2016年07月05日更新

『集中して聞く文章を予習で和訳する中で特定』東京大学文科二類合格者の高3の英語長文の授業の受け方

PRO-VISION English Communication Ⅲ 文部科学省検定済教科書[コⅢ325].jpg

合格者のプロフィール

年度 2015年(現役)
進学 東京大学文科二類
出身高校 三重県立四日市高校
センター試験
英語
191点
国語
186点
数学1A
88点
数学2B
75点
化学基礎
50点
生物基礎
46点
世界史B
98点
日本史B
97点

ー高3の英語長文の授業(演習を含む)で扱った教材を全て教えてください。

高3の夏頃までは桐原書店のリーディングの教科書である『PRO-VISION』を使用していました。

高1から私の学校ではこのシリーズを使用していましたが、最後の方の文章はかなりレベルが高く、個人的には東大早慶レベルだと思います。

教科書を終えた秋以降は『アップリフト 英語長文読解 入試演習3』が配布され、毎回予習という形で長文問題を一題解いてきて、授業で答え合わせをしていました。

実際に入試で出題された地方国公立~東大早慶の英文がジャンル別に掲載されており、難関私大・国公立大学を目指す人が対象の問題集です。

Sponsored Links

ー高3の英語長文の授業の「予習の仕方」について具体的に教えてください。

まずは教科書を使用していた夏休み前までについて。

教科書では1ユニットが4パート位に分かれていたのですが、1ユニットはまとめて時間のある時に予習していました。

ノートの左ページにコピーした教科書の本文を左に寄せて貼り、本文一行一行を①、②…とナンバリングしていきます。

そして、ノートの左ページと右ページの合間に(左ページ右ページそれぞれ指二本分くらい)新出単語とその意味を調べて書いていきます。

本文をざっと読んで意味がパッと取りにくい文があれば、右ページに最初にナンバリングした番号とともに自分が考えた訳を書いておきました。

次に、アップリフトの予習ですが、これは解答解説は授業終わりまで渡されなかったため、考えたり参考書を見てもわからない問題は飛ばしていました。

ー高3の英語長文の「授業の受け方」で意識していたことを具体的に教えてください。

     
教科書時代は、自分が意味がとりにくい、と感じて予習の際にノートの右ページに訳を考えて書いておいておいた部分の説明を特に集中して聞き、何故その訳になるのかということをメモしていました。

あとはノートに貼った本文に適宜文法事項(Not A but Bといった重要な表現など)をマーキングしながら聞いていました。

アップリフト時代は、わからなかった問題はその問題を解くポイント(仮定法の構文に気付く、など)を書き込みながら聞いていました。

また、教科書時代もアップリフト時代も、先生が口頭でいった豆知識などは必ずメモするようにしていましたね。

その際は聞き逃さないことに重点を置いていたので文字の綺麗さにはこだわらず、シャープペンで走り書きしていました。

ー高3の英語長文の授業の「復習の仕方」について具体的に教えてください。

教科書の時もアップリフトの時も復習は定期テスト前だけでしたね。英文法はテスト3週間前から復習を始めていましたが、長文は1週間前あたりからしかやっていませんでした。

やり方としては、教科書のときは教科書に付随した学校で配布されるワークを解き、次に予習していた時に意味が掴みにくいと思った文を英文・訳ともに丸暗記します。

一見、丸暗記だと一回のテストでしか役に立たなそうですが、同じような構文の文章に出会った際に訳しやすくなるのでいいと思います。音読しながら裏紙に殴り書きをするのが一番自分では覚えやすかったです。

アップリフトのときには答えを隠してもう一度すべて解き直していました。

ー高3の英語長文の授業は志望校の長文読解に役立ったと思いますか?その理由も含めて教えてください。

教科書・アップリフトを使用した演習、どちらも自分一人で長文問題を解くだけでは身につかない周辺知識も知れるという点で役立ちました。

また、アップリフトのときには毎回授業の終わりに次回やる長文を初見の状態で時間を計って100字要約する時間があったので、東大の英語の第一問対策を毎回の授業でできたのでありがたかったです。

ー大学受験を終えてみて英語長文の授業をより効果的に活用するにはどうすれば良いと思いますか?その理由も含めて教えてください。

アップリフトをやっていた時期は、志望校の過去問や自分で買った長文の問題集に時間を割きすぎて、あまり考えずに解いていたり、構文がわからずきちんと意味が取れなくてもそのまま読み進めていました。

今思うと、学校で使う問題集こそしっかり解説を授業で受けられるのだから時間を割いてじっくり取り組めばよかったと思います。

ー最後に受験生に学校の英語長文の授業に関するアドバイスをお願いします!

つい、英語長文の授業は予習が疎かになる人もいると思いますがそれでは折角受ける授業を活かしきれないので勿体ないです。

演習の授業なら問題は解くと思いますが、教科書を使用する際にも最低限英文を読み、わからないところを洗い出しておきましょう。