのです。

英語長文で言えば、問題集で読んだことのある長文を復習しながらたまに過去問を解き、間違えた問題を解けるようになるまで繰り返すといった感じです。

今すでに持っている参考書を利用して最大限の成果を出すためにはどうすればいいか、よく考えてみましょう。

必ずしも新しい参考書を買うことが合格へ直結するとは限らないのです。

画像引用:instagram.com

【PR】 「Z会」の大学受験講座

Z会の通信教育

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「Z会」。最高クラスの教材に加え自分の回答添削をしてもらえるので1人で問題集を解くよりも効率的に学習できます。

無料で資料請求