2014年12月21日更新

明治政治経済学部で高得点をとるために必要なこと

goukaku-suppli_2016-02-06_11-53-31.jpg

明治政治経済学部の配点

明治の看板学部とも言われる、明治の政治経済学部。配点から確認していきましょう。

配点は英語150点、国語100点、社会100点であり、英語も制限時間が60分というところが特徴でしょう。(MARCHでは珍しいという意味で)

ただこの学部は合格点が7割近くと比較的高いのも特徴。理由は簡単で、慶應経済、慶應商、早稲田政治経済、早稲田商学部、早稲田社学、上智経済、上智経営を受ける人が滑り止めとしているからです。

なのでこの学部はいかにミスをしないかが勝負、すなわち高得点勝負になりますね。

英語の時間配分と解くべき順序

  • I (空欄補充・内容一致)⇒22分
  • II(空欄補充・内容一致)⇒22分
  • III(空欄補充)⇒16分

制限時間は60分でI、IIが似たような長文で、IIIは年によって変わりますが比較的難易度の低い空欄補充問題となっているので、まずはIIIから解き、IとIIに余裕を持たせるが良いでしょう。

この学部はいかにミスを減らすかが重要なので、見直しをできるくらいのスピードで解いていくのが理想です。

どんな人でもケアレスミスはしてしまうので、どちらかというと見直しができるように設問ごとに解く時間を決めて行くのも有効です。

Sponsored Links

明治政治経済学部の英語で勝負となる設問

先ほども述べたように、IとIIの正答率、そして見直しをできる時間を余らすことができるかが勝負の分かれ目でしょう。

IとIIの中でも特に重要なのが、本文の内容に一致するものを選びなさいという問題です。

内容一致なので他の設問よりもおそらく配点が高いというのも重要な理由になるのですが、それ以上に1番時間をロスしやすい問題だからです。

このタイプの問題を長文を全て読み終わってから解こうとすると、再び長文に目を戻さなければいけないのです。

過去問は少しでも効率的に解くためにはどうすればいいか考える必要があり、今回の例で言えば、2段落読んだら内容一致で解けるところを解くというのが1番良いでしょう。

この解き方ですすめていくと、わざわざ内容一致のときに時間を使わなくて済むので見直しに時間を使えます。

勝負の夏、ほとんどの受験生は成績が変わらないまま秋を迎える

第一志望合格を目指しているけれど、偏差値がまだ全然足りない、模試ではD判定、E判定が当たり前。

この夏、勝負をかけて一気に偏差値をあげようと思っている方も多いと思いますが、実際のところ夏休みに成績が上がるのはほんの一握りで、ほとんどの受験生は成績が上がりません。

その理由としては成績の上がる勉強法を行っていない、インプットのスピードが遅い、問題集の復習が自力で行えないといったところが主なところでしょう。

そこで一度試して欲しいのが「スタディサプリ」(旧受験サプリ)。ご存知でしょうか?CMでも話題になりましたね。

>>スタディサプリの公式HPはコチラ<<

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら1ヶ月無料なので合わなければ1ヶ月で辞められる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

第一志望現役合格を本気で目指している人にとっては会員登録さえすれば過去問を無料でダウンロードできてしまいますし、GMARCH,早慶の志望校別の対策講座も好きなだけ観れます。

いまなら1ヶ月無料+Amazonギフトカード2,000円分がもらえるので、実質3ヶ月間無料で受講ができます。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!

スタディサプリスタディサプリ