2016年03月13日更新

数学の授業の効果を最大化するノートの取り方は『なぜその解法を選ぶのか』をメモすることに集中すること

pixta_11334299_S

板書に集中するのは理解を後回しにしているだけ

数学の授業って、一度わからなくなると大体最後まで追いつけないですよね?その原因は予習の仕方と授業の受け方にあります

そもそも時間がないからと言って予習をしないという人がいますが、その場合結果的により多くの時間を失うかテストの点数を失います。逆に予習に力を入れすぎてしまっても授業で暇になり、非効率です。

またよくやってしまうのが、授業中にただ板書を写すことに集中すること。これは勉強している雰囲気が出てしまうので意外と危険です。

板書を写すのは理解を後回しにしているだけなので、絶対に何も身につきません

解答は後から先生にもらったり友達に写メを送ってもらえば一瞬で済みますし、ほとんどの問題は問題集に類題が載っているはずなので板書を全部写す必要はないです。

では予習で何をして、授業中何をすべきなのでしょうか?

予習では「何をしているか」を、授業中は「なぜそうするのか」を知る

それでは何をすべきかというと、予習する問題や類題の解答を持っている、もしくは教科書を見ればわかるのであれば問題を少し考えて手が止まったら解答を見るようにしてください。

予習ですべてを理解する必要はありませんし、時間をかけて考えたことがまったく見当違いなことだったらただ時間を無駄にするだけですよね?

このとき解答が具体的に何の公式を使っているのか、何の計算をしているのか、何に「ただし」と条件を付けているのかを確認します。

この予習をした上で授業では「なんでその解法を取るのか」「なんで自分の考え方ではだめなのか」を聞き取り、メモすることだけに集中してください。

次の問題で実際に何を予習すべきかを考えてみましょう。

問題:「y=x2-2ax(0≦x≦1)の最小値を求めよ。」

この問題で言えば、「平方完成したのち、場合分けをしなければいけない」ということを予習で覚え、「どのように場合分けするのか、なぜその場合分けなのか」を授業で学ぶのが最も効率的ということになります。

授業中ずっと集中力を保つというのは普通の高校生にとって不可能ですが、これなら授業中にメリハリを持たせることができるので授業についていけなくなる可能性も減らすことが出来ます。

Sponsored Links

定期テスト前にメモした「なんで」を使って解法暗記

そのうえで定期テスト前には授業中にメモした「なんで」を使って、問題を自力で解きます。

何回か解いて解けない場合でも、その解法をとる理由がわかっていれば、より簡単に解法を暗記することが出来るはずです。

ちなみに、「なんで」が授業中に説明されなかったときは、そこを質問しに行きましょう。

この予習の方法をとると「この問題がわからないです、できないです。」ではなく「なんでこうするんですか?なんで自分の考え方は駄目なんですか?」のように、知りたいポイントが絞られた質問ができるようになります。

【PR】 「スタディサプリ」の志望校対策講座

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『2週間無料なので合わなければ2週間で辞められる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

「スタディサプリ」を無料体験!