2016年03月27日更新

早慶合格者が実践している長文勉強法と成績の上がらない2つの勉強法

goukaku-suppli_2016-02-18_07-35-24.jpg

英語長文はどれだけ読んでも復習の仕方が悪ければ伸びない

英語の成績を上げるためには『英単語・英熟語』『英文法』『長文読解』の主に3つの力を鍛える必要がありますね。

とはいえこれは受験生なら誰でも知っている事です。

この中で一番成績が上がりにくいのは、『長文読解』

いくら単語や熟語、英文法を暗記しても、読解だけはすぐには結果が出ない。英語長文で偏差値70以上を叩き出す人はどのような勉強をしているのでしょうか?

最近では『パラグラフリーディング』をはじめとしてさまざまな『英語長文読解法』が参考書となって売られていますがいくら「読み方」を教えても、そもそもの長文の勉強法 = 復習の仕方が成果の出るものでなければ無意味といっても過言ではありません。

英語長文・現代文・古文に共通する「読解」の基礎は書き込みのない状態でスラスラ読めるまで復習すること

つまりどのように『復習』するかが重要で、授業にどんなに役に立つことを言われても、高校生がその長文に出てくる内容を完全暗記・理解しない限りその授業はほとんど意味がなかったということになるのです。

『長文って数をこなせばできるようになりますよね?』『長文を毎日解いてるんですが成績あがりません』

こういった質問をしている人は英語長文の勉強法に関して根本的に考えなおす必要があります。

もし長文の数で成績が決まるのであれば浪人生が勝つに決まっています。浪人生でも成功するのは上位のほんのひとにぎり。ほとんどの浪人生は長文が得意にならず2度目の受験を迎えてしまうんですね。

成績が上がらない2つの英語長文勉強法

いくら数をやってもできるようにならない生徒の長文勉強法はほとんどの場合1.『読み捨て』2.『書き込んだ長文を復習している』の2パターンです。

前者の「読み捨て」というのは、長文の数をこなしてはいるものの、一度解いて丸付けして解説を軽く読んで終わりという状態です。

「書き込んだ状態で長文を復習している」というのは、授業の板書や分からない単語の下に意味を書くなど、メモしてある長文を復習として読んでいます。この2パターンのデメリットを述べます。

読み捨ては数はあるものの、ほとんどの場合自分のものになっていません。

長文に出てきた単語、熟語、文法、構文、内容を覚えるべきなのに覚えないまま終えているのです。

書き込んだ長文を復習している人は、復習するときに自分の力ではなく、助けがある状態で長文を読んでいるのです。

メモがある状態で長文を読めばそれは自力で読んでいるとは言えません。

覚えている気になってしまうのが1番の問題なんですね。本番は自力で読む力が試されるので、良い勉強法とは言えません。

もし今ここで述べられていることを疑問視している方は、最近読んだ英語長文を真っ白な状態でスラスラ読めるかどうか今すぐ試してみてください。

わからない英単語があればその文が読めないですし、文構造が把握できない構文があれば必ず途中でつっかかります。

仮に単語や文法で問題がなかったとしても難関大の長文であればそもそも日本語でも理解するのが難しい長文であることが多いので、本文の要旨を理解できない、ということもあるでしょう。

真っ白の状態でこれらの問題が生じれば、あなたの長文の復習は十分ではありません。再度やり直す必要があると言えるのです。

難関大を目指しているひとであれば「やっておきたい英語長文」などの問題集を解いているもいるかと思いますが、大事なのは問題集ではなく復習の仕方です。

Sponsored Links

質の良い英語長文を書き込みのない状態で何度も復習

これらをふまえ、質の良い長文を書き込みのない状態で繰り返すのが英語長文の効率的な勉強法と言えます。

勉強の基本は『できないことをできるようにする』ことです。読み捨てや書き込んだ長文を復習していてはいつまでたっても1つの長文を自分のものにできないのです。

なので、1つ長文を解いたらそこに出てくる単語、熟語、文法、構文、内容、全て暗記しましょう。最初は分からなかった単語や内容をメモするのは当然です。

重要なのは『復習』するとき。何も書き込んでない状態の長文を何度も何度も復習すれば自分の力だけで長文を読むことになりますよね。

時間がない現役生が浪人生に勝つためには効率が命です。具体的な手順は以下のようになります。

  1. 新しい長文を自力で解く
  2. 解説を見ながら単語や構文・内容を理解、解答に必要な文章、間違えた理由を把握
  3. 知らなかった単語や文法などを紙に書いて暗記する
  4. もう一度書き込みがない状態で解いてみる
  5. それでもわからなかった、わからなかったことを復習
  6. もう一度書き込みがない状態で解いてみる、の繰り返し
  7. 1題の長文の勉強が完了、定期的に読み直す

まず最初に自分で英語長文を1題解きます。解説を見ながら読めなかった英文や設問を確認。

画像引用:instagram.com

大事なのは次で、知らなかった単語や文法などを紙に書いて暗記するところ。同様に読めなかった構文や和訳は出来るけれど理解できなかった文を解説をみながら理解します。

画像引用:instagram.com

そしてもう一度書き込みがない状態で解いてみます。書き込みのない状態で読んでみてさっき解いてわからなかったことをクリアできているのか確認します。

少しでもつっかかったり、「これ何だっけ?」と思ったら完全に理解できていない証拠ですから再度復習が必要なことを意味します。

画像引用:instagram.com

一度真っ白な状態で読んでみてまだ理解できていないところをまた紙に書いて暗記したり、解説を読みながら確認します。

それが終わったら再度真っ白な状態で自力で読めるか確認、まだわからないところがあったらまた解説に戻り、の繰り返しです。

この繰り返しによって長文1題から英単語、文法、構文、因果関係など最大限自分の知識となるので偏差値アップにつながるのです。

もし英語長文の勉強法で悩んでいるのであれば、ぜひこの勉強法を試してみてください!

勝負の夏、ほとんどの受験生は成績が変わらないまま秋を迎える

第一志望合格を目指しているけれど、偏差値がまだ全然足りない、模試ではD判定、E判定が当たり前。

この夏、勝負をかけて一気に偏差値をあげようと思っている方も多いと思いますが、実際のところ夏休みに成績が上がるのはほんの一握りで、ほとんどの受験生は成績が上がりません。

その理由としては成績の上がる勉強法を行っていない、インプットのスピードが遅い、問題集の復習が自力で行えないといったところが主なところでしょう。

そこで一度試して欲しいのが「スタディサプリ」(旧受験サプリ)。ご存知でしょうか?CMでも話題になりましたね。

>>スタディサプリの公式HPはコチラ<<

スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。

『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『今なら1ヶ月無料なので合わなければ1ヶ月で辞められる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。

第一志望現役合格を本気で目指している人にとっては会員登録さえすれば過去問を無料でダウンロードできてしまいますし、GMARCH,早慶の志望校別の対策講座も好きなだけ観れます。

いまなら1ヶ月無料+Amazonギフトカード2,000円分がもらえるので、実質3ヶ月間無料で受講ができます。

この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!

スタディサプリスタディサプリ