2016年06月25日更新

『通学時間は「見て」効率的に覚える』東京大学文科一類合格者の高3の移動時間の勉強法

idou

合格者のプロフィール

年度 2016年(現役)
進学 東京大学文科一類
出身高校 兵庫県私立白陵高校
センター試験
英語
192点
国語
190点
数学1A
91点
数学2B
100点
化学基礎
42点
生物基礎
50点
日本史
94点
世界史
91点

ー定期テストなどの直前を除いて移動時間は主にどの教科の勉強にあてていましたか?また勉強の仕方も具体的に教えてください。

通学は電車で30分ほどだったので日本史、世界史の重要単語を覚えるのに充てていました。

家や学校で問題集を解いたときに答えられなかったものや覚えづらいものをメモ用紙に書き出していたので、それを通学中に見ていました。

また途中で一回乗り換えがあったので乗り換えるまでは日本史、乗り換えてからは世界史という風に分けて勉強していました。

Sponsored Links

ー移動時間にその教科の勉強にあてていた理由を教えてください。

もともと暗記科目が苦手で覚えるのが嫌いだったので、見るだけで覚えられないかなと思ったのがきっかけです。

特に覚えづらいものは机に座ってひたすら書いて覚えるよりも、毎日見ることで見覚えがある単語に変えていくほうが効率がよかったんです。

ー移動時間の勉強の効果を最大化するために気をつけていたことを教えてください。

定番ですが赤シートで隠して覚えることです。

下車する3分前ぐらいまではじっとメモを見て頭の中で唱えて覚え、3分前になると赤シートで隠すテストをすると決めていました。

またメモは毎日変えるのではなくもともと書き出したものに足していくようにしました。毎日見続けることでより覚えやすくなると思ったので。

1週間経つと新しいメモに変えましたが、忘れそうだなと思ったものは残しておいて記憶に定着させるようにしていました。

あえてメモに単語しか書かないでおいて、その単語からどんな歴史事象があったかを思い出すテストもしていました。ただその場ですぐに答えを見ることができないので間違えたまま思い込んでしまわないように注意です。

ー移動時間の勉強に向いていないと思う教科や単元を理由も含めて教えてください。

数学と国語は向いていないと思います。人によると思うのですが、私の場合、数学と国語はペンを持って書かないとできるようになりませんでした。

特に数学は頭の中で考えているだけでは思考を整理できません。なので通学中に問題集を眺めていても混乱してしまい、「できない」という先入観を生むだけだと思います。

暗記科目であれば通学中の勉強はおすすめです。私も期末前などは生物の用語や英単語を書き出して見ていました。数学の公式を書き出しておいて自分で証明できるかを試したりもしました。

また英語の長文を読む練習も効果的にできます。通学時間を制限時間にしてしまえば時間を計る必要もないので速読の練習にはもってこいです

また通学時間は常に一定なので成長も分かりやすく感じられます。

最初は3ページしか読めなかった洋書が2か月後には5ページ、半年後には8ページ読めるようになったなど毎日の積み重ねの重要さが如実に表れるのが通学時間内勉強の良さです。

ー最後に、受験を終えた今考えて移動時間の勉強で最も大事だと思うことを教えてください!

覚えれないと思ってもあきらめずに毎日続けることですね。私は高3の春からやり始めたんですが部活が大変だから、今日は眠いからなど理由をつけて1カ月でやらなくなってしまいました。

ですが部活を引退した夏からもう一度始めたときに通学時間に勉強するのとしないのとの差をとても感じたんです。

例えば今から3時間勉強時間があると思うと多少だらけてしまうと思います。

でも移動時間は30分や15分のある程度短い単位で区切られるので集中力を保って勉強できるんです。

だから一日机にかじりついて暗記するよりも、毎日見続けて1週間かけて覚えるほうが気持ち的にも楽ですし忘れにくいのでおすすめです。

【PR】今なら「スタディサプリ」が実質3ヶ月無料!

志望校対策を本格的に行っていく高3生は志望校対策講座として、高1,2生は早期の志望校対策・受験対策として試しておきたいのが「スタディサプリ」。

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら1ヶ月無料+Amazonギフトカード2,000円がもらえる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

スタディサプリキャンペーン

スタディサプリ

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!

スタディサプリスタディサプリ