2016年06月11日更新

『授業を受ける前にすでに2,3回自分で解いておく』東京大学理科一類合格者の高3の数学Ⅲの授業の受け方

授業、数学

合格者のプロフィール

年度 2015年(現役)
進学 東京大学理科一類
合格学部
  • 慶應義塾大学理工学部学問4
  • 早稲田大学創造理工学部
出身高校 神奈川県私立サレジオ学院高校
センター試験
英語
190点
国語
156点
数学ⅠA
96点
数学ⅡB
100点
物理
100点
化学
92点
地理B
74点

―高3の数学Ⅲの授業(演習を含む)で扱った教材を全て教えてください。

高2の12月から高3の6月までは『オリジナル・スタンダード数学演習III 受験編』(通称オリスタ)を使用していました。数学Ⅲの1周目は高2の春から12月までで終わり、数学Ⅲの演習用としての使用です。

早慶旧帝大の中でもかなり難しめのレベルの問題がまとめられており、一人でこれを扱うのは絶対に無理だったと思います。オリスタの後は、先生が『合否を分けたこの一題』から問題を選んでプリントにし、毎回授業の時に配られていました。

こちらは各大学、各年の入試で一番差がついた、合否の分かれ目となった問題が集められているのでオリスタより適度な難しさです。

―高3の数学Ⅲの授業の「予習の仕方」について具体的に教えてください。

高3後半の『合否を分けたこの一題』使用時期は予習ができなかったので、オリスタ使用時期について。基本的にすべて習った後なので、学校からはとにかくどんどん先まで予習しておくように言われていました。

ですのでそれに従い、高3になる前の春休みで全範囲の予習を終わらせていました。解答解説も配られていたので丸付けをしてその段階では解けるようにし、解説を読んでもわからない場合はノートに何が分からなかったのかをメモするようにしていましたね

しかしこれだと予習が早すぎて授業を受ける頃には問題の設定を忘れてしまっていたので、授業の前日には必ずもう一度解き直しました。

―高3の数学Ⅲの「授業の受け方」で意識していたことを具体的に教えてください。

予習で自力で解けなかった場合はどこが分からなかったのかをメモしていたので、意識したのはそこの説明部分を特に集中して聞くこと。たまに自分がつまずいた部分の説明が薄いときもあったので、そのときは必ず質問していました。

またオリスタではとにかく高難易度の問題が続いたので、すべての問題について解答の記述に甘い部分がないかをよく確認していました。

合否を分けたこの1題のときも基本的には同じですが、オリスタ時代との違いは解いた直後に解説だったこと。

オリスタ時代は解答を読んでその問題のどこがポイントなのかを知ったうえで授業を受けることが出来ますが、解答を見る前の解説では先が読めません。

ですので自分がつまずいた部分が本当にその問題でポイントの部分だったのかを特に気にしていました。

序盤のほうで間違えてしまうと、その問題で先生が伝えたかった部分までたどりつくことすらできませんよね。もし自分が序盤につまずいていたとしたら、先生が核の部分を解説する前に自分で授業中に解いたりもしましたね

―高3の数学Ⅲの授業の「復習の仕方」について具体的に教えてください。

オリスタの時は、授業を受ける前にすでに2、3回同じ問題を解いていたので、復習は定期テストの前だけでした。ただ定期テスト前と言っても1か月前には解き直しを始めていましたね。

理科や英語は暗記があったことからなるべく直前にやりたかったので数学は1か月前には1日2問ずつくらいのペースで解き直しを開始しました。

合否を分けたこの1題の時は、全く歯が立たなかった問題はその問題の解き直しもしていましたが、それ以外は先生が出していた例題を解くことのみ。いずれも授業があったその日に解くようにしていました。

―高3の数学Ⅲの授業は志望校の数学を解く上で役立ったと思いますか?その理由も含めて教えてください。

一年を通じてとても役に立ちました。オリスタの時は、1人では処理できないような難しい問題を先生のフォローにより解く中で、計算量が多い問題や発想の転換が必要な問題に目が慣れていきましたね。

合否を分けたこの1題の時は、毎回の授業で初見の問題を時間を計って解いていたので、テストのような臨場感がありました。

テスト同様、少しでも部分点をもらえるように時間内でもがくように言われていたので、テストでどんな動きをしたらいいのかを体に染みつけることが出来たと思っています。

―大学受験を終えてみて数学Ⅲの授業をより効果的に活用するにはどうすれば良いと思いますか?その理由も含めて教えてください。

合否を分けたこの1題の時は、1問1問をもっと何度も解き直すべきだったと思っています。

自分で過去問を進めていた時期だったので解き直しに時間を割くことは容易ではありませんでしたが、入試直前には初見問題に慣れるために合否を分けたこの1題の最新版を自分で買って解きました。

今思うとそれをやらずに、授業で解いた問題の解き直しをした方が効率が良かったと思っています。

―最後に受験生に学校の数学Ⅲの授業に関するアドバイスをお願いします!

予備校に通う人や、自分で問題集を買って解いている人は、つい学校の予習復習がおろそかになる人もいると思います。

しかし問題集は少ない数を完璧にした方がいいと言われるように、授業で扱った問題を完璧に自力で解けるようにするのが優先です。予備校や問題集はそれが出来ている前提があって初めて考えるべきことだと思っています。

【PR】 「スタディサプリ」の志望校対策講座

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『2週間無料なので合わなければ2週間で辞められる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

「スタディサプリ」を無料体験!